株式会社ニッコー
ニッコー
2021

株式会社ニッコー

【食品:冷凍食品の製造・販売】
業種
食品
商社(食料品)/その他商社/外食・レストラン・フードサービス/その他専門店・小売
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

ニッコーは、「誠実」をキーワードに創業から34年、無添加素材と製品の品質にこだわって冷凍食品の製造、販売を行ってきました。
これからも、お客様から必要とされ、存在価値のある企業を目指し精進していきます。

【ニッコーの強み】
●開発技術/自社オリジナルブランド冷凍食品の製造
●素材/国産・無添加素材へのこだわり
●誠実/社員全員がお客様に元気にあいさつ!

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

「安全」「おいしい」「本物の味」無添加の冷凍食品のパイオニア

当社は冷凍食品の製造・販売を行っています。創業者の山崎が、農林水産省の研究所にて最先端の食品分析術を学び、大手食品メーカーにて大規模の新商品開発指揮などを経験した後、当社を立ち上げました。創業時から先駆けて無添加素材にこだわり製品の開発を行ってきました。消費者は、とにかく安いものではなく「安全でおいしい本物の味」を求めていると過去の経験から学んだからです。素材の約98%は国産のものを使用し、品質管理も監査機関を3つ入れるなどして徹底しております。2004年には神奈川県の優良工場に認定されました。これからも時代のニーズに合わせ、消費者の想いをくみ取り、オリジナルの製品を作っていきます。

企業理念

自分の子供に食べさせられる食品作りを目指して

自分の子供に、安心して食べさせられる食品を作ることを社是に社員が一丸となって働いています。仕事の基本は、「誠実に物事に取り組むこと」です。健康でおいしい食品をつくるために、国産の無添加素材にこだわり続けてきました。生産者とつながりを大切にしており、創業者や現社長自ら農場を訪ねて行きます。無添加の食品を産地直産で仕入れ、素材の良さ、安全性にも確認できておりますので、自信を持って提供することが出来ます。そして、出来あがった製品は毎日細菌検査を行い、そのうえで社長が自らの試食をします。本当に良いものとは何か、自分の子供に食べさせることが出来るモノなのか、食品づくりへの探求は尽きることはありません。

企業理念

営業事務総合職&工場メンバー募集★

2020年卒採用では、神奈川本社工場と熊本八代工場でのメンバーを募集します!(詳細は採用情報をご覧ください)入社後は約1~3ヶ月かけて実習後、各配属先で活躍してもらいます。今までは創業メンバーを中心に、企業の運営を行ってきました。しかし、これからは若い人材が当社を引っ張って欲しいと考えております。創業者もこれまで、研究所時代、会社員時代に食品開発を思いっきりやらせてもらいました。その分、これから入社する方にも一から食品を作り出す醍醐味を味わって欲しいと思っています。食に興味がある方や、モノ作りに携わりたい、何より誠実で元気な皆様の応募をお待ちしております。

会社データ

事業内容 こだわり素材を使用した冷凍食品の製造・販売
経営理念 ☆経営理念☆
 『日に興す』
 『従業員と家族、お客様、社会の為に』

☆社是☆
 『自分の子供に、安心して食べさせられる食品を作る』

☆社訓☆
 1.今を大切に、即行・則止
 1.新鮮、安全、本物の味を提供する
 1.食品の命である、素材を大切にする
 1.しっかり掃除をし、磨き上げる
 1.時を守り、場を清め、礼を尽くす
創業者プロフィール 山崎貞雄 昭和18年11月20日、熊本県八代市生まれ。
高校卒業後、豆腐屋を営む父の薦めから農林水産省関係の研究所に入り、
同時に東京理科大学にも入学。研究所で大豆の研究を行いつつ、
東京理科大学に通いました。日本トップクラスの食品研究者に囲まれたので、
「大変なところに来てしまった」と思いました(笑)
大学の勉強と研究所のレベルの高さについていくために毎日、夜の3時まで勉強を行いました。 
一緒にお酒を飲んでも、先輩から聞く話は食品の話ばかり。
研究者との交流の中で、食品分析術や研究者としての考え方を学びました。
その後、大手食品メーカーに入社し、様々な開発経験をさせて頂きました。
例えば、社長には「会社はつぶれないから思いきってやってよい!」と
新商品の開発指揮を任され、ヒット商品を生み出すことも出来ました。
勿論、苦労がなかったわけではなく、辛酸を舐めたことだって数知れません・・・。

14年間の苦しい経験があったからこそ、技術だけではなく、消費者の想いを理解することが
大事だと分かりました。だからマーケティングも必要なわけです。
お客様がどんな想いでいらっしゃるか、お客様や社会に貢献できているのか。
ところが、油断すると間違えてしまうわけですね。
「自分のことしか考えない」という世界を作ってしまうと存在価値がないわけです。
存在価値があって「必要ですよ」と言われ続けていると、だんだん発展するわけです。
結果として、お金もいただくし、利益も上がるということです。
一時的に悪いことをして利益を上げても、そんなことは後でバレるからおかしくなるわけです。
そうならないように、驕ることなく日々精進だと思っています。
競合優位性 ●○ニッコーの食品がお客様に支持される理由○●

ニッコーの仕入先は、生活協同組合(生協)からスタートしています。
こだわりを持った生協では、生産方法のチェックなどを細かくしており
安全で確かな素材を仕入れることが出来ます。
そういった、信頼出来る、品質がしっかりした、限られた生協とお付き合いしています。
最近は『こだわりの~』なんていうのも増えてきましたが、
昔から続けている人はごくわずかです。
ですから、仕入先の生産者の方も年季が違います。

仕入れの原点というのは、生産者の顔、作り方、素材へのこだわり、栽培履歴が
はっきりしているモノを使うことです。
根っこは「誠実」ですから、私達もこれがないと安全・安心な商品は作れません。
主要取引先 首都圏、東北、関西、中四国、九州主要生活協同組合
自然食品、有機農産物宅配、流通業者 他
設立 1984年7月
資本金 1000万円
従業員数 100名
売上高 1,050百万円(2018年6月決算) 
1,000百万円(2017年6月決算)
代表者 代表取締役社長:山崎雅史
沿革 1984年  大和市福田1966にて創業、東京都内生協に産直原料使用商品の納品開始
1985年  大手居酒屋に納品開始
1986年  大手百貨店・全国宅配業者にて販売開始
1988年  湘南工場建設、東京近隣に納入増える
1998年  現在の代官工場に生産部門統合する、JA・民間宅配、関西、東北方面の納入増える
2000年  食品衛生協会より表彰、都内生協より表彰受ける
2002年  代官工場内に開発部を新設し強化
2003年  大和市福田工場に開発部を移設、代官工場改築学校給食向け健康食材提供開始(2003.2.27日経新聞掲載)
2004年  平成15年度神奈川県優良工場に選定
2011年 農業事業部スタート(神奈川県綾瀬市にて自社農園)
2014年 ニッコー八代工場操業開始
事業所 ■本社・工場
神奈川県大和市
代官1-10-3


■八代工場
熊本県八代市二見本町
宮ノ前681-2
取引銀行 横浜銀行
三井住友銀行
りそな銀行
社内外イベント 経営発表会・研究大会・交流会・慰安旅行・月1回の駅前街頭清掃
平均年齢 28歳
入社後の研修 入社
↓                                                           
各部門での研修(約一~三ヶ月間) ※期間中、社外大手研修実施もあり

配属
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)