ジーエルサイエンス株式会社 
ジーエルサイエンス
2021

ジーエルサイエンス株式会社 

分析/研究/クロマトグラフ/精密機器/東証2部上場
  • 株式公開
業種
精密機器
化学/機械/食品/化粧品
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

★☆★会社見学・工場見学を受付中です。ご希望の方は下記連絡先へご連絡ください★☆★

分析機器の企画、開発、製造、販売、サポートまで一貫して担うトータルソリューション企業。
研究機関、ハイテク産業、メーカー、医療分野、環境分野など、多方面で「分析のパートナー」として認められています。
詳細は当社HPにて!http://www.gls.co.jp/

当社の魅力はここ!!

社風・風土

道は一つ、ともに進もう。

当社の特徴として、「社員がみな、同じ目標に向かって邁進している」ということが上げられます。創立以来毎年、全社員に対し「付加価値経営計画」が発表され、自分たちが目指すゴールを全員で共有しています。また、当社の社風として、「個々の能力を活かしあうことで、成果を最大化する」という考えがあります。互いの能力を活かしあうためのコミュニケーションは上司、部下関係なく活発に行われています。部署の垣根を超えたコミュニケーションも、当社の特徴の一つです。志高く、同じ目標に向かう同志の集合体であるからこそ、居心地の良い職場となり、企業としての強さが発揮できているのです。

事業・商品の特徴

「分析のプロ」として人類の文化の発展に寄与している誇り

当社は、調査・企画・技術開発から、製造・販売・メンテナンスまで一貫して自社でサービスを提供できる、他に例を見ないクロマトグラフ専門企業です。当社の顧客は、研究機関、ハイテク技術産業(バイオテクノロジー、新素材、エレクトロニクス)、製造部門の品質管理や環境分析業界など、多岐にわたります。“物”の組成を知ることができる成分分析は、あらゆる調査・開発の「礎」になると同時に、産業発展の代償でもある「地球環境の汚染」に対して解決策を模索するための重要な役目を担います。この人類にとって必要不可欠な技術である「分析」技術のプロフェッショナルである事を誇りに、私たちは日々成長し社会に貢献し続けます。

技術力・開発力

高度化・迅速化する分析機器業界に、技術と知識でいち早く対応。

現在、分析ニーズの主流は、微量成分、高感度分析など、精緻さとスピードが要求される分析であり、分析手法の立案から、実際の実施まで、高度な技術力が必要とされます。私たちは他社に先駆けて適応製品の開発販売に着手し、微量成分の濃縮導入装置や前処理装置、前処理消耗品類を開発しました。そして、試料の採取から分析結果のアウトプットまで、総合的なソリューション提供をいち早く実現したのです。この他社の追随を許さない当社の強さの秘密は、「知的好奇心旺盛な社員たち」にあります。新しい技術や知識の習得を好む社員が多く、会社としても外部の研修やセミナーに積極的に社員を参加させ、知識を養うことを支援しています。

会社データ

事業内容
★ ガスクロマトグラフィー/液体クロマトグラフィー装置・部品・充填剤・分析カラム・周辺機器
    前処理装置・部品・固相・周辺機器

★ 分光光度計用セル、石英加工品

★ 半導体関連分析装置

★ バイオ機器・部品

★ その他全ての関連製品
設立
1968(昭和43)年 2月 1日
資本金
12億779万5000円
従業員数
420名(男性334名:女性86名)
*2018年4月1日 現在
代表者
取締役社長 長見 善博
売上高 2016年3月期  11,618百万円

2017年3月期  12,493百万円

2018年3月期  12,783百万円
沿革
1968.02  ガスクロマトグラフ用のカラム充填剤及び消耗部品の製造・販売を目的として、資本金
             1,500千円でガスクロ工業株式会社を東京都新宿区柏木二丁目281番地に設立

1975.04  埼玉県入間市に武蔵工場を新築

1976.10  山形県山形市に子会社、株式会社ガスクロ・ヤマガタを設立

1986.04  福島県福島市内の福島工業団地に福島工場を新築

1990.10  ガスクロ工業株式会社の商号をジーエルサイエンス株式会社に変更

1991.04  子会社、株式会社ガスクロ・ヤマガタの商号をテクノクオーツ株式会社に変更

1994.11  元本社周辺の西新宿六丁目再開発事業による超高層ビル、新宿スクエアタワー竣工に
             より当ビル30階(最上階)の全フロアを取得、本社を新宿区西新宿六丁目22番1号に移転

1995.09  日本証券業協会に店頭上場

1996.12  非接触ICカード及びその周辺機器の開発型メーカーである株式会社エイアイテクノロ
              ジーを子会社として買収

1998.02  福島工場にて品質管理と品質保証の国際親格「ISO9001」の認証を取得

2001.10  株式会社エイアイテクノロジーを併合し、非接触ID事業本部(現自動認識事業本部)として再スタート

        11  埼玉県入間市に総合技術センターを新築

2002.03  オランダのATAS杜を子会社として買収し、商号をATAS GL International B.V.に変更

2003.09  大阪市北区に自社ビルを取得し、大阪支店を移転

2004.08  環境に関する国際規格「ISO14001」の認証を取得

2005.03  東京証券取引所市場 第二部に上場

2006.10  武蔵工場を総合技術センターに統合

2007.11  埼玉県入間市内の総合技術センターに東棟を新設

2009.06  横浜市緑区に自社ビルを取得し、横浜支店を移転

2013.04 自動認識事業本部を分社化し、子会社ジーエルソリューションズ株式会社を設立

2014.03 埼玉県入間市内の総合技術センターにBC棟を新設

       04 子会社ATAS GL International B.V.に当社欧州拠点の機能を加え、商号をGL Sciences B.V.に変更

       07 福島県福島市内の福島工場西側隣接地に福島RD棟を新設

2017.04 株式会社フロムを子会社化
IR関連
●経常利益
    1,255百万円

●1株当たり利益
  102円42銭

●1株当たり純資産
   1,335円

*2018年3月期 実績
事業所
●東京営業部 : 東京都新宿区

●支         店 : 大阪府大阪市 ・ 神奈川県横浜市

●営   業   所 : 福島市 ・ つくば市 ・ 上尾市 ・ 千葉市 ・ 名古屋市 ・ 広島市 ・ 福岡市

●工         場 : 福島県福島市

●総合技術 センター : 埼玉県入間市
関連会社
■テクノクオーツ株式会社

■杭州泰谷諾石英有限公司

■GL Sciences B.V.

■GL Sciences,Inc.

■株式会社グロース

■株式会社フロム

■ジーエルソリューションズ株式会社
主要取引銀行
■三菱UFJ銀行

■山口銀行

■みずほ銀行

■みなと銀行

■山形銀行
連絡先 〒163-1130  東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー30F
TEL 03-5323-6633  
人事課/長谷川・宇津
E-mail jinji@gls.co.jp
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)