富士機械株式会社
フジキカイ
2021

富士機械株式会社

(株)SUBARU100%出資
業種
自動車
輸送機器/その他製造
本社
群馬

私たちはこんな事業をしています

私たち富士機械は、SUBARUグループの一員として、自動車機能部品や産業機械部品を開発から製造まで一貫して生産しているメーカーです。

●トランスミッション(MT、AT)などの駆動装置部品
●ステアリングギヤボックスなどの操縦装置部品
●エンジンやCVT(無段変速機)用オイルポンプ部品
●アクスル・ギヤモーターなどの産業機械用部品

当社の魅力はここ!!

事業優位性

スバル車の“走り”を支えています!

(株)SUBARU完全子会社として駆動装置部品や操縦装置部品、オイルポンプ部品等、スバル車部品の開発から製造までを一貫して手掛けている当社。「WRX STI」等の高出力車種等にも当社の部品が使われており、現在まで積み重ねてきた経験・実績を武器に世界中でタフな走りが評価されているスバル車の“信頼”“評価”を支えています。また、自動車部品メーカーとしての技術を応用し、農業機械等の産業機械部品の開発・製造も手掛けており、自動車業界のみならず、様々な分野において世界に通用する独自技術の研鑚に努めています。

企業理念

「低コスト、短納期、高品質」を究める――。

需要に応じた供給体制を整備するために、増産体制の構築に着手しているスバル車。今後は新工場の設立等も進み、更に生産性の高い生産工程を確立していきます。もちろん、当社もSUBARUグループの一員としてより高度な要求に応えていかなければなりません。当社も創業からのテーマである「低コスト、短納期、高品質」にこだわり抜き、信頼される製品づくりに取り組んでまいります。スバル車の製造部門を担うグループ各社の中でもトップクラスの技術・品質を誇る企業となれるよう、歩みを止めず、前進を続けます。

会社データ

事業内容 当社はSUBARUグループの一員として、
自動車用トランスミッション及び機能部品、
産業・農業機械用各種トランスミッションの
開発・製造・販売をしております。
設立 1950(昭和25)年7月18日
資本金 4億8000万円
従業員数 582名
売上高 367億円(2017年3月期)
代表者 代表取締役社長:鴨川 珠樹
事業所 【本社工場】   群馬県前橋市岩神町二丁目24番3号
【芳賀工場】   群馬県前橋市五代町677-3
【伊勢崎工場】  群馬県伊勢崎市末広町100
【大泉工場】   群馬県邑楽郡大泉町いずみ1丁目3086-1
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)