株式会社大和エンジニヤリングダイワエンジニヤリング

株式会社大和エンジニヤリング

機械系設備 <社会インフラ>河川・電力ダム等の水門メーカー
業種 機械
電力・電気/機械設計
本社 広島

先輩社員にインタビュー

公共事業本部営業部
石川 太平(36歳)
【出身】東亜大学  総合人間文化学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 官公庁や建設業者様への営業活動(水門、機械設備の設計~据付~点検整備)
営業課の担当として日々営業活動を行っています。

中国地方を初め九州・近畿地方などの官公庁および建設会社・コンサルタント業者様からの製品(水門および機械設備)の問い合わせにお答えしたり、見積書の作成や入札業務です。

また、直接官公庁、コンサル業者様へ出向き自社製品のアピールや製品・工事等の金額交渉など幅広く活動しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
私が関わり受注した水門や機械設備等が災害時に役に立っていること。
一言でいうと、営業活動の結果、工事受注となり、その工事が数か月後に完成し、お客様へ引渡しが完了した際、喜んでもらえる事です。
さらに、完成した水門や機械設備等が災害時に役に立っている事が実感できる時、やりがいを感じます。

正直、営業活動を行っている上で、嬉しいことばかりではないです。逆に悔しい思いや残念な思いをする方が多い気がします。
それは、頑張っている証拠、でもある気がします。
だから日々、こうすれば良かったと後から後悔しないよう、その時に全力で取り組むよう日々心掛けています。  
そのような中で自分が営業した工事を受注出来たときやお客様に信用して頂き次回も仕事を受注出来たとき嬉しく思います。

お客様の立場になり、要望ををいち早く汲みとれるよう普段から営業活動を行っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 品質方針の「住民の皆様の尊い生命と財産を守る」という方針に惹かれた為。
公共工事をメインとし人の役に立てる仕事をしたいと思った為です。

最近では局地的な大雨などで河川の氾濫・決壊など自然災害の影響を大きく受けています。

これら災害により、財産、生命が危機にさらされ、または奪われ、悲しい思いをする人たちを出してはいけない。
だからこそ、災害から人を守るための製品を製作したり、防災設備のメンテナンスをする重要性が非常に世の中で大事だと思いました。

就活で色々研究しているうち、この会社がどれだけ世の中に必要とされている会社なのかを実感した時、ここに決めました。
 
これまでのキャリア 工事課1年→八千代工場半年→工事課3年→営業課(現職)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・新規開拓中心)
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職をしたら転職をしない限り定年まで40年近くあります。
学生時代と比べると遥かに長いです。
そのためにも自分が本当にやりたいと思う仕事が出来る企業を選ぶことが大事なのではないでしょうか。

まずは、行動をしてみることが大事だと自分は思います。

頑張ってください!

株式会社大和エンジニヤリングの先輩社員

責任を感じつつ水門の設計と排水機場設備の保守・点検・整備を行っています

公共事業本部 設計部 設計課
岡田 季臣
近畿大学 工学部 機械工学科

工事をより計画的に、効率よく、安全に完成させる現場責任者です!

公共事業本部 工事部 工事課
高尾 昌宏
広島工業大学 工学部 電子情報工学科

水門設備の点検・据付を行い、水害を起こさせないよう頑張っています。

電力事業本部営業技術部営業技術課
藤川 雄太
広島工業大学 機械システム工学科

様々な職種の「職人」が従事する公共工事の現場理業務です。

公共事業本部 工事部 工事課
河野 誠治
広島工業大学 工学部 機械システム工学科

水門製作時の品質管理です。自社製品の品質の「最後の砦」となっています。

公共事業本部 製造部 品質保証課
池田 毅
広島工業大学 工学部 機械システム工学科

水門・樋門設備等の保守点検業務、ポンプ場施設の新設工事業務。

公共事業本部工事部工事課
升田 裕羽希
広島工業大学 工学部機械システム工学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる