東亜薬品株式会社トウアヤクヒン
業種 医薬品
商社(医薬品)
本社 富山

先輩社員にインタビュー

品質部
越後 奈七
【出身】明治大学  理工学部 応用化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 医薬品の品質管理業務
医薬品原材料の試験業務を行っています。約600品目もの原料がある中で50種類以上の分析機器で様々な試験法で試験を行っています。例えば、分析機器には液体クロマトグラフィーやガスクロマトグラフィーなどがあり、試験法では純度、定量、定性反応などがあります。同じ剤形の物しか作らない製薬メーカーでは、試験法も機器も限られていますが、多種多様な製剤を扱っている東亜薬品だからこそできる試験量だと思います。自社工場の試験が主ですが、外部工場からの試験依頼もあります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
日々の達成感があります
難しい試験が上手くできたときが、やはり嬉しいですね。
何度試験をしても、思うような結果が出なかった中で、あきらめずに取り組むことで原因がわかり、試験が上手くいったときは達成感があります。初めて行う試験は、先輩が1対1で細かく丁寧に教えてくださるので、安心して取り組むことができます。そうして経験を積み、一人で試験を任せてもらえるようになったときに成長を実感します。
私の業務は、「正しい品質であるか」を確認することであり、薬を安心して使用していただくための砦となるため、責任ある仕事と理解し、誠実に業務に取り組んでいます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 飽きずに試験ができること
液剤・軟膏剤・錠剤など、様々な形状の製品を製造するため、原材料数も多く、試験方法や分析機器が充実しています。そのため、幅広い知識や技術を身に着けることができます。これだけの品数は他社にはない珍しいことなので、毎日が新鮮に飽きずに仕事ができると思いました。
何より、他の製薬メーカーの品質管理業務より、多くの知識を身に着けることができる東亜薬品は働くメリットはとても高いと思います。
 
これまでのキャリア 品質部 試験課(現職・今年で4年目)
<2019年6月取材現在>

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

周りが内定をもらいだすと焦ると思いますが、『焦らない』ことが大事です。
企業選びは、焦らず、いろんな角度から考えて、慎重になることも必要です。
働き始めたら・・・を想像することがおすすめです。
例えば、毎日の通勤時間(距離)など、働きはじめた後のことをイメージして企業を選ぶことも大切です。

東亜薬品株式会社の先輩社員

非臨床薬物動態試験や薬効薬理試験を担当

研究開発本部
大谷 要
富山大学 大学院 医学薬学教育部 薬科学専攻

臨床試験(治験)業務を行っています

研究開発本部
西野 茜
新潟大学 大学院 自然科学研究科 生命食料化学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる