株式会社ほしゆう
ホシユウ
2021

株式会社ほしゆう

パッケージ製造/販売促進/企画開発/印刷加工
業種
印刷関連
本社
新潟

私たちはこんな事業をしています

「パッケージ」を作る会社があるって知っていましたか?
私たちは、お店に並ぶ様々な商品を包装する「パッケージ」を作る会社です。

お菓子の箱、お酒の箱、化粧品の箱・・・など取り扱う商品は多岐に渡ります。
お客様の商品をより多くの消費者に認知してもらうため
「売れる」しくみ作りをご提案します。

新商品が生まれる瞬間に立ち会い、世の中に出ていくまでの過程を見ることができます。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

お客様の商品が「売れる!」ための仕掛け作り

お店に並ぶ商品は、膨大な数の中から選ばれるために様々な仕掛けが施されています。お客様から商品のターゲット層や特徴を聞きだし、市場の競合状況を踏まえ商品の魅力が引き立つパッケージをご提案し、またその売り方や売り場の装飾も合わせて演出します。また、今まで培ってきた技術力を自社製品ブランドを立ち上げることで世の中に発信し、当社のことを知ってもらう機会を増やしたいという想いから、黒板のようにチョークで書いて消せる紙「MANUPAPER(マニュペーパー)」を発売します(写真がMANUPAPERです)。印刷という枠にとどまらず、新たな挑戦に挑む。それもほしゆうの仕事のひとつなのです。

事業・商品の特徴

ものづくりの街、燕市で60年以上続くパッケージメーカーです。

ほしゆうは、企画・デザインから生産まで一貫して社内で行っています。ひとつとして同じ商品が無いように、ほしゆうで作るパッケージもすべて完全オリジナル、オーダーメイド品です。売り方やパッケージを変えることは、日の目を見ることの無かった商品の復活や、新商品のヒットに繋がります。パッケージメーカーのプロとして、時には一消費者として、ほしゆうはお客様に寄り添い、パッケージ・販売促進方法をディレクションします。

社風・風土

社員100人の連携

ひとつの製品が完成するまでに、社内のおよそ30~50人の手が加わり、1日におよそ150~200種類の商品を製造しています。1日にこれだけの製品が工場を流れる中で、当社は信頼できる社員同士で連携を図れることが大きな強みです。部署や仕事内容の違う人同士が力を合わせて、みんなで商品を一から作り上げています。実家から離れ、ひとり暮らしをする若手社員が増えており、ほしゆうは、そんな社員達の第2の家族のような存在です。私たちと一緒にまだこの世の中にない価値を創りましょう。

会社データ

「お客様の商品が売れるためのお手伝い」とは? 「営業職」というと、何かモノを売るというイメージがあると思いますが
当社の「営業職」はそうではありません。
お客様が丹精込めて作ったモノや、生み出したアイデアを「どう」形にして売るか?を
提案する、そのパートナーとして選んでもらうための「営業」をするのが当社の「営業職」です。
ほしゆうがお客様に選んでもらえる理由 私たちの事業は、他にもたくさんライバルがいます。
その中でも、私たちほしゆうをお客様が選んでくれる理由は下記の3つです。


●提案から製造、納品までワンストップでできる高い技術力
-------------------------------------------------
私たちの強みとして、どんな形状やどんな紙質でも対応できる機械を多数工場に持っています。
そのため、外部に発注することなく、最初から最後までほしゆうだけで対応できるため、
その分安いコストや短期間で納品まで行うことが可能になります。

●深い信頼関係
-------------------------------------------------
長きに渡りお付き合いのある企業様が多数あり
「ほしゆうさんなら大丈夫」と高い信頼と信用でこれまで事業を行ってきました。

●小規模だからこそできる、新しい挑戦や革新的な商品開発
-------------------------------------------------
インバウンド分野での成長を見込み、日本文化である和紙に目を付け、和紙を使った日用品の開発・販売や、直近発売した黒板型の紙「「MANUPAPER(マニュペーパー)」など、ここまで培ってきた技術力を応用し、積極的な商品開発を行っています。
事業内容 パッケージ・POP・紙製什器・各種印刷加工

新企画パッケージ/ディスプレイ
形やデザインにインパクトや意外性、付加価値をつけた
新しいパッケージ、ディスプレイを生み出します。

新商品提案
お客様の商品に付加価値を加える商品提案をしたり、
パッケージだけでなく、中に入る商品の企画・提案・販売支援を行います。
設立 1957年(昭和32年)
資本金 3,000万円
従業員数 115名(パート・嘱託含む)(2019年4月)
売上高 26億500万円(2019年4月)
代表者 代表取締役社長 星野光治
事業所 本社 新潟県燕市吉田東栄町7-8
東京営業所 東京都千代田区麹町6-2 麹町ニュー弥彦ビル7F
秋田営業所 秋田県秋田市山王中園町11番37号
沿革 1957年(昭和32年 8月)紙函製造販売業 星雄紙器として吉田町堤町(現 燕市)にて創業
1967年(昭和42年 8月)オフセット部門、ダンボール部門併設 名称を 星雄印刷紙器 とする
1969年(昭和44年10月)工場を現在の所在地 燕市吉田東栄町に移転

1977年(昭和52年 5月)株式会社に改組 代表取締役 星野雄二 就任
                デザイン部門 開設(寺尾)
1980年(昭和55年12月)ダンボール工場 新設
1982年(昭和57年 9月)4色オフセット印刷機 導入 (ハイデルベルグ社)
1988年(昭和63年 6月)東京営業所 開設(浜松町)
1989年(平成元年5月)東京営業所 移転(浅草橋)
1990年(平成2年 4月)5色 CD UV機 導入(ハイデルベルグ社)
1990年(平成2年 11月)代表取締役 星野恵子 就任
1991年(平成3年 4月)株式会社 ほしゆう に名称変更
1992年(平成4年 8月)クリエイティブセンター設立(デザイン部門を新潟から移設併合)
               東京営業所 移転(北品川)
1994年(平成6年 9月)4C CD UV機 導入(ハイデルベルグ社)
1997年(平成9年 3月)代表取締役 星野光治 就任
1998年(平成10年 4月)秋田営業所 開設
2000年(平成12年 9月)フランス製窓貼機 導入
2004年(平成16年 3月)打ち抜き部門、製函部門を新工場に統合
2005年(平成17年11月)YMB型全自動エンボス板紙製容器製造設備
2006年(平成18年 6月)東京営業所 移転(千代田区麹町)
2009年(平成21年 )    Kongsberg XL24 導入(日本製図器工業社)
              本社 増築工事
              ISO 12647-2 印刷国際基準取得パッケージ部門日本初取得
               ISO 12647-2 印刷国際基準取得
2010年(平成22年)     ISO中間テスト 合格
                               UVインクジェット Truepress Jet2500UV 導入(SCREEN社)
2012年(平成24年 11月)秋田営業所 秋田市山王中園町に移転
2013年(平成2年 11月)ドイツ製窓貼機 導入
                                FSC C115445 森林認証取得
2016年(平成28年5月) BFP-1000S(飯島製作所)導入
2016年(平成28年12月) 自動平圧箔押機 Promatrix 106FC 導入
2017年(平成29年5月) フルオートCAD画版機 導入
2017年(平成29年5月) オートブランキングセパレーター機 導入
2017年(平成29年12月) 地域みらい牽引企業 認定
2019年(令和元年5月) L型製函機 導入

当社は会社設立時から積極的に印刷機械を導入し
社内一貫生産ラインを確立。
高い技術力でお客様からの様々なニーズにお応えしています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)