高野興業株式会社
タカノコウギョウ
2021
業種
建設
建設コンサルタント
本社
三重

私たちはこんな事業をしています

住宅やビル、店舗、工場、橋など、
様々な建築物の解体から分別、運搬、リサイクルまでを、
ワンストップで行っています。
本社のある三重県や愛知県では、トップクラスの規模と実績!
全国でも珍しい建設系廃棄物の処理施設「トルケーン」には、
全国の同業者が見学に来るほど。
お陰様で業績も好調のため、新しい施設の建設予定もあります。
地域に密着した仕事で、長期的にも安定して働くことができますよ!

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

すべてはゼロに戻すことから始まる

住宅やビル、店舗、工場、橋…など、新しいものをつくるためには、まずは壊すことから始めなければいけません。特に日本では、古いものよりも新しいものを好む人が多いため、“解体”は常に安定した需要があります。その上で、これらの建築物も単に壊せばいいだけでなく、そこから出た廃棄物の分別を行い、可能な限りリサイクルを行うことが法律で義務づけられています。そのため当社のように、解体から分別、運搬、リサイクルまでを一貫して請け負うことができる企業は重宝されており、将来性も抜群!豊かな生活を実現しながら、限りある資源を有効に活用するために欠かせない、社会的な意義の高い事業に取り組んでいます。

仕事内容

住宅なら半月、工場なら数年掛かるプロジェクトも

解体を行う際には、壊す作業と平行して、廃棄物の分別も行わなければなりません。当然、作業中は騒音や振動、埃などに対する配慮も必要。戸建て住宅であれば2週間程度、大きな工場などであれば2~3年という時間を掛けて、少しずつ解体を進めていきます。それだけ時間の掛かる仕事をするのですから、終わったときの達成感も格別なものがあります。残念ながら地図に残る仕事ではありませんが、一つひとつの案件はあなたの記憶と経験として記録され、お客様からも頼られる“解体のプロフェッショナル”に。今後ますます重要になってくるリサイクル社会に必要な人材として、成長することができます。※解体作業は専任のスタッフが行います。

社風・風土

「高野でよかった」と言われる会社を目指して

解体からリサイクルまでの流れは法律で定められていますが、社内に堅苦しさはありません。「いつかウチを辞めるときに、『高野でよかった』と言ってもらいたい」というのが、代表の高野の方針。さらに「長く働いてもらうためには、安定した生活も大切」という考えから、創業以来、給与を下げたことは一度もなく、決算時にはできる限り決算賞与で社員に利益を還元しています。また、仕事の進め方や日々の行動なども、一人ひとりの自主性を尊重。例えば、営業ノルマのようなものもありません。その一方で、日々の困りごとなどは気軽に相談できる風通しのよさも。「みんなで協力しながら、みんなで働きやすい環境にしていく」というのが高野流です。

会社データ

事業内容 ◎総合解体工事業
◎産業廃棄物の収集運搬業
◎産業廃棄物の処分業
◎一般貨物自動車運送業
◎民間車検業務・建設機械の検査業
※東海エリアでは、トップクラスの規模と実績があります。
創業 1967(昭和42)年4月1日
設立 1979(昭和54)年9月20日
資本金 4000万円
売上高 29億円(2018年9月)
40億円(2017年9月)
33億円(2016年9月)
従業員数 110名
代表者 代表取締役 高野 泰宏
事業所 本社/三重県桑名市長島町葭ヶ須243番地の1
四日市営業所/三重県四日市市桜町5475番地の1
名古屋営業所/愛知県弥富市稲荷1丁目181番地
グループ会社 株式会社 中間TRC/三重県津市一志町小山837番地の20
沿革 1967(昭和42)年 4月 創業
1979(昭和54)年 9月 高野興業株式会社 設立
1985(昭和60)年 2月 有限会社長島興業(安定型処分場)設立
(→ 2002年8月 埋立処分終了)
1988(昭和63)年 8月 四日市市へ本店移転
1990(平成 2)年 4月 株式会社三重中間処理センター 設立
1990(平成 2)年 6月 株式会社三重総合環境センター 設立
1992(平成 4)年 4月 株式会社知多環境センター(安定型処分場)設立
(→ 2002年12月 埋立処分終了)
1993(平成 5)年 3月 株式会社高野環境リサイクルセンター(焼却施設)設立
(→ 2000年1月 終了)
2002(平成14)年 7月 四日市工場(中間処理施設)新設
2003(平成15)年 7月 弥富工場(中間処理施設)新設
2007(平成19)年 8月 収集事業部を、株式会社高野TRCへ社名変更
            株式会社三重中間処理センターから、株式会社中間TRCへ社名変更
2007(平成19)年 9月 株式会社中間TRC本社を、津市一志町へ移転
            津工場 新設
            株式会社三重総合環境センターから、株式会社総合TRCへ社名変更
2010(平成22)年 6月 株式会社高野TRCを吸収合併
2013(平成25)年 1月 四日市工場に新設備“トルケーン”導入
2015(平成27)年10月 株式会社総合TRCを吸収合併
トルケーンについて 当社では解体作業を請け負うだけでなく、
そこから出た廃棄物をリサイクルする施設も自社で所有しています。

2013年に完成した機械式の選別複合設備であるトルケーンは、
投入された廃棄物を高い精度で選別、洗浄、加工などを行う
機械として、全国のリサイクル業者からも注目を集めています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)