株式会社ブリックス
ブリックス
2021

株式会社ブリックス

ベンチャー/コンサル/英語/中国語/インターンシップなど
業種
コンサルタント・専門コンサルタント
シンクタンク/その他サービス/ソフトウェア
本社
東京、沖縄

私たちはこんな事業をしています

私たちは、異なる言語を用いる外国人に対応する各種サービスを提供する会社です。
電話やメール、ホームページなどを通じた通訳・翻訳業務を行い、
各自治体や観光施設、交通機関、商業施設、金融機関、医療機関など
さまざまな業種の方々にご利用いただいております。

当社の魅力はここ!!

企業理念

「心と心をつなぐ」通訳サービスで世界とつながる仕事です!

現在では交通機関の発達や電話やインターネットの普及により、世界中の人々と簡単にコミュニケーションがとれる時代になりました。しかし、異なる言語を話す人同士のコミュニケーションには、どうしても「言葉の壁」が立ちはだかります。そこで私たちは、通訳・翻訳業務を通じてさまざまなサービスを提供する多言語事業を展開。お互いを尊重し、理解しあえる社会の創造のために、「心と心をつなぐ」通訳サービスを提供していきます。

事業・商品の特徴

グローバル化のニーズに即時に対応できる多彩なサービス

2020年の国際的なスポーツイベント開催を控え、多くの企業・団体で通訳・翻訳業務に対するニーズが高まってきています。例えば自治体なら、観光に訪れる諸外国の人々に対する環境整備やPRが必要です。そんな時、ご好評いただいているのが当社の「多言語コンタクトセンター」。電話先に当社の通訳オペレーターが控えており、日本語を話さない諸外国の人々のニーズを窓口の方に伝え、また自治体からのご案内も外国語で提案できるという2者間電話通訳サービスです。他にも消防の119番通報にも24時間体制でサポートするなど、さまざまな分野でお手伝いをしております。

事業優位性

通訳を必要とするお客様の状況に応じたきめ細かなサービスを提案

受話器を受け渡して行う2者間電話通訳は、自治体以外にも多くの交通機関や商業施設、レジや免税品カウンター、インフォメーションカウンターなどさまざまな場所で活用されています。他にも、外国籍のお客様と日本の担当者の間に直接通訳オペレーターが入る3者間電話通訳サービスや医療通訳者派遣のサービスも。これは、手術前のインフォームドコンセントや手術中の通訳など、正確な状況説明や通訳が必要とされる際、より細かな状況に応じた意思疎通がはかれるサービスです。このように私たちはお客様ごとに異なる通訳活用のシーンや利用頻度に応じて、ニーズにぴったりと沿う、カスタマイズされたサービスを提供できるのが強みです。

会社データ

事業内容 多言語サービスプランのコンサル提供、多言語コンタクトセンターの運営、
バイリンガルスタッフ人材派遣、外国語日本語コールセンター(オンサイト、アウトソーシング)、
コンシェルジュサービスの運営、アプリ開発、セミナー運営など
設立 2010 年5 月17 日
資本金 2億3015万円
従業員数 110名
売上高 7億3017万円(2016年3月)
代表者 代表取締役社長 吉川 健一
事業所 本社
〒160-0022
東京都新宿区新宿 4-3-17 FORECAST新宿SOUTH 4F
TEL:03-5366-6001  FAX:03-5366-6002
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)