株式会社田島木材
タジマモクザイ
2021
業種
建材・エクステリア
住宅/商社(建材・エクステリア)/その他製造/不動産
本社
富山

私たちはこんな事業をしています

田島木材の仕事は大きく3つに分かれています。

●木材部
でTMバイカル(ロシア材)製品を中心としたロシア・シベリア産の良質なアカマツの製材品を
北は東北、南は九州まで、日本全国に配送・販売しています。

●住宅資材部
地域密着をモットーに、豊富な知識を基にした家づくりに必要な
様々な資材の提案・販売をしています。

●興産部
ご家族の幸せな暮らしを目指して、分譲住宅の企画・施工・販売をします。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

田島木材は培った技術でお客様の期待に応え続けます。

田島木材は、木材加工販売、住宅資材販売、プレカット加工、宅地分譲など住まいにまつわる様々な分野で縁の下の力持ちとして活躍する会社です。2019年に創業100周年を迎える長い歴史を持ち、正確な在庫管理に基づく即時対応力や技術の蓄積により、県内外のお客様から厚い信頼を得ています。社員の平均年齢も若く、社員の活気があることも特徴です。ただ、元気なだけではなく几帳面さを持ち合わせ、お客様のために最善の仕事ができる人が活躍しています。そして、当社が扱う木材や住宅資材は建物の基本となるものですし、様々な住宅設備機器を扱えます。また分譲地の企画・造成から関われるので、「建築」の深い部分を知る面白さも味わえます。

事業・商品の特徴

シベリアのアカマツをロシアにある自社資本工場で製材し、輸入。

住宅用の木材は、寒い地方の方が年輪がギュッと締まって高い強度を持ち、適していると言えます。ロシア・シベリアのアカマツは、まさにそうした良質の木材です。当社の特徴は、商社を通して輸入するのではなく、1991年に当社と商社、ソ連国営イルクーツクレスプロム社との3社が合弁でTMBを設立。2014年春に国営企業を民営化するロシア政府の方針により、当社がロシアの株を購入してT.M.バイカルを設立。日本側の全額出資で民営化したロシア初の例になりました。原木を日本に持ってきて製材をすると、高い輸送費をかけて日本に運んでも、多くのムダが出てしまう。シベリアで製材してコンテナで持ち込むことで輸送効率を高めることに成功しました。

戦略・ビジョン

幸せでゆとりある暮らしを実現できる理想の街を作っています。

木材の加工・販売や住宅資材・住宅設備機器の販売と並ぶ、当社のもう一つの柱が宅地分譲事業です。富山県は「持家住宅率」が79.5%と全国トップ!(総務省統計局発表の「平成25年住宅・土地統計調査」より)そんな富山の人々の「マイホームを持ちたい!」という夢をサポートしているのが、当社の興産部です。興産部は宅地分譲に取り組み、今までに富山市内に1500区間の住宅を建ててきました。住宅を一戸だけ建てるのではなく、街づくりに携われることが当社の面白さです。食料品スーパーや医療施設などの生活に便利な施設が充実している地域を探して、住民が幸せでゆとりを感じられる暮らしを実現するためにはどうしたらいいかを考えていきます。

会社データ

事業内容 木材加工販売、住宅資材販売、プレカット加工、宅地分譲

建設業登録 富山県知事許可(般-26)第2341号(建設工事業・大工工事業)
宅建業登録 富山県知事(14)第484号
3つの事業を展開しています。 当社では、以下の3つの事業を展開しています。
事業の柱を3つ持つことで事業を拡大するのと同時に、
安定性を高めています。

■木材部
 ロシアからTMバイカルで製材したアカマツ材を輸入し、卸売り販売しているほか、
 ロシアシベリア産の良質なアカマツ製材品を
 北は東北から南は九州まで、日本全国に配送しています。
 お客様の要望に合わせて、少量多品種の製品にも
 対応できることが、当社の強みであり、
 お客様からの信頼につながっています。

■住宅資材部
 住宅を建てるのに必要な木材・新建材・プレカット材、内装品・外装品、
 住宅設備機器などをハウスメーカー様や工務店様に提案し、
 小売り販売しています。
 また、最新鋭のプレカット加工機を使って、
 高品質・高精度のプレカット材を加工しています。

 ●取扱いメーカー
 ・永大産業(株)特約店
 ・トクラス特約店
 ・ニチハ(株)
 ・ケイミュー(株)
 ・大建工業(株)
 ・(株)ウッドワン
 ・パナソニック(株)
 ほか

■興産部
 富山市内で建売分譲住宅の企画・施工・販売を行っており、
 これまでに約1500区画を販売してきました。

 街づくりに携わる仕事です。
 
創業 1919(大正8)年4月
※100年の歴史があります!
設立 1951(昭和26)年4月
資本金 5200万円
従業員数 74名
売上高 64億2,300万円(過去3年間の売上高 2015年)
代表者 代表取締役社長 田島哲朗
事業所 本社/富山県富山市中島2-9-41
 木材部・興産部・管理部・本社工場
上市営業所/富山県中新川郡上市町横越字正印道2
 住宅資材部 営業課・プレカット事業所
会員 (社)富山県宅地建物取引業協会会員
北陸不動産公正取引協議会加盟
関連会社 TMバイカル(TM Baikal Co.,Ltd.:略称TMB)
 所在地/ロシア連邦 イルクーツク州スビルスク市
 設立/1991年5月
 事業内容/アカマツ製材の製造・販売
 従業員数/464婦負(2018年5月末現在)
 資本構成/(株)田島木材49%、三井物産(株)49%、(株)田島興産2%
沿革 1919年04月 富山市長柄町で田島材木店として創業
1951年04月 有限会社田島材木店設立
1959年07月 牛島支店開設、新建材の販路拡大、建材部摂津
1963年07月 中島工場新設(オートメーション製材設備完成)
1963年10月 株式会社田島木材に組織変更
1967年12月 本店を富山市牛嶋新町3-36へ移設
1969年12月 ハウス時業務(現 興産部)開設
1978年00月 本社を現住所に移転
1993年06月 合弁企業T.M.バイカル 合意書調印
1993年11月 T.M.バイカル工場稼働開始
1996年08月 上市町にプレカット工場建設・稼働開始
1996年11月 最新鋭CAD・CAM導入
1998年01月 ホーム資材センター移設(上市町、プレカット事業所に併設)
2006年01月 株式会社田島興産と合併
2007年01月 建材課移設(上市町、ホーム資材センターに併設)
2015年12月 住宅資材部統合(ホーム資材センターと建材課を統合し、
        営業課とする)
「住宅」に関わる団体の事務局を務めています。 「富山」に密着して、富山県の「家造り」に取り組む当社は、
地域の家造りに関わる団体の事務局も務めています。

●通気断熱WB工法富山会 事務局
 発足から12年経ち、20社が会員となっています。
 『深呼吸したくなる家』をキャッチフレーズに
 CMやイベントなどでWB工法の普及活動を行っています。

●地域型住宅グリーン化事業 採択グループ 事務局
 平成27年度から国土交通省が行っている
 省エネルギー性能や耐久性等に優れた
 木造住宅・建築物の整備を支援する補助金事業である
 『通気断熱の家 富山会』と
 『すみたくなる家をつくる会 ほくりく』という
 グループの補助金申請の窓口となる事務局をしています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)