伊豆義株式会社
イズヨシ
2021
業種
商社(繊維製品)
商社(アパレル・服飾雑貨・貴金属)
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

シャツやブルゾン、ジャンパーといったアパレル商品には、ボタンやファスナー、裏地・芯地、さらにはミシン糸や各種のリボンテープなどが必要となります。これらはアパレルパーツ(服飾資材)といわれ、ファッションアイテムには欠かせないものです。当社はこのアパレルパーツの専門商社として、国内のアパレルメーカーおよびその海外生産拠点などに製品を販売しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

アパレル・ワーキングの各メーカーにアパレルパーツを販売します

当社がアパレルパーツを販売するお取引先は、カジュアル製品のメーカーもあれば、ワーキングウェアを専門とするメーカーもあります。そうしたお取引先ごとのニーズをしっかり理解して、製品づくりに必要なアパレルパーツをご提案していくのが当社の営業スタッフです。たとえばお取引先から新製品のスケッチを提示され、このデザインにぴったりなパーツを一式提案してほしい、とそんな依頼があったとします。営業スタッフは、素材、カラー、機能性などを判断し、必要なパーツを選びます。パーツの点数は、平均的なシャツの場合でも40アイテム前後。選ぶだけでもなかなか大変ですが、想定予算もきちんとクリアしなければならないのです。

仕事内容

必要なアパレルパーツを間違いなく届ける。それも営業の役目。

さて、上記のような新製品に対するアパレルパーツの提案が見事に通ったとします。今度は、これらをお取引先の縫製工場へ、数量・納期どおりに納品する段取りが待っています。アパレル製品は比較的小ロットのものが多いですが、ワーキングウェアの場合は場合によっては万単位のロットになりパーツの確保も大変になります。ここがウデの見せ所。伊豆義では営業スタッフにアシスタントが付く体制なので、アシスタントの力を借りて資材メーカーと交渉を重ねていきます。そうして期日どおりにすべてのパーツを種類・数量ともに間違いなく確保でき、お取引先の指定工場へ見事送り出せたとき営業スタッフは大きな充足感に浸れるというわけです。

戦略・ビジョン

中国(上海・青島)、ベトナム(ハノイ)をベースに海外展開。

ごくごく簡単に当社での営業スタッフの仕事の流れを紹介しましたが、実際には複数のお取引先、複数の製品が同時に進行するので、仕事はかなり複雑になります。また、今やお取引先の縫製工場は中国やベトナムなど海外展開が常識であり、当社もまた中国は上海・青島の2拠点、さらに新しくベトナム・ハノイにも拠点展開し、現地でも密接に活動を展開しているので、国内の営業スタッフも海外拠点との連携や場合によっては海外出張で対応することもあります。こんなふうに忙しく活動するのが伊豆義の営業スタッフです。仕事は確かにハードです。しかし、お取引先に信頼され、どんどん仕事を任されるようになると、やりがいは天井知らずです!

会社データ

事業内容 ●ワンストップですべてのアパレルパーツを供給
アパレルパーツの専門商社としての伊豆義の最大の特長、それはお取引先の製品製造に必要なアパレルパーツを、一着分まるごとパッケージング可能な総合力。つまり、ボタンだけ、あるいはボタンとファスナーだけといった狭い扱いではなく、アパレルパーツ全般をワンストップで集め、まとめて供給できる体制を構築している点にあります。これは、お取引先の業務を大きく軽減できる、当社が高く評価される最大の特長となっています。

●柔軟かつ強固な海外拠点体制づくり着々
中国は上海、青島、そしてベトナムはハノイに拠点展開する伊豆義ですが、この海外拠点は単に日本の連絡窓口として事務所を置いているわけではありません。現地のパーツメーカーを確実にマネジメントし、品質維持のための技術指導までを行い、日本から進出しているお取引先の生産拠点や委託している現地生産工場の信頼をがっちり獲得しているのです。

●「自社製品」を企画するメーカー機能も拡充
当社は製品を仕入れ、販売する、いわゆる商社が基本的な業態ですが、最近ではアパレルパーツに関する豊富なノウハウを生かして、一部製品を企画製造するメーカー機能も拡充しています。その第一弾は強力な消臭力を持つテープ「デオ・グラフト」という名の製品。お取引先のニーズを知り尽くした当社ならではの製品として評判も上々。さらに、第二弾、第三弾の製品企画も進んでおり、こうしたメーカー機能を将来の伊豆義を担う一つの柱として成長させていきたい考えです。
創業 昭和9年(1934)
設立 昭和30年(1955)
資本金 4,500万円
従業員数 84名
平均年齢 38.8歳
売上高 36億2887万円(2017年1月実績)  (利益 2億4899万円)
33億1994万円(2016年1月実績) (利益 1億6293万円)
33億3870万円(2015年1月実績) (利益 2億0007万円)
代表者 代表取締役社長 伊豆田 康博
事業所 本社/広島県福山市新市町新市452
東京営業所/東京都台東区蔵前4-6-8 サニープレイスビル6F
大阪営業所/大阪府大阪市中央区平野町1-5-9 井上ビル4F
関連会社(海外) 上海伊豆義貿易有限公司
上海伊豆義貿易有限公司平湖分公司
上海伊豆義貿易有限公司青島分公司
IZUYOSHI VIETNAM CO.,LTD
主要取引先 YKK、三菱商事、伊藤忠商事、エドウィン、ミドリ安全、東洋紡、蝶理、モリト、ビックボーン、カイタック、ジーベック、アルトコーポレーション、ボストン商会、豊島、チクマ、日本バイリーン、三山、タカヤ商事、クロダルマ、コーコス信岡、サンエス他
沿革 1934年   伊豆田義男が毛糸・日用品販売を創業
1948年   縫製服飾資材の販売を始める
1955年4月 分離独立して「株式会社伊豆義商店」設立
      備後地区縫製業者数百社に販売拡大
1962年4月 鉄筋コンクリート3階建の新社屋竣工
      「伊豆義株式会社」と社名変更
1985年4月 鉄筋コンクリート3階建2,000平方メートルの新社屋完成
1993年3月 社宅新築完成
1994年3月 本社増築
   6月 伊豆義(香港)有限公司開設
1995年1月 上海伊豆義服飾輔科有限公司開設
1997年1月 上海伊豆義貿易有限公司開設
2000年8月 東京営業所開設
2001年4月 上海伊豆義貿易有限公司新倉庫新築
2002年3月 岡山営業所開設
2005年1月 本社新倉庫新築
2007年9月 東京営業所移転
2009年4月 上海伊豆義貿易有限公司青島分公司開設
2011年12月 IZUYOSHI VIETNAM CO.,LTD開設
2015年2月 大阪営業所開設
関連サイト ★オフィシャルHP     http://www.izuyoshi.co.jp/
★リクルーティングサイト http://www.izuyoshi.co.jp/recruit/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)