埼玉県庁
サイタマケンチョウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
公社・官庁
建設/建築設計/設備・設備工事関連/農林
本社
埼玉

先輩社員にインタビュー

都市整備部 営繕課 大規模施設担当
新村 侑菜
【年収】非公開
これが私の仕事 県有施設の工事、設計監理
主な業務は、県有施設の工事や設計の監理を行うことです。昨年度は、県立高校の改修設計や大規模な施設の設計や工事に関わっていました。
工事の監理として、現場の確認や打合せ、工事書類の確認を行います。打合せは、定例的に1週間に1回程度現場に行き、施設の方や工事受注者の現場代理人の方など関係各所と行います。事前の予定共有など、打合せがスムーズに行えるよう大切にしています。設計では、施設や関係各所との調整業務や図面や積算の確認を行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
誰もが利用する建物に関われる
学生のときはフェンスに囲まれて見られなかった工事現場を、近くで見て、驚くことが多くありました。また、担当した工事が無事に終了し、施設の方ときれいになったところを見たときは、自分なりに頑張ってよかったなと達成感がありました。
大変だと思うことは、工事や設計の打合せでの関係者間の事前の準備や調整において、どのようなことが起こる可能性があるのか、常に先のことを考えてしっかりと行動する必要があることです。
今までの仕事で嬉しかったことは、たくさんの人々が一度は訪れたことのある建物の改修に関わることができたことです。採用一年目からそのような現場を担当させていただけたので、うれしい気持ちと同時に緊張しました。施設の方ときれいになったところを見たときに、達成感がありました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 挑戦できる職場
出身が埼玉県ということもあり、なにか地元の役に立ち、かつ大学で学んだことを活かせる可能性が高い仕事をしたいと思っていました。企業の主催する合同説明会に行き、埼玉県のブースに足を運んでみた際、幅広く色々なことに挑戦できると感じ、受験を決めました。
少しハードルが高いと思っていた公務員試験ですが、「新方式試験」というものが受験できると知り、チャレンジすることにしました。
 
これまでのキャリア 2018年 4月採用 現所属

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

新方式で受験しましたので、筆記に関しては専門科目のみ、3回の面接の受験でした。
試験対策として、筆記に関しては二級建築士の過去問題集を使用しました。面接に関しては、大学のキャリア支援室主催の研修を受けました。
また民間企業の面接も多く受けていたので、それも練習になったと思います。とにかく場数をふむことが大切だと感じました。

埼玉県庁の先輩社員

広報活動を通じ知ってもらう高等技術専門校

産業労働部 産業人材育成課 総務・職業訓練推進担当
若月 美空

県内芸術文化の醸成

教育局市町村支援部文化資源課 芸術文化推進担当 主事
江黒 優駿

市町村と国をつなぐ

県土整備部 道路街路課 市町村道担当
若林 陽輔

掲載開始:2020/03/01

埼玉県庁に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

埼玉県庁に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)