森永製菓株式会社
モリナガセイカ
2021
  • 株式公開
業種
食品
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

日本の西洋菓子づくりのパイオニアとして、110年以上の歴史を歩んできた森永製菓。「おいしく、たのしく、すこやかに」を企業理念として、菓子・食品・冷菓・健康など幅広い分野で商品を提供しています。

これからも「世界の子ども達に貢献できる企業になる」という使命の実現に向け、価値と感動を提供し続ける「パワーブランドカンパニー」を目指して挑戦し続けます。

あなたも、私たちと一緒に次の100年へ挑戦しませんか?

当社の魅力はここ!!

社風・風土

1899年、1台の箱車から私たちの挑戦は始まりました

日本の西洋菓子づくりのパイオニアとして、110年以上の歴史を歩んできた森永製菓。「おいしく、たのしく、すこやかに」を企業理念として、菓子・食品・冷菓・健康など幅広い分野で商品を提供しています。1994年に発売した「inゼリー」では、新たな飲料スタイルを定着させ、森永製菓は、食の分野のパイオニアとして、業界を支えてきました。これからも「世界の子どもたちに貢献できる企業になる」という使命の実現に向け、より一層の価値と感動の提供を目指して挑戦し続けていきます。

企業理念

カカオの国の子どもたちが安心して教育を受けられる環境づくりを

「世界の子どもたちに貢献できる企業になる」という夢の実現に向けて、様々な活動を通して未来を担う子どもたちを応援しています。例えばチョコレートの原料であるカカオが作られる赤道近くの国々。その中には、経済的な自立が難しく、十分な教育環境が整っていない地域もあります。「1チョコ for 1スマイル」は、ガーナなど「カカオの国の子どもたち」を安心して教育を受けられる環境づくりをお手伝いする活動です。年間を通して行う寄付に加えて、<特別月間>では対象商品1個につき1円を寄付しています。

戦略・ビジョン

ウェルネス領域の強化

森永製菓は、「健康」を切り口にした商品群を「ウェルネス領域」と名付け、さまざまなアプローチによって、お客様の期待・社会の要請である「すこやかさ」へのニーズに応える新たな価値の創造に取り組んでいます。ウェルネス領域に代表される商品inゼリーを始めとして、ナチュラル素材や当社の独自素材であるポリフェノール等、これらの素材を生かしたチョコレートや甘酒等の菓子食品類を充実させていきます。

会社データ

事業内容 菓子(キャラメル・ビスケット・チョコレート等)、食品(ココア・ケーキミックス等)、冷菓(アイスクリーム等)、健康関連商品(ゼリー飲料等)の製造、仕入れ及び販売
創業 1899年8月(明治32年)
設立 1910年2月(明治43年)
資本金 186億1,000万円
従業員数 1,327名(2017年3月末)
平均年齢 41.1歳
売上高 1730億69百万円(2017年3月末)
代表者 代表取締役社長 新井 徹
本社所在地 東京都港区芝5-33-1
事業所 本社/東京 研究所/鶴見 支店/全国
工場/鶴見、小山、三島、中京ほか
関連会社 森永スナック食品(株)、森永デザート(株)、森永エンゼルデザート(株)、森永甲府フーズ(株)、(株)アントステラ、台湾森永製菓有限公司、上海森永食品有限公司、森永商事(株)、森永ビジネスパートナー(株)、米国森永製菓(株)、森永エンゼルカントリー(株)、森永高滝カントリー(株)、(株)森栄商会
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)