有限会社北海道種鶏農場 
ホッカイドウシュケイノウジョウ
2021

有限会社北海道種鶏農場 

白老たまごの里「マザーズ」
業種
農林
食品/その他専門店・小売
本社
北海道

私たちはこんな事業をしています

北海道種鶏農場では、1950年の創業以来、雛の育成から鶏卵の製造、出荷までを行っています。
約60万羽の鶏を飼育し年間約1万tの卵を生産出荷しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

養鶏事業一筋69年。道内養鶏会社の老舗ゆえに品質にこだわる

当社は、創業以来69年間に亘って養鶏事業に携わる道内養鶏会社の老舗のひとつです。北海道民を中心に、品質・価格のみならず、より安全・安心な卵を毎日お届けすることを社会的使命と考え日々努力してきました。「健康な鶏から良い卵が産まれる」を基本に、鶏の雛から飼育、採卵から製品化までを自社内で完結する一貫体制で品質を確保。1996年からはヨーロッパ型のウインドウレス鶏舎を展開し、2000年には併設のGPセンター(選別包装施設)にオランダのモバ社の鶏卵自動選別機械を導入。2007年には「生食殻付卵の製造工程」について、第三者HACCP認証を取得するなど、常に徹底した品質管理に努めています。

戦略・ビジョン

安全・安心な卵を「Farm to Table ~農場から食卓へ~」

2003年、当社は第一次産業の成長を促す六次産業化を受けて、天然の飼料と美味しい白老の水を与え、豊かな自然環境のなかで鶏を育て、商品化した卵を使った製品を販売する(株)マザーズを設立しました。「その日のたまごをその日のうちに商品化」するスピーディーな生産ラインから家庭の食卓にお届けする「Farm to Table ~農場から食卓へ~」というポリシーには、「本当においしく、本当に安全な卵をお客様に召し上がってほしい」という私たちの願いを込めています。卵の直売にとどまらず、様々な卵料理を提案・提供するレストランや「スイーツマザーズ」の店舗も急拡大。白老本店をはじめ札幌、苫小牧に5店舗を展開するなど拡大中です。

仕事内容

緑豊かで雪も少ない過ごしやすい白老で幹部候補生として働く

種鶏牧場のある白老町は、寒さ厳しい北海道のなかでは比較的雪の少ない太平洋気候の過ごしやすい地域です。緑豊かですがすがしい自然に囲まれた工場は、動物愛護の進んだ海外から輸入した最新型の平飼いシステムやケージ飼いシステムが揃い、HACCP認証を取得した安心・安全で衛生的な職場。新卒の皆さんには、将来の幹部候補生として健康な鶏を育て、良質の卵を生産・出荷する現場スタッフの取りまとめ役として、人のマネジメントやオぺーレーションなど工場の運営全般をお任せしたいと考えています。私たちと一緒に道民におししい卵を提供してください。

会社データ

事業内容 採卵養鶏業、鶏卵販売、洋菓子の製造販売
設立 1966年
創業1950年
資本金 1,000万円
従業員数 65名
売上高 約4億円
代表者 代表取締役社長:川上一弘
事業所 北海道白老郡白老町字社台289番地
沿革 1950
白老町にてひよこのふ化事業を開始
1966
(有)北海道種鶏農場を設立
雛育成から鶏卵の生産、出荷まで行う
1998
新鮮たまごの自動販売機を設置
2003
スイーツマザーズ開店
2006
たまご館開店
2007
GPセンターHACCP認証取得
2010
マザーズ札幌上野幌店開店
2011
マザーズ札幌美しが丘店開店
2012
(株)マザーズ分社化
2013
マザーズ苫小牧東店開店
2014
農場部門HACCP認証取得
2015
にわとり館設置
2016
マザーズ札幌白石店開店
2018
マザーズ札幌円山店開店
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)