東亜薬品株式会社トウアヤクヒン
業種 医薬品
商社(医薬品)
本社 富山

先輩社員にインタビュー

研究開発本部
西野 茜
【出身】新潟大学 大学院  自然科学研究科 生命食料化学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 臨床試験(治験)業務を行っています
当社の治験では、先発医薬品に対する後発医薬品の治療学的な同等性を保証することを目的に、ガイドラインに則り、ヒトを対象とした生物学的同等性試験を実施しています。実際に試験を実施するのではなく、CRO(受託臨床試験機関)に治験依頼をし、CROの担当者とやり取りしながら治験の進捗状況や得られたデータを確認し生物学的同等性を評価する、デスクワーク中心の業務です。治験依頼者として、依頼した業務に対する知識が必要ですが、入社して1年しか経っていないため経験量が少なく理解が難しいことが多いです。先輩の業務補佐をしつつ、治験知識を増やしている最中です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
少しずつ自分の成長を実感できます
先輩の業務補佐しながら勉強している最中ですが、新しい仕事に挑戦していく度に業務についての知識や、任せてもらえる仕事が増えていくことを実感でき自分の成長を感じることができるようになりました。
また、治験の計画から終了、申請までには数多くのステップがあり、最初は今自分が行っている業務が治験全体のどの段階のものなのか分からないまま取り組んでいましたが、経験する業務が増えていくにつれて治験の流れや自分が今取り組んでいる業務で必要な段取りが分かるようになり、次にするべき業務について考えられるようになりました。
今は分からないことも多く、先輩に指示された業務に取り組むことで精一杯ですがゆくゆくは自分が主体となって一通りの業務が行えるようになりたいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 企業の将来性・成長性に自信があるんだ、と説明会で感じたから
製薬企業で研究開発業務をしたいと思っていたため、自社で開発を行っている製薬会社を希望していました。その中でも、自社にしかない強みがある会社がいいと思っていました。
東亜薬品は、点眼剤だけでなく、国内で数少ないDPI製剤の後発品の開発に取り組んでいる点にも興味を持ちました。特に、DPIは他社が手を出していない分野であり、難しい課題に挑戦していく会社で自分も成長していきたいと思い、この会社に決めました。
 
これまでのキャリア 研究開発(現職・今年で2年目)
<2019年6月取材現在>

この仕事のポイント

仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

一番は、後悔のないようにしてほしいと思います。卒業研究もあり忙しいかと思いますが、自分のやりたいことが何か今ははっきりと分からなくても、自己分析や企業研究を通じてじっくりと探してみてください。また、色々な人の意見を聞くことで新しい発見もあると思います。私は、製薬業界を目指している同期やキャリアセンター職員などからアドバイスをもらいました。

東亜薬品株式会社の先輩社員

非臨床薬物動態試験や薬効薬理試験を担当

研究開発本部
大谷 要
富山大学 大学院 医学薬学教育部 薬科学専攻

医薬品の品質管理業務

品質部
越後 奈七
明治大学 理工学部 応用化学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる