抱月工業株式会社ホウゲツコウギョウ

抱月工業株式会社

金属の切断・精密加工
業種 金属製品
非鉄金属/機械/重電・産業用電気機器/輸送機器
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

製造部 プラズマ・レーザー切断チーム
中東 衛(23歳)
【出身】摂南大学  経済学部 経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 プラズマ切断機での鋼板の切断業務
私は製造部プラズマ・レーザー切断チームに所属し、プラズマ切断機での鋼板の切断業務を担当しています。2メートル×6メートルの板からあらゆる製品を切り出し、仕上げや加工、出荷という次の工程に回すところまでが自分の仕事になります。次の工程の人が仕事をしやすいように、受け取った人が気持ちよくなれるような状態で製品を回すことを心掛けて仕事にあたっています。当社で切断している製品は多岐にわたり、あらゆる物に自分が切断した製品が使われていることを考えると、とてもやりがいを感じることが出来ます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
先輩方から言っていただいたアドバイスや誉め言葉
入社後は1ヶ月間製造部の各チームを回り、その後はレーザー、プラズマ切断での仕上げ作業を各3ヶ月間担当していました。仕上げ作業で使用するグラインダーなどの機械のほんどは入社後初めて使うものだったので、入社当初はとても苦労しました。しかし、多くの先輩方から細かいアドバイスをいただき少しずつ上達することが出来ています。まだまだ成長の途上にある自分の技術に対して「上手くなったなぁ」「早くなったなぁ」と言っていただけるだけでなく、それと同時に「まだまだやなぁ」「もっとこうすればよくなるんじゃないか」とまた新しいアドバイスを貰えることで、嬉しいだけでなくより一層頑張ろうと思えます。そんな後輩思いの先輩が多くいるので、毎日楽しく仕事が出来ています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 常に現状に満足しない社風
私が抱月工業への入社を決めた理由は、この会社が常に止まることなく前に進み続けているからです。入社前に社長から聞いていた理想やビジョンが入社後の約半年間でも少しずつ形になってきています。仕事をする上での問題点などを改善すると表彰されるという制度も、抱月工業が常に前に進もうとしている証拠の1つだと思います。そんな、前に進み続けるこの会社で働いてみたいと思いました。
 
これまでのキャリア 入社→製造部(現職・1年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

企業規模や知名度、初任給や企業イメージなど目先のことにとらわれず、長い目で見て本当に長く続けられる会社と出会えるように就職活動を頑張ってください。

抱月工業株式会社の先輩社員

お客様からの見積や注文の手配を行っています

営業部
高山 木実
阪南大学 国際観光学部 国際観光学科

マシニングセンタのオペレーター。製品に穴やねじ穴をあけています。

製造部機械加工チーム
中川将徳
大阪工業大学 工学部 ロボット工学科

お客様のもとへ足を運び、商品のご提案!

営業部
馬場礼佳
近畿大学 生物理工学部 遺伝子工学科

プラズマ切断機による鋼板の切断業務など

製造部
小森 佑真
龍谷大学 経済学部 現代経済学科

鋼板の溶断・加工業の営業

営業部
本田 竜也
京都建築大学校 建築学科

営業アシスタント業務

営業部
井上 綾子
大阪国際女子短期大学 家政学科 栄養士コース

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる