恵那東海理化株式会社
エナトウカイリカ
2021

恵那東海理化株式会社

東海理化グループ
業種
自動車
輸送機器/機械/半導体・電子部品・その他/化学
本社
岐阜

私たちはこんな事業をしています

恵那東海理化は、緑に囲まれた自然豊かな「恵那テクノパーク」にて、1991年の創業開始以来、自動車用ドアミラー、ホイールカバー製造を通して東海理化グループの一翼を担っています。

成形・塗装・組立といった一連の工程を社内に構え、ドアミラー・ホイールカバーを一貫生産しています。
当社の強みを活かし、機能性に加えユーザーの感性にも応える自動車用スイッチやシフトレバーなどに用いられる部品の製造も行っています。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

当社は、東海理化グループです。

東海理化グループの中核工場として主にトヨタ自動車向けのドアミラー、ホイールキャップ、エンブレムなどの外観意匠を伴う機能部品をメインに部品生産から組立までを一貫して行っています。中でも特に高い品質を要求されるレクサス系の乗用車ドアミラーについては、100%のシェアを占めています。その他にも、昨年秋に発売されたレクサスESの電子ミラー(世界初)の製造も行っています。

社風・風土

未経験でも問題ありません。

弊社の仕事は「知識がないと難しそう」「体力がないとついていけなさそう」と一見思われがちですが、”性別・年齢・学歴”は全く関係ありません。活躍している社員の中には、学生時代に生物系を専攻していた人もいます。一番必要なのは「この仕事をやってみたい」というやる気です。もちろん初めのうちは分からないことが多くありますが、分からないことがあれば一緒に考え、共に解決方法を考えてくれる先輩がいます。ミスをしても、必ず上司がサポートしてくれます。困ったら全員が助けてくれる、誰にでも相談できる温かい環境がある職場です。

企業理念

価値観・目標が一致してはじめて働きがいのある会社です。

お客様に喜ばれる商品を創造し、豊かな社会づくりに貢献する。個性とチャレンジ精神を尊重し、若さと夢あふれた企業をめざす。社会の一員として、法と倫理を遵守し、自然と地域と共生する企業をめざす。これが当社の三本柱です。

会社データ

事業内容 自動車用樹脂部品の製造及び販売
(生産品目) ドアミラー、ホイールキャップ、
レバースイッチ部品 シートベルト、エアバッグ部品 など
設立 1990年4月
資本金 5,000万円
従業員数 494名(2019年3月末現在)
売上高 126億8,600万円(2018年度実績)
代表者 取締役社長 武馬 宏治
事業所 本社・第1工場:岐阜県恵那市武並町新竹折22番地
第2工場:岐阜県恵那市武並町新竹折8番地
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)