日東エフシー株式会社
ニットウエフシー
2021

日東エフシー株式会社

肥料/農業/東証・名証1部上場
  • 株式公開
業種
化学
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

農家向けの無機・有機肥料や土壌改良資材の開発・製造・販売、ホテル事業、不動産事業
★肥料業界で上位の実績を持ち、無借金の健全で安定した経営をしています。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

私達の提案でたくさんの農作物ができています。

南北3000kmにもわたる日本列島では、地域ごとに気候風土や土壌が異なり、作付けする農産物の種類も様々。当然、農家ごとに肥料の種類や、肥料をまく時期も異なり、お客様の畑に合った肥料を提案していかなければなりません。ましてや、農業は1日で変わるものではありません。土壌分析調査から栽培技術に関するアドバイスまで、農家の方達、1人1人と誠実に向き合いながら、根気よくサポートをしていくことが必要です。私達のアイデアや製品を日本中の農家が待っています。日本の食文化を守るため、日東エフシーでは営業、技術普及、研究開発、製造など各部門が協力し合いながら、様々な困難を解決しています。

企業理念

美味しく安心して食べられる日本の食料、私達が守ります。

今、世界中で食料問題が深刻化しています。もちろん日本も例外ではありません。国内の食料自給率は何年もの間ずっと40%前後で推移。食物の大半を海外から輸入している現状を考えると、いつ日本の食料事情が激変するかもわかりません。そのため、今後は国内で食料を効率良く生産し、自給率を少しでも上げていく事が求められます。そこで私達の出番。農業をサポートする肥料の開発・製造・提案を通して、日本の食を守っていく使命があります。例えば、限られた土地で作物を効率的かつ安全に育てる肥料を開発したり、農家の方とじっくりと付き合って肥料のアドバイスをおこなったり。日本の美味しく安心して食べられる食料を守るのは私達です。

事業優位性

無借金経営という優位性を活かし研究開発にも力を入れています。

肥料の出荷高は、全国上位の実績。無借金経営を貫く堅実経営が、当社の強みです。こうした経営的ゆとりを活用し、研究開発や施設の増強にも積極的に取り組み、時代に先駆けて有機肥料の研究開発に着手。国内初の肥料を数々手掛けてきました。例えば、開発困難とされてきた天然有機質を50%以上含んだ有機化成肥料や、国内で唯一成功した地中にコーティング材が残らない環境配慮型の緩効性化成肥料の製品化など。今後も、生産技術の改善や時代のニーズに合った農業資材の研究開発など積極的に取り組み、日本の農業の発展に貢献していきます。

会社データ

事業内容 化成肥料・配合肥料・過りん酸石灰・液肥・土壌改良資材の開発・製造・販売、ホテル事業、不動産事業
設立 1952年1月
資本金 74億1068万円
従業員数 274名
売上高 113億9900万円(2018年9月)
代表者 代表取締役社長 渡邉 要
本社所在地 愛知県名古屋市港区いろは町1-23
事業所 【本 社】 愛知県(名古屋市)
【支 店】 千葉県(市原市)、北海道(室蘭市)
【営業所】 愛知県(名古屋市)、北海道(札幌市)、宮城県(仙台市)、
      静岡県(静岡市)、大阪府(茨木市)、福岡県(福岡市)
【工 場】 愛知県(名古屋市)、千葉県(市原市)、北海道(室蘭市、苫小牧市、幌延町)
【研究室】 愛知県(名古屋市)
【その他】 金山プラザホテル 他
関連会社 丸菱肥料(株)、中日本肥料(株)、新東化学工業(株)、協同肥料(株)、北海道肥料(株)、中菱肥料(株)、日東運輸倉庫(株)、名京倉庫(株)、明京商事(株)
経営理念 『地球にやさしく生命(いのち)を支える』
1952年1月の創業以来、今日まで一貫して食料生産において基本ともいえる肥料を中心に、より良い製品の製造・販売をおこなっています。
コメの作付面積を減らす減反政策により、国内でのコメの生産は減少が続いてきましたが、当社はこれまでに培ってきた生産基盤と営業力をもってシェアの維持・拡大に力を尽くしてきました。
環境問題や食料問題、とりわけ有機農作物に対する関心が高まる昨今、未利用有機物の肥料化をはじめ、有機肥料、緩効性肥料など新しいニーズが急速に伸びてきていますが、当社には環境問題を先取りし、生産力の増強やコストダウンを図りながら常に新しいニーズに応えるための製品開発を60年以上にわたって積極的に進めてきた経験と技術があります。
地球環境保護に有力な技術と製品を今後も着実に生み出していきます。
行動理念 『自主自立』 『積極実行』 『脚下照顧』
仕事は上から言われたとおり進めるほうが楽ですが、前例の踏襲に終始し命令に従うのみの姿勢では事業の発展は望めません。自分の考えを持ち、自らの責任において判断して、積極的に実行する事で、現在を乗り越えて業績を向上させなければなりません。
ただし、自主自立とは自分勝手の奨励ではなく、全員が努力して知恵を絞り適法かつ適正なより良い会社を目指すものであり、脚下照顧の示す深い自省の精神もあわせて重要です。
社風 歴史はありますが、若手の意見を大切にし、常に革新を図っています。
業務改善への取り組みに意欲的な人には支援を惜しまない、とても働き甲斐のある職場です。
今後の肥料 現在、肥料は過去の反省に立ち、改良が進められています。
安全で質の良い農産物を作るための土作りを重視した有機農業の広まりにより、肥料も無機系から有機系へシフトする動きが活発化しています。
これまで当社ではいち早く有機肥料の研究開発に着手し、開発が困難とされてきた天然有機質を50%以上含んだ有機化成肥料や、国内初の地中にコーティング剤が残らない環境配慮型緩効性化成肥料の開発に成功し、全国展開を果たしてきました。
今後、ますますこういった有機肥料や緩効性肥料など、人と土壌にやさしい「環境保全型の肥料」が求められます。
また、最近では農業技術の進歩からコメの直播栽培など農作物の新たな栽培方法が確立されてきており、そういった特殊な栽培方法に適した肥料の需要が見込まれます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)