株式会社読売ISヨミウリアイエス
業種 広告
新聞/コンサルタント・専門コンサルタント/シンクタンク/インターネット関連
本社 東京

先輩社員にインタビュー

第1 営業本部第2 部営業2課
海保 梨沙
【出身】経済学部 経営学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 様々なクライアントに会える面白さが醍醐味
既存のクライアントの売り上げと業務領域を拡大させながら新規顧客を獲得していく部署に所属しています。自社のサービスや商品を提供する企業の営業ですと、関わるクライアントが限定されてしまいますが、広告、特に折込業界は本当にさまざまな人、業種の方とお会いできるため、営業には毎回新鮮な気持ちで取り組めています。

折込広告は大きな可能性を秘めた媒体です。新聞販売店の配達エリア単位で実施できる、エリア特化型の媒体でありながら、全国に一斉投下すれば、テレビにも負けないマス媒体になり得ます。媒体メリットを活かしたたくさんの可能性を、クライアントに提供したいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
私にしかできない提案でクライアントから信頼される喜び
ほとんど広告を出したことのないクライアントに2年間アタックし続け、受注をいただけたことが一番印象に残っています。

広告を出したことのない事業主からご依頼をいただくのは、営業上、最も難しいことです。私はずっと定期的に訪問し、今日がダメなら次回はもっと良い提案を!という想いで取り組んでいました。その姿勢から、きちんと仕事をしてくれそうだと感じていただけ、私を見込んでお任せいただいたときは自信につながりました。

また、“考える”ことの大切さも学ばせてもらったと思います。それぞれのターゲットに合った、それぞれのコミュニケーション方法をたくさん考えることは大変ですが、その重要性を痛感しました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 会社全体で成長を促してくれるところがすごい
入社して4年目に受注した案件で、全国から来る問い合わせ電話を当社内で受けることになりました。すると、予想を超える反応で、私を含め3人の担当者では受けきれなくなってしまったのです。

その時、先輩も上司も私たちを咎めることはせず「やってほしいことを指示してくれ」と言ってくださり、全員で協力体制を取ってくれました。まだ若手の私たちに指揮を任せることで、人や案件をコントロールする難しさを経験させてもらえたことに感謝しています。

おかげでクライアントからは「大変な案件だったのに真摯な対応をしてくれて助かった」というお言葉をいただけました。その経験があったからこそ、自分の範囲に収まらない案件にも挑戦できるようになったと感じています。
 
これまでのキャリア 2006年入社。千葉支社営業、本社第3営業本部を経て、2012年に現在の第1営業本部へ。

この仕事のポイント

仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

働くということは正直、大変なことです。
あらかじめ用意された楽しい仕事はなく、少し面倒な事や難しい仕事を依頼されることもたくさんあります。

しかし、自分は何をすればいいのか?何をしたら目的を達成できるのか?を自分で考え行動すれば必ず解決できます。それは面白さや新しい発見にもつながりますし、それを乗り越えることがやりがいにもなります。
そう感じることができる会社をぜひ見つけてください!

株式会社読売ISの先輩社員

クライアントのニーズを掴み、自分を信頼してもらう

メディア開発本部企画開発部企画開発課
臼田 裕亮
文学部・歴史学科

生活者と商品をつなぐために全力を尽くす

第1営業本部第2部営業1課
北野 大輔
国際文化学部 人間科学科

私たちの商品はアイデアと発想力

メディア開発本部コミュニケーションデザイン部アカウントプランニング課
西山 紳
法学部 法学科

自分の仕事がクライアントの課題解決につながる

第3営業本部第1部営業3課
高田 健太
経済学部 経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる