テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
2021
  • 株式公開
業種
コンサルタント・専門コンサルタント
情報処理
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私たちはデータサイエンス専門の会社です。
データサイエンスとは、ビッグデータからビジネスに役立つ価値を引き出すための科学的アプローチです。
専門的な科学教育を受けている経験豊富な社員が多く在籍します。
サービスサイエンス&データサイエンスで、ビジョン策定、データ分析・最適化、AIを活用した運用しくみづくり、
分析活用基盤の構築など、データ分析・活用を軸にお客様の課題にあったサービスをご提供致します。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

データサイエンスを駆使して、ビジネスの課題を解決していく。

企業が抱える膨大なデータを分析し、ビジネスの課題を解決していく。当社はそんなデータサイエンスを究めるプロフェッショナル集団です。社内には機械学習などに精通した“データサイエンティスト”が多数在籍し、その多くが理系分野の博士・修士課程を修めた専門人材です。私もそのひとりで、工学系の博士号を取得後、アカデミアからビジネスの世界に転身しました。1年目からプロジェクトを担い、現在はWeb上のユーザーの行動を分析・予測し、マーケティング施策を最適化するコンサルティングに奮闘しています。自分の考えたことが論文レベルではなく、実際に企業のビジネスに新たな価値をもたらしていくことに大きなやりがいを覚えています。

技術力・開発力

エンジニアにとっても、AIツールの開発などに挑める魅力的な場。

当社は“データサイエンティスト”を志す方にとってはもちろん、“ITエンジニア“としてキャリアアップしたい方にも魅力的なフィールドです。データ分析基盤の構築やAIツールの開発などを担うエンジニアが社内で重要な役割を果たしており、まだまだ人材を必要としています。私も当社の可能性に惹かれてITベンダーから転職してきました。ここで経験を積めば、データサイエンスやAIに関する知識やスキルも身につき、非常に価値の高いエンジニアになれると思います。また当社は好奇心をリスペクトする風土があり、社員主導で「数学部」「電子工作部」などのユニークなクラブ活動も行われるなど、知的な刺激にあふれた環境です。

事業優位性

海外から先進のAI製品を導入。自らビジネスを創り出せる機会も。

当社はデータサイエンスを駆使したビジネスコンサルティングに加えて、海外から最新のAI製品を導入して国内に展開しており、それも大きな事業の柱になっています。たとえば、SNSにアップされたコメントをリアルタイムに分析するツールや、AIを駆使したチャットボットツールなどを日本のお客様に提供しています。私はいまこの事業に関わり、製品をどのようにプロモーションするかというマーケティングの企画から、お客様への提案まで一貫して担っています。製品の開発元であるアメリカやドイツの企業に出張する機会もあり、グローバルに自分の手でビジネスを創って動かしていくという、そんな経験も当社で積むことができます。

会社データ

事業内容 情報処理・コンピュータシステムに関するコンサルティングサービスほか
設立 2013年10月17日
資本金 8億3,318万円
従業員数 101名(2019年4月1日時点)
売上高 10億8000万円(2017年度)
代表者 代表取締役社長 城谷直彦
事業所 本社(東京都新宿区西新宿3-20-2 オペラシティタワー27階)
札幌オフィス(北海道中央区大通り西 1-14-2 桂和大通ビル50 9階)
所属団体 一般社団法人 データサイエンティスト協会
一般社団法人 人工知能ビジネス創出協会
一般社団法人 地域包括ケア支援事業連合会
一般社団法人 情報処理学会

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)