福岡中央生コンクリート株式会社
フクオカチュウオウナマコンクリート
2021

福岡中央生コンクリート株式会社

生コンクリート/製造/販売
業種
セメント
本社
福岡

私たちはこんな事業をしています

私たち福岡中央生コンクリートは、福岡市内を営業エリアとして生コンクリートの製造・販売を手がけている会社です。道路や橋、トンネルといった社会インフラをはじめ、マンションやビルなどの施設にも用いられる生コンクリートを取り扱います。人々が安心して暮らせる日常を支えることが、当社のミッションです。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

人々の暮らしを支える土台をつくる仕事!

コンクリートは、私たちの生活にとって欠かせない素材の1つです。アパートやマンションの建設に用いられることもあれば、戸建住宅の土台に使われることもあるコンクリート。さらには道路や橋、トンネルといったインフラにも用いられるのが、私たちが手がけている製品です。セメント・骨材など単純な素材からできるコンクリートですが、その形を柔軟に変化させ、かつ強度を持った街づくりの原料となる製品です。たとえ時代が経とうとも、コンクリートへの需要はなくなることはないでしょう。人々の暮らしを支える時間のもとで、住みよい街づくりに貢献できることが、この仕事の魅力です。

仕事内容

生コンクリートが作られ、現場で使われるまでをご紹介します!

みなさんが一般に連想する「コンクリート」は、硬くて冷たいイメージがありますよね。当社が製造・販売しているのは、そのコンクリートになる前の、柔らかい状態の「生コンクリート」と呼ばれる製品です。県内・市内の業者からの受注を受け、当社工場で生コンクリートを製造。コンピュータによる制御のもと、セメント・骨材・混和材を練り合わせることで完成します。この生コンクリートをミキサー車に乗せて現場まで運び、打込みが開始されます。綿密な計画のもとで輸送・打込みの時間を短縮する仕組みを採用しているため、環境負荷を軽減し、無駄を削ぎ落とした経営が可能になっていることが特徴です。

会社データ

事業内容 生コンクリー卜の製造・販売
設立 1987年9月
資本金 3000万円
従業員数 11名
売上高 7億2866万円(2017年3月決算期)
代表者 代表取締役 伊藤敏浩
事業所 ■本社
〒810-0071
福岡県福岡市中央区那の津5丁目8-14
沿革 1959年12月 福岡アサノコンクリート株式会社設立
         本社 福岡市東区1丁目8番1号に置く
1960年 3月 本社所在地に箱崎工場を建設、同年操業開始
1966年 9月 箱崎工場 日本工業規格表示認定取得
1974年 4月 福岡市中央区那の津5丁目8番14号に那の津工場を建設、同年操業開始
         那の津工場 日本工業規格表示認定取得
1987年 9月 福岡中央生コンクリート株式会社設立
         代表取締役に福岡生コンクリート株式会社 代表取締役伊藤圭輔が就任
         本社を福岡市中央区那の津5丁目8番14号に置く
1987年12月 福岡アサノコンクリート株式会社を福岡中央生コンクリート株式会社が100%継承
         新会社那の津工場、箱崎工場として操業開始
1988年 1月 那の津工場プラント改造
      7月 箱崎工場プラント全面改造
1995年 7月 箱崎工場プラント改造
2001年 2月 那の津工場プラント全面改造
2004年12月 那の津工場 高強度コンクリート共同取得
2006年 2月 那の津工場 高強度コンクリート共同取得
     9月 那の津工場 高強度コンクリート単独取得
2007年 8月 那の津工場 ミキサー変更
        箱崎工場 日本工業規格表示認定取得
          9月 那の津工場 日本工業規格表示認定取得
         箱崎工場 プラント操作盤変更
2011年10月 那の津工場 高強度コンクリート単独取得
2017年 5月 那の津工場 高強度コンクリート単独取得
ホームページ なし
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)