名古屋ヤクルト販売株式会社
ナゴヤヤクルトハンバイ
2021
業種
その他専門店・小売
商社(食料品)/食品
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

「ヤクルト」の創始者である代田稔博士の「世界の人々の健康を守る」という熱い思いを継承し、
「真心」と「感謝」の気持ちを持ってお客様に笑顔と健康をお届けしています。

誰もが知っているヤクルトの味。
誰もが知っているヤクルトのカタチ。
そして誰もがヤクルトはおなかにイイことを知っている。

商品は変わらなくても、お客様のニーズにあわせて常に成長し続ける、元気いっぱいの会社です。

当社の魅力はここ!!

社風・風土

社員1人がお客様1,000人の健康アドバイザー

誰もが知っているヤクルトは、「予防医学」を原点に昭和10年に製造・販売を開始してから今日まで約80年もの間、安定して売れ続けている超ロングセラー商品なのです。このヤクルトを当社では1日に約11万本お届けしています。これを営業社員一人当たりにすると実に1,000本もの数。言い換えれば、営業社員一人が1,000人のお客様の健康アドバイザーであるという事。商品力に加え、このきめ細かな営業力こそが安定の秘訣なのです。また、全国に約100社ある販売会社の中でも名古屋市とその近郊を担う当社の販売エリアはトップクラス。販売会社ごとにエリアが決まっているので、同業他社との競争もありません。

仕事内容

日々奮闘する自分が好きです。

若手社員は語る。「“ヒトとかかわる仕事”を軸に、営業職志望で就職活動していました。ヤクルトはまさに人と接する仕事ですし、商品もなじみがあったので『小さい頃から好きだったヤクルトを広めていきたい』と思い志望しました。入社後感じたことは、想像していたよりもはるかに大変だということ。学生時代にドラッグストアでアルバイトをしていたのもあり、接客には自信があったのですが『アルバイトとは責任が違う』と言うのでしょうか、力不足を感じました。しかし、上司からのアドバイスで困難を乗り越えた時は本当にうれしく、自分自身の成長を感じます。」

仕事内容

経営の感覚が身につく“センターマネージャー”

入社2、3年で仕事の基礎を身につけたら、平均15人のヤクルトレディ達を引っ張る“センターマネージャー”の職へとステップアップ。センターマネージャーは、売上目標達成の為の戦略立案から、人材の採用~育成、集金まで担当するため、いわば1つの小さな会社を経営するようなもの。しかも、会社のバックアップが手厚いため、1つのセンター運営を任されるのも不安ではありません。一人前のセンターマネージャーとなった後は、センターマネージャーをバックアップするサブリーダー→リーダー→カンパニー長と、着実なキャリアステップがある為、常に成長を実感して仕事に取り組むことができます。

会社データ

事業内容 ヤクルトブランドの乳製品、ジュース清涼飲料、食品、化粧品、その他関連商品の販売
設立 1964年3月2日(昭和39年)
資本金 9700万円
従事者数 全従事者995名
(平成30年3月末時点)
従業員 156名
ヤクルトレディ 752名
コスメティックヤクルトレディ 39名
ヤクルトビューティー 48名
売上高 43億143万円(平成29年度実績)
代表者 代表取締役社長 山崎 武
事業所 名古屋市北区会所町128番地
営業所 瑞浪営業所:岐阜県瑞浪市松ヶ瀬町3-1
宅配事業拠点(センター) 43ヶ所(愛知県35カ所、岐阜県8カ所)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)