太平洋精工株式会社
タイヘイヨウセイコウ
2021
業種
自動車
金属製品/重電・産業用電気機器/輸送機器/精密機器
本社
岐阜

私たちはこんな事業をしています

カーナビやオーディオ、パワーウィンドウなど、自動車の安全性、快適性に欠かせない「ヒューズ」。私たちは、その自動車専用ヒューズをつくっているメーカーです。この分野ではトップクラスのシェアを誇り、直近では国内で91%、世界で48%のシェアを確立。また、精密金属プレスの加工や金型製作でも独自の技術力を発揮し、高性能化・快適化するクルマの進化を陰から支え、国内外の多くの自動車メーカーから信頼を得ています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

独自の技術を活かし、未来のクルマ社会に「新しい流れ」をつくる

私たちの理念は、クルマ社会の発展に寄与することです。1769年にフランスで蒸気自動車が誕生して以来、クルマは人と人の距離を近づけ、物を運び、経済や社会を大きく変えてきました。今後、どんなに通信手段が発達しても、人や物の移動が止むことはないでしょう。むしろ、“一人一台”という時代が世界的に訪れ、自動車産業はますます拡大していくと思っています。そんな未来に向けて、クルマはどうあるべきか、安全性や快適性をどのように高めていくべきか、新たな発想やノウハウが求められています。私たちは独自の技術を強みにクルマ社会に「新しい流れ」をつくり、高性能ヒューズの開発製造を通して、クルマ社会の発展に貢献していきます。

事業優位性

“オンリーワンメーカー”として、常にグローバルニッチを目指す

当社の自動車用ヒューズは、ニーズを先取りした画期的な製品として、国内外の自動車メーカーから高い評価を得ています。1961の創業以来、半世紀以上にわたり、自動車の高性能化にあわせて業容を拡大してきました。自動車は、電動化やハイブリッド化、自動運転化など、絶えず進化を遂げています。ヒューズも同様で、ハイブリッドカーの高電圧に対応したヒューズを世界で初めて開発するなど、当社は新たなトレンドを見据え、さらなる革新を進めています。ヒューズの定義を変えるような研究開発も力を入れ、“電気とクルマの新しい関係”を築くことにも注力。プレス事業、金型事業でも高い精度が評価され、今後、さらなる拡大が期待されています。

社風・風土

違いがあるからおもしろい! カラフルな創造力で未来を見据える

当社では、学歴も、国籍も、得意な技術も、年齢層も異なる社員が働いています。バラエティーあふれる職場環境ですが、共通点は「クルマが好き」ということ。十人十色の多様さがあるだけに、お互いを尊重し、異なる個性を受け入れ、一緒に成長していこうという風土が根付いています。風通しもよく、同僚同士はもちろん、部署や職位が違っても本音をぶつけあい、時には冗談を言いあいながら、明るく元気に働いています。一人ひとりは小さな存在でも、力をあわせてまばゆい光を放つ、そんな“カラフルさ”が大きな魅力。一人ひとりが自分の色を持ち寄り、チームにとって欠かせない主要な戦力として、みんなで一つの大きな“作品”を描いています。

会社データ

事業内容 ◆自動車専用のヒューズの開発・製造、精密金属プレス加工・金型製作
設立 1961年10月
資本金 9840万円
従業員数 国内383名、グループ全体1196名(2018年4月1日時点)
売上高 236億円(2018年3月連結)
代表者 代表取締役社長 小川貴久
事業所 ■本社/岐阜県大垣市桧町450

■大垣工場/岐阜県大垣市久瀬川町7丁目5番地8号

■関連会社/太平洋工業(株)

■海外子会社/6カ国(アメリカ、ドイツ、中国、韓国、タイ、メキシコ)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)