株式会社藤三
フジサン
2021

株式会社藤三

流通業・地域密着型食品スーパー
業種
スーパー・ストア
食品/その他専門店・小売
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

随時説明会実施予定♪ 

藤三は、明治37年、呉市で海産乾物問屋業、青果卸売業として開業。
現在では、呉市・東広島市・竹原市・江田島市・広島市他にスーパーマーケットを25店舗展開。
大きく成長した当社ですが、開業当時から現在に至るまで、変わらないものがあります。

それは「地域に密着し、お客様の生活を支える存在でありたい」という想い。これからもその想いは変わりません。

当社の魅力はここ!!

企業理念

ただのスーパーではなく「地域の命綱」だと痛感した出来事

数年前の話です。店舗の老朽化と不動産契約が切れることを理由に退店を決めた店舗がありました。それを公表したところ地域住民の方々が署名活動を実施され「お店を続けて欲しい」という沢山の署名を持って来られたのです。「我々スーパーマーケットは電気やガス、水道、電車等と同じく“ライフライン(生活維持に必要不可欠な命綱)”としての機能・役割である」ということを痛感しました。そして・・・退店を撤回しました。小さいお子様からご年配の方まで我々は地域のお客様のために存在しています。どんな環境下においても競争に勝ち残れる効率を追求した仕組みの確立を追求し、お客様、そして地域社会に貢献し続けていきたいと思っています。

戦略・ビジョン

ドミナント戦略で5年後に33店舗・340億円を目指します

当社は、呉市を中心に島嶼部や東広島、広島市などに25店舗を展開。呉、三次、山口県境の3点を結ぶ三角形のドミナント戦略で店舗を出店しています。惣菜調理や商品管理等を物流センターで一元化し、ローコスト化を実現。店舗は店舗でしかできない「お客様に寄り添う」店づくりに専念し、商品、価格、サービス、居心地を改善しています。また、流通先進国であるアメリカに学ぶため、成績優秀者が毎年100店舗以上のスーパーマーケットの店舗研修を受講。通路が広く、カートが杖替わりになるお年寄りに優しい店舗など、時代を先取りした積極展開を考え、今後も良品廉価にこだわり、地域の冷蔵庫代わりとしてお役に立ちたいと考えています。

会社データ

事業内容 ●総合食料品小売業(スーパーマーケット)
●総合食料品・酒類・日用品の販売
●デベロッパーとしてショッピングセンターの開発
設立 昭和25年3月
資本金 5,000万円
従業員数 1,540名(うちパート1,325名)
代表者 代表取締役社長 藤村 重造
売上高 257億 円(平成31年) 

  地域一番店を密集させながら企業力をつけてゆくドミナント戦略で、
  呉地区及びその周辺地区をリードしていきます。
事業所 ショッピングセンター】9店舗
広、焼山、阿賀、江田島、安浦、光町、御所浦、竹原、熊野

【スーパーマーケット】13店舗
仁方、安芸津、能美、大柿、宇和木、大野、新広、陽光台、片山、温品、中筋、向洋、吉田

【ビッグハウス】3店舗
黒瀬、沼田、三次
★地域一番店を密集させてゆくドミナント戦略で、呉地域及びその周辺地区をリードしていきます★ 当社は、地域に密着した「食料品主体」のスーパースーパーマーケット(SSM)藤三と、
買えば買うほど1品当たりの単価が安くなるディスカウントスーパーマーケット(DSM)
のビッグハウスの2種類の店舗を展開し、地域の特性に合わせ出店をしています。

また、ディベロッパーとして核になる店舗を複数ジョイントさせたショッピングセンターを
運営しています。いち早く流通先進国であるアメリカに習い、チェーンストアオペレーション
を導入、「安さから逃げない」をモットーに、地域社会のお客様の食生活を支えていきます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)