吉村建設工業株式会社
ヨシムラケンセツコウギョウ
2021
業種
建設
本社
京都

私たちはこんな事業をしています

当社は1908(明治41)年の創業以来、「人の力と最新鋭技術との融合により地域社会に貢献する」という経営理念のもと、総合建設会社として、つねに時代のニーズを的確にとらえ、クオリティの高い事業を展開してきました企業です。
造成・上下水道・道路・鉄道・河川・建築など、みなさまの生活に「安全」と「快適」を提供する建設に関するすべての分野のパートナーとして確かな実績を積み重ねています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

石材業からスタートし創業100年を迎える総合建設企業

明治41年に創業し100年以上の歴史を誇る。創業当初は石材問屋として良質石材を「笠木石」の名称で販売。戦後、城陽南団地造成工事を皮切りに大型土木工事に参入。堀川改修工事や下水道工事等の都市土木工事分野で地域インフラ構築に貢献。平成に入り建築部門を拡充し建築部を設立しました。現在では国土交通省から優良工事の表彰を受けるまで成長し、また地元企業として初めて共同企業体の代表者として、延長800mの山岳トンネル(NATМ)シールド工法による下水道工事も施工。この様に地元に根差し事業を拡げ堅調に業績を伸ばしてきた当社は培ってきた高い技術力を活かし次世代に受け継ぐ良質な建築・土木工事をモットーとしています。

企業理念

環境マネジメント認証を取得し高い倫理感を持って企業活動を遂行

当社は環境保全が人類共通の重要課題の一つであると考え、企業活動を通じて地球の環境保全に貢献していくことを打ち出しています。そのために、ISO9001とISO14001の認証を取得。環境マネジメントシステムを構築し、環境に対する汚染の予防に努めています。具体的には、使用燃料などの省資源化やグリーン購入の実施など5つの項目を環境保全活動として掲げ、全社員一丸となって取り組みを行っています。一方でCSR活動についても積極的に取り組んでおり、京都おやじの会の会員となり青少年の健全育成に寄与したり、事業収入の一部を学校法人等へ寄付するなど、地域及び地域住民のために高い企業倫理を持って活動しているのです。

事業・商品の特徴

同志社国際学院をはじめ京都エリアを中心に多数の実績を誇る

当社の施工実績は地元である京都エリアを中心に数多く、学校建築をはじめとして様々な建設・土木現場で当社の技術が活かされています。例えば学校法人同志社からは同志社国際学院建設工事をはじめ、同志社小学校建設工事、同志社京田辺会堂建設工事など複数の案件を受託。近代的かつ特徴的な外観は先端の学び舎としての威厳を醸し出し高い評価をいただいております。また、校舎だけではなく、京都府立医科大学付属病院外来診療棟新築工事や嵯峨市営住宅建築工事といった公共・医療に関する建設工事や、JR西日本・阪急・京阪・近鉄・京福等の鉄道工事も得意としており、官民ともに多くのお客様から厚い信頼をいただいているのです。

会社データ

事業内容 総合建設業(土木一式工事・建築一式工事)
設立 1954(昭和29)年11月8日
資本金 75,000,000円
従業員数 50名 (女:6名、男:44名)
売上高 51億3000万円(2016年09月期)
代表者 代表取締役 吉村 良一
事業所 本社/京都市中京区西ノ京小倉町135番地
大阪営業所/大阪府大阪市東淀川区東中島2丁目8-8-401
福知山営業所/京都府福知山市厚東町182-203
姫栗出張所/岐阜県恵那市笠置町姫栗
沿革 1908(明治41)年 初代吉村小右衛門が、京都市中京区西ノ京小倉町1番地の敷地に石材問屋を開業しました。
1934(昭和9)年 岐阜県恵那市に採石場を開設、良質な石材を「笠木石」の名称で諸官庁に納入しました。
1954(昭和29)年 吉村石材工業株式会社を設立し、建設業者として諸種の土木工事を請け負いました。
1966(昭和41)年 社名を吉村建設工業株式会社と改め、同時に大阪営業所を設置しました。
1968(昭和43)年 京都労働者住宅生活協同組合より城陽南団地造成工事を受注、大型土木工事に参入しました。
1979(昭和54)年 京都市の堀川改修工事や下水道工事等、施工条件の困難な工事を克服、都市土木の実績を積み重ね、京都を代表する業者になりました。
1990(平成2)年 平成に入り、京都市建都1200年事業の一環である地下鉄東西線工事や、西日本旅客鉄道株式会社の山陰線複線高架化工事を受注、また建築部門も充実し、厚生年金休暇センター新築工事や吉祥院処理場建設工事を受注し、総合建設業者としての力を高めました。
1993(平成5)年 同志社大学より紫苑館新築工事を受注、建築部門を拡充し建築部を設立しました。また、土木工事ではニューマチックケーソン工法による、 京都府の京都縦貫道舞鶴2号橋を施工しました。
1996(平成8)年 同志社国際中・高校増改修工事を受注し、IT設備の充実した21世紀の図書館(メディアホール)を施工しました。
1998(平成10)年 土木工事でNATM工法による京都府の殿田トンネルを施工しました。
2000(平成12)年 建築工事で京都市の大学センターを施工、また土木工事では京阪電気鉄道のガーデンミュージアム比叡を施工しました。
2001(平成13)年6月に品質の国際規格であるISO9001の認証を取得しました。
2002(平成14)年 土木工事では、大規模土工事である第二名神高速道路小佐治工事を施工しました。建築工事では、京都大学の桂キャンパス管理棟新築工事を施工し、京都市の西京商業高校改築工事や同志社大学新町新別館建設工事などの校舎新築工事を施工しました。
2003(平成15)年 土木工事で、第二京阪荒坂南工事、名神高速道路下植野高架橋(下部I)補強工事を施工、建築工事で、嵯峨市営住宅、同志社高等学校情報センター(知創館)を施工しました。
2004(平成16)年 土木工事では、第二名神高速道路黄瀬西工事、建築工事で、同志社大学情報システムセンター(光喜館)を施工しました。
2005(平成17)年 土木工事では、東宇治浄化センター建設工事、建築工事では同志社小学校建設工事、立命館本部(朱雀キャンパス)の施工をしました。
2006(平成18)年9月に環境の国際規格であるISO14001の認証を取得しました。
2007(平成19)年9月にISO9001とISO14001の統合をしました。土木工事では、第二名神高速道路笹路工事下吉田トンネル、建築工事では、京都第二維持出張所を施工しました。
2008(平成20)年 土木工事では、第二名神高速道路甲賀西工事、建築工事では、同志社中・高 A・B工区を施工しました。京都府道路公社の長大トンネル施工現場において、土木学会関西支部技術賞を受賞しました。
2009(平成21)年 京都市で3番目のPFI事業である、京都市音楽高等学校を施工しました。又、地元業者として初めてシールド工事である大手筋南幹線公共下水道工事を施工しました。
2010(平成22)年7月に国土交通省京都国道事務所より優良工事の表彰を受賞しました。
2011(平成23)年 木津川市に同志社国際学院を施工しました。
2012(平成24)年 同志社大学構内の重要文化財である礼拝堂の改修工事を施工した他、地元業者として初めて延長800mの山岳トンネルである二ノ瀬バイパストンネル新設工事を受注しました。
2013(平成25)年 当社2回目のPFI事業である京丹波町地域振興拠点施設整備事業を受注し、京都市上下水道局の砂川ポンプ場雨水滞水池築造工事を施工しました。
2014(平成26)年 京都市八瀬小学校建築工事、同志社大学京田辺キャンパスのランドマークである同志社京田辺会堂(チャペル)建設工事の施工をしました。
2015(平成27)年 京阪深草駅改良工事や京都初木造4階建の京都木材会館も施工をしました。
2016(平成28)年 弊社の2回目のシールド工事である、朱雀北幹線(その2)公共下水道工事を施工しました。またJR奈良線(玉水~山城多賀間)複線化工事を受注しました。
2017(平成29)年 京都 精華学園校舎改築工事、河川のシールド工事で旧安祥寺川改修工事、下水のシールド工事で花見小路幹線下水道工事を施工中です。
ホームページ http://www.yoshimurakensetu.co.jp/index.html
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)