株式会社グリーンポートリー
グリーンポートリー
2021

株式会社グリーンポートリー

食鳥処理 食肉処理 食肉製品製造 国産鶏肉 
業種
食品
商社(食料品)
本社
岡山

私たちはこんな事業をしています

当社は、生鳥の飼育から鶏肉の生産、加工、販売などを行っています。社内の工場では、餌から飼育方法までを徹底管理した上質なブロイラーを加工。鶏肉本来の美味しさを知っていただくため、新鮮なうちに加工してお客さまにお届けしています。これからも、安全と安心を心掛けた食品の生産・加工を行いながら、更なる品質の向上に努めたいと考えております。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

質の高い加工食品を皆さまの食卓へお届けしています

当社は“鶏肉の生産、加工、販売”などを行い、安全・安心に細心の注意を払いながら、質の高い加工食品を皆さまの食卓へお届けしています。餌から飼育方法までを徹底管理した上質なブロイラーのみ取り扱い、鶏肉本来の美味しさを知っていただくため、生産から販売まで一貫した体制を整えているのが当社の強みです。生産委託農場は岡山県内に12農場を保有。飼育羽数は年間3,250,000羽と大規模な飼育を行っており、これからも農場を新設・増設し、飼育羽数を増加する予定です。また、処理工場は1日平均12,000羽(最大20,000羽)の処理が可能な設備と機器を導入しており、最新の加工設備を駆使して、迅速にお客さまへ商品を提供しています。

仕事内容

業績好調により皆さまの応募をお待ちしています!

「品質管理」を担当する方は、加工工場内にて鶏肉の解体・加工された商品の品質管理を行っていただきます。また、現場での品質・衛生検査(温度測定等)の業務にも従事していただくため、商品の鮮度や美味しさに関わる重要な役割を担います。「事務職」の方は、伝票整理や集計、お客さまへの電話対応など事務全般のお仕事をお任せします。鶏肉の出荷は、当日12時までの朝びき鶏をフレッシュな冷蔵の状態で販売先へ供給。当日処理した鶏肉をそのまま急速冷凍しているため、生の新鮮な状態で販売することが可能です。取引先のエリアは、広島県から近畿方面の各地にあるスーパーや専門店などに、当社の加工食品をお届けしています。

施設・職場環境

美味しさのための鮮度を最優先に考えた生産体制

当社は岡山県の北中部、苫田郡にあります。苫田郡は、水の恵みの豊かな土地として認められており、自然の恵みの中で養鶏場の運営を行っています。広々とした鶏舎では、鶏が自由に運動できる「平飼い」を採用。経験豊富な養鶏の専門家たちが、季節や気候に合わせて細やかに餌や環境を調整するなど、培った知識を活かして生鳥を飼育しています。また、美味しさのための鮮度を最優先に考え、鶏肉の処理場と同じ敷地内に加工工場を完備しており、処理した鶏肉を時間を置かずに加工。美味しさと新鮮さを保ったまま、ソーセージやチキンカツ、クリスピーチキン、ささみ肉などに加工し、安全・安心な食品をお客さまの食卓へお届けしています。

会社データ

事業内容 生鳥の飼育、鶏肉の生産、加工、販売
設立 2011年11月21日
資本金 600万円
従業員数 160名 ※うち女性74名、パート53名
売上高 39億円
代表者 代表取締役社長 花房 猛
事業所 【本社】
〒708-0341
岡山県苫田郡鏡野町下原1647番地の1
TEL:0868-54-5120/FAX:0868-54-5130
沿革 2011年11月21日 株式会社グリーンポートリー 設立
ホームページ http://www.green-poultry.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)