埼玉県庁
サイタマケンチョウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
公社・官庁
建設/建築設計/設備・設備工事関連/農林
本社
埼玉

先輩社員にインタビュー

産業労働部 産業人材育成課 総務・職業訓練推進担当
若月 美空
【年収】非公開
これが私の仕事 広報活動を通じ知ってもらう高等技術専門校
私の担当では、県内に7ヶ所ある※高等技術専門校で行っている職業訓練(求職者向け及び在職者向け)が円滑に実施できるよう、国との連絡調整から、訓練内容の検討、就職支援、施設整備に関することまで様々な業務を行っています。
その中でも私は、高等技術専門校をより多くの県民の方に知っていただくため、入校案内やリーフレットの作成、埼玉県庁オープンデーや県内イベントでのブース出展によるPRなど、主に広報に関する業務を担当しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
職員同士協力しあう環境
高等技術専門校の入校案内の作成が印象に残っています。
7ヶ所ある専門校の意見を交えながら一から作成していきますが、それぞれ専門校ごとに特色があり、調整することの難しさを感じました。
しかし、作業で行き詰まったときは、他の担当や上司、専門校の先生方がアドバイスをしてくれました。時には、激励のメールをいただいたこともあります。
こうして皆さんの協力のもと、完成した入校案内が手元に届いたときの感動は忘れられません。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き やりがいを持てる仕事
自分の生まれ育った埼玉県を、より多くの方に住んでよかったと愛着を感じてもらえる県にしたいと思い、公務員を志望しました。
なかでも、埼玉県庁は、県全体で大きな仕事に取り組めること、ウーマノミクスなど全国に先駆けた取組みに力を入れていること、インターンシップで県の職員の雰囲気がとても良かったこと、そして福利厚生の面から長く働けることに魅力を感じました
入庁して驚いたことは、仕事に対する自身の裁量が大きいことです。1年目から一部の事業で主担当になり、事業の進捗管理から外部との調整まで、上司と相談しながらそのほとんどを自身で行います。責任も伴うので、不安を感じることもありますが、それを大きく上回るやりがいや達成感が得られます。
 
これまでのキャリア 2017年 4月採用 産業労働部 産業人材育成課 総務・職業訓練推進担当
2019年 4月    現所属

この仕事のポイント

職種系統 地方公務員
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

公務員試験は、様々な知識や能力が必要とされます。それは、仕事で多岐にわたる知識や能力を必要とされているからだと思います。
範囲の多さに圧倒され何から手を付けていいか分からず悩む日もあると思いますが、将来必ず役に立つと信じて勉強に励んでください。

埼玉県庁の先輩社員

県内芸術文化の醸成

教育局市町村支援部文化資源課 芸術文化推進担当 主事
江黒 優駿

市町村と国をつなぐ

県土整備部 道路街路課 市町村道担当
若林 陽輔

県有施設の工事、設計監理

都市整備部 営繕課 大規模施設担当
新村 侑菜

掲載開始:2020/03/01

埼玉県庁に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

埼玉県庁に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)