株式会社 サナスサナス

株式会社 サナス

旧:日本澱粉工業株式会社(平成29年4月1日より社名変更)
業種 食品
医薬品/商社(食料品)/その他専門店・小売
本社 鹿児島

先輩社員にインタビュー

糖化製造部生産技術課
有山 裕太朗
【出身】鹿児島大学院  農学研究科生物環境学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 生産ラインにおける生産性向上の為の新規設備導入や既存設備の改善
ぶどう糖や水飴製品を製造している生産ラインの改善を行っています。私が所属している生産技術課には9名いますが、担当する工場が二つに分かれていて、その一方を私が担当しています。生産の過程でどんな問題があるのか、もっと効率化させることはできないか、など生産ライン上におけるあらゆる課題を解決することが役割となります。早ければ1か月で解決することもあれば、年単位で取り組む必要のある案件もあり、様々ですね。この業務で大事にしている事は、人とのコミュニケーションです。改善を行うのは自分の業務ですが、実際にその設備を操作したり、管理していくのはオペレーターの方々になります。自分の考えだけではなく、実際に作業される方々の意見を取り入れながらより良い改善を行っていくことを心がけています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
やってみたかった現場研修の経験、この経験が仕事の糧に。
入社当時、食品企業に就職したからには、まずは製造現場を知りたいと思っていました。配属が決まって少したったとき、一年間の現場研修をしてもらうと話があり、いいチャンスを頂けたと思いました。当社には現場研修の制度がなく、初めての試みであり、タイミングにも恵まれたと感じましたね。この1年間の現場研修が今後を左右すると思い、できる限り多くの事を吸収しようと努めました。現場研修で作業を体験できたことや製造ラインの理解度が深まった事など良かった点が多くありましたが特に、コミュニケーションを取る事が出来たのが一番良かったと感じています。仕事は一人ではできず、いろいろな人と協力しながら行うものであるので、コミュニケーションを培えた事はとても嬉しかったです。この時に出来た信頼関係が今活きていると感じますね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 学ぶ機会が多くある企業だと感じたから
大学時代に、食の安全に関する研究に携わっていて、食品関連の企業で働きたいと思っていました。数ある食品メーカーの中でこの会社に決めた理由は二つあるのですが、一つは地元の企業であった事に加え、白眉実践塾という若手社員の教育の場があり、人財育成に力を入れていると感じたからです。自分の学んできた専門知識を生かせる仕事に就けない場合、一から学んでいかなければならない為、教育の支援体制が整っているところに魅力を感じました。実際に、初めて知るものばかりでしたが、勉強できる環境があり、一つ一つ原理原則から理解できる達成感を感じながら働いています。もう一つの理由は、会社説明会に参加した時に工場見学があったのですが設備が凄くて印象的でした。実際に現場を見ることができたことが大きかったと思います。
 
これまでのキャリア 生産技術課(半年間)→製造研修(1年間)→生産技術課(現職・4年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は、人生の1つの岐路であると思いますが、全てが決まるわけではありません。好きな事や興味がある事を仕事にできる人いますが、そうでない人もいます。向いているだろうと思っていた事が向いていなかったり、向いていないと思っていたが案外自分に合っていたりと気付かない内に視野を狭めてしまいがちです。私自身も機械は苦手と考えていましたが、今は考えが変わりました。いろいろな方向に目を向けて自分が頑張って働けると思える会社を見つけてください。

株式会社 サナスの先輩社員

新規設備導入や工程改善による生産性向上・ロスの低減

糖化製造部 生産技術課
東 悠亮
鹿児島大学 水産学部 水産学科

工場の設備導入・工程改善を行い、生産性アップを目指す

糖化製造部 生産技術課
西山 世維良
鹿児島大学 農学部 生物資源化学科

会社全体の仕組みを整え、運営を図る経営企画

経営管理本部 経営管理部 経営企画課
西田 千比呂
鹿児島県立短期大学 商経学科 経営情報専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる