品川リフラクトリーズ株式会社シナガワリフラクトリーズ

品川リフラクトリーズ株式会社

東証一部・札証/耐火物
  • 株式公開
業種 ガラス・セラミックス
機械/設備・設備工事関連/鉄鋼/非鉄金属
本社 東京

先輩社員にインタビュー

設備管理部
高田 敦
【出身】工学部 機械工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 耐火物を使用した装置の設計・開発
私が担当しているのは製鉄所で必要とされる、耐火物を使用したスライドバルブ装置の設計・開発です。
製鉄所では、鉄鉱石から不純物を取り除いて「鋼」をつくるために、鉄鉱石を高温に熱して液状にします。不純物を取り除く前のものを溶銑、取り除いた後のものを溶鋼と呼びます。この装置は鋼を作る工程において、溶鋼を冷やし固めてブロック状にしていく際に溶鋼の流量制御をするための装置で、お客様の製造設備の中でも重要なものの一つです。そのためお客様と何度も打合せして、設備の使用環境に合わせた装置を設計することが主な業務となります。
お客様との打ち合わせで仕様を決定し、製作図面の作成・指示、社内での試運転、現場での試運転までを担当しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分で設計した装置がお客様の現場で無事に稼働。
万全を期して出荷した装置であっても、想定より厳しい使用環境のため修正が必要なことがあります。
特に海外のお客様になると、現地に到着してから事前に入手していた情報の誤りが判明したり、使用環境が変わっていたりする場合があります。
そのため現地で改造が必要な場合は、どのように改造するのがベストなのかを考え、加工業者を探し、修正します。
装置の設置が無事に完了し、実際に稼働し、最高のパフォーマンスが発揮でき、お客様から「素晴らしい装置だ」と言われたときはそれまでの苦労が報われ、嬉しくなります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き オンリーワン製品によって基幹産業へ貢献
大学では機械工学を専攻していました。たまたま大学の研究設備の中に当社の装置があり「耐火物メーカーでもこんな装置を作るんだ」と興味を持ったのがきっかけで当社を知り、耐火物の知識は全くないけれども機械工学の知識は生かせそうだと感じました。
リクルーターの方との面談や入社試験前の工場見学などを通して、自由闊達な社風であることと、数多くのオンリーワン製品によって業界トップシェアをマークし、基幹産業に大きく貢献していることにも魅力を感じてこの会社に決めました。
 
これまでのキャリア 技術研究所(2年間)→西日本工場 岡山製造部 技術室(7年半)→設備管理部(現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ニッポンを飛び出して、海外の人と働く仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

色々な業種の企業を訪問できるのは今しかありません。大学での専攻や研究内容にこだわらず、ちょっと違った業種に目を向けることで自分に合った企業が見つかることがあると思います。会社説明会ではホームページなどでは分からない会社の雰囲気や業務内容が詳しく聞けるので、積極的に活用してください。

品川リフラクトリーズ株式会社の先輩社員

売るだけじゃない営業、商品の売込みからアフターフォローまで。

第4営業部 関東営業所
青山 熱
法律学部 法律学科

定形耐火物の製造プロセス開発と材料設計

西日本工場 岡山製造部 技術室
吉岡 宏樹
自然科学研究科 物質生命工学専攻

工場の経理担当として、原価計算や工場決算などを担当。

西日本工場総務室 経理チーム
矢野 佑一
国際政治経済学部 国際政治学科

耐火物の改良、新製品開発

技術研究所 第3研究部
神村 奏恵
理学院 自然史科学専攻

耐火物を用いた溶鉱炉の補修工事、施工管理業務

エンジニアリング事業部 倉敷事業所
植田 拓也
生命体工学研究科 生体機能専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる