株式会社王将フードサービス
オウショウフードサービス
2021

株式会社王将フードサービス

餃子の王将 GYOZA OHSHO
  • 株式公開
業種
外食・レストラン・フードサービス
食品/その他専門店・小売/商社(食料品)/情報処理
本社
東京、京都

私たちはこんな事業をしています

王将フードサービスは中華料理レストランチェーン◆餃子の王将◆、●GYOZA OHSHO●を全国に730店舗以上展開しています。
お客様から褒めていただける店創りを目指し「日本を美味しく」というコーポレートメッセージを掲げています。

また人の生活に欠かせない「食」を通じて、身近な存在であり続けながらも、社会に貢献できる企業として成長を続けています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

〇●〇餃子を日本のソウルフードとして世界へ〇●〇

現在、「餃子の王将」は全国に730店舗以上あり、私たちは「快適な食空間、心温まる接客、そして美味しい料理で人々を幸せにすること」を社会的使命とし、「餃子の王将」ならではの美味しさをより広くお届けしていきます。女性向けの新コンセプト店「GYOZA OHSHO」や海外出店、デリバリーサービスなど、これまでにない新業態を展開しているのもそのためです。そして、それらを支えるのは「人の力」。だから女性の活躍推進や障がい者雇用の拡大、研修制度の充実により、従業員がより力を発揮し成長できる環境を整えています。これからも胸が躍るような新しいことに挑戦し、日本の味、焼き餃子を世界へ広めていきます。

事業・商品の特徴

◇◆◇お客様を喜ばせるために◇◆◇

私たちの活動の原点は、目の前のお客様を喜ばせることにあります。「おいしかったよ」、「この店の応対は気持ちがいいね!」、「ここに来ると元気になるよ!」お客様のお褒めの言葉はいろいろありますが、「また来たい」と思ってもらえる店をつくるために、店長をはじめそれぞれの店のスタッフたちが、日々何をすればよいかを真剣に考えている。それが王将フードサービスという会社です。社員が「今、こうしたい」と思ったときに躊躇なく実行できるよう、各店に大きな裁量権を与え、自由に工夫がこらせるようにしています。また社員全員、鍋が振れるのも、提供する料理の「味」が、お客様を喜ばせるための大切な要素のひとつだからです。

社風・風土

□■□人材育成に力を入れる理由■□■

私たちは人材育成にとても力を入れています。なぜなら、王将フードサービスは「人」で成り立っている会社だからです。餃子の王将では創業当時から変わらぬ「手作り調理」を大事にし、地域のお客様のニーズに対し、ベストの答えで返すことを行ってきました。最高のサービスを提供しようと思ったら、店舗の全従業員を巻き込んで、「餃子の王将」を心地よい空間に変えていかなくてはいけません。それには統率力が必要で、店長は人を惹きつける「徳」や「人間力」が重要になってきます。だからこそ各時代にあった研修を上手く取り入れながら、これからも人の教育に力を注いでいき、「人」の可能性を信じた経営を行っていきます。

会社データ

事業内容 中華料理レストランチェーン
創業 1967年(昭和42)
設立 1974年7月(昭和49)
資本金 81億6600万円
代表者 代表取締役社長 渡邊 直人
従業員数 2,203名(2018年3月31日現在)
事業所 本社/京都市山科区
東京事務所/東京都千代田区
九州事務所/福岡市東区
工場/京都府、埼玉県、福岡県、北海道
店舗/736店舗(直営店:509店舗、FC店:227店舗 2018年3月末現在)
売上高/経常利益 ▼売上高
781億1,700万円(2018年3月期)
750億7,800万円(2017年3月期)
753億1,700万円(2016年3月期)
▼経常利益
57億8,600万円(2018年3月期)
58億 100万円(2017年3月期)
65億4,400万円(2016年3月期)
株式 1993年3月、株式店頭公開。
1995年1月、大証2部、京証に上場。
2006年3月、大証1部上場。
2013年7月、東証1部上場。
日本の味、餃子を世界へ。 1967年、京都の四条大宮でスタートした小さな中華料理店「餃子の王将」、
今では全国に730店舗以上を展開する中華レストランチェーン店に成長しました。

一般的な飲食チェーン店は、どの店舗でも均質な料理やサービスを提供しますが、
「餃子の王将」には一つとして同じ店舗はありません。

餃子の王将では店長が中心となって、店舗で新しいメニューやイベント・サービスを作り上げています。店舗の裁量権が非常に大きい「店舗主導」の経営を実践しているのです。
地域や立地によって、お客様の層や求めるものは違います。
大学前の店舗では学生さん、ロードサイドの店舗ではファミリーがターゲットです。また、地域によって食の文化や味の好みも違います。

「お客様の求めるものに応えていきたい」
「お客様から褒められる店を作りたい」
だからこそ、お客様のニーズを一番理解している店舗のスタッフに大きな裁量権をゆだねているのです。

王将フードサービスは、”日本食として「GYOZA」と「OHSHO」を世界の食の共通語に”をビジョンに掲げ、お客様に提供する料理・サービス・空間、すべての質をさらに高めていきます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)