埼玉県庁サイタマケンチョウ
業種 公社・官庁
建設/建築設計/設備・設備工事関連
本社 埼玉

先輩社員にインタビュー

共助社会づくり課 共助づくり担当
塚田 千春
【年収】非公開
これが私の仕事 絆をつくる
地域の人々が「つながって」、「支え合う」共助社会づくりを進める仕事をしています。具体的には、共助の一例である「地域支え合いの仕組み」の推進、地域活動に係る助成金のとりまとめや、社会奉仕団体との調整を行っています。その他、共助活動を行う団体の取組みを紹介する会報誌の発刊にも携わり、実際に現地へ取材に行くようなこともあります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
理解をつくる
入庁して初めて配属された県税事務所が印象に残っています。この時は、主に個人事業を営む方に対する課税業務を行っていました。税の仕組みや内容は複雑なため、事業者の方からは「なぜこの時期に、この額が、何のために課税されるのか」と問い合わせを受けることがしばしばあります。丁寧に、また粘り強く説明を行い納得していただいた時には、とてもやりがいを感じました。また、地域の小中学校で実施する租税教室の担当となった際は、子供たちにもわかりやすいよう専門用語を使わずに概要を説明することを心がけました。お礼の手紙を受け取った時は、本当に嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 私が活躍できる場所
ホームページを見たり説明会に参加したりする中で、埼玉県は職務の幅が広いのが特徴だと感じました。職員一人ひとりが活躍でき、自分自身が成長できる組織という部分に惹かれ埼玉県庁を志望しました。もちろん、やりがいと責任は表裏一体です。大変な部分はありますが、一方で若手職員でも重要な仕事を任せてもらえる機会が多く、その分仕事の達成感はひとしおです。
 
これまでのキャリア 平成22年4月採用  春日部県税事務所 課税第二担当
平成24年10月    総務部 税務課 課税担当
平成27年 4月    直轄 秘書課 塩川副知事秘書担当 
平成28年 4月    現所属

この仕事のポイント

職種系統 一般事務・営業事務
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

第1次試験は、弱点克服が成功の鍵だと考えます。というのは、苦手分野には「のびしろ」があるからです。私の場合、一つの問題集を繰り返し解くことで、苦手意識のある分野でも反射的に回答できるように備えていました。また、面接試験は互いをよく知る友人と練習することで、欠点を指摘しあいながら克服しました。公務員志望の友人とは励ましあえる点が、民間企業志望の友人は面接試験の経験が豊富だったので参考になる意見をもらえる点がよかったです。

埼玉県庁の先輩社員

体験をつくる

教育局市町村支援部生涯学習文化財課 芸術文化推進担当
飯塚 梨奈

安心をつくる

川越児童相談所
川野 聖博

橋がつなげる人や物

道路街路課 橋りょう担当
大藏 裕介

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる