株式会社相武機械
ソウブキカイ
2021

株式会社相武機械

モックアップ/デザイン/金属加工/ものづくり
業種
文具・事務機器・インテリア
総合電機(電気・電子機器)/自動車/医療機器/コンピュータ・通信機器・OA機器
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

【既卒学生、積極採用しています!】
私たちは神奈川県相模原市を拠点に、デザインモデルおよびワーキングモデルの試作品製造を行う企業です。1972年の創立以来、着実に築いてきた技術力と最先端の市場ニーズに応える先見性を武器に、金属の切削加工技術を駆使したものづくりに力を注いできました。現在、家電・事務機器・通信機器・光学機器・医療機器・自動車など、さまざまな分野で私たちの技術が活用されています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

創業以来の信頼の技術力で、見たこともない「カタチ」を創り出す

創立以来、私たちは通信衛星機器・精密構造部品を中心に応用製品の製作に力を注いできました。これらの分野で培った技術は、お客さまニーズに応えるかたちで、多彩な環境における工業用デザインモデル分野で活躍し、製造技術の信頼度は、業界内で高い評価をいただいています。現在、市場ではめまぐるしい環境変化を繰り返しています。私たちは厚みのあるノウハウと、常に新たな技術を追い求める先見性により、より高レベルでクオリティの標準化を実現してきました。これからも、キャッチフレーズ「お客様の満足に、プラスαの満足」を胸に、クオリティ、スピード、ローコストを三原則とし、お客さまとのシナジー効果を追求していきます。

事業・商品の特徴

多彩な工作機械とノウハウとで、お客さまニーズに100%応える

業界内で高い信頼を誇る、私たち相武機械の技術力。お客さまのさまざまなニーズを先取りし、新たなアイデアをカタチにする2つの事業を紹介します。はじめはワーキングモデル事業です。CAD/CAMシステムはもちろん、多様な素材、切削に対応する工作機械(マシニング)を多数導入。金属はもちろん樹脂切削加工にも対応するなど、量産加工前のさまざまな検討を可能にしています。2つ目は、デザインモデル(モックアップ)の製造です。ワーキングモデル同様、私たちが保有する多彩な工作機械(マシニング)を駆使し、事務機器、自動車、光学機器、家電をはじめ、映像制作分野での美術協力など、新たな分野にも意欲的に挑戦しています。

会社データ

事業内容 ・各種機器のデザインモデル、およびワーキングモデルの試作品製造
設立 1972年4月
資本金 3000万円
従業員数 30名
売上高 非公開
代表者 代表取締役社長 水越 傳次
事業所 ■本社
〒252-0239 神奈川県相模原市中央区中央5-2-15

■相模原事業所
〒252-0217 神奈川県相模原市中央区小町通2-12-6
■モデルスタジオ
〒252-0217 神奈川県相模原市中央区小町通2-8-12
沿革 昭和47年7月 神奈川県座間市相武台にて工作機械販売・製造を主に相武機械を開業
昭和48年3月 株式会社相武機械に組織化する
昭和58年6月 神奈川県相模原市田名に移転、工業用精密部品加工開始
昭和61年8月 資本金を350万円に増資
平成5年12月 資本金を1000万円に増資
平成9年5月 業務拡張の為、神奈川県相模原市横山台に事業所を移転
平成14年8月 資本金を3000万円に増資
平成16年11月 自社工場新設。神奈川県相模原市小町通に事業所を移転
平成18年10月 水越 傳次が取締役社長に就任
ホームページ http://www.soubukikai.co.jp
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)