日南町森林組合
ニチナンチョウシンリンクミアイ
2021

日南町森林組合

森林整備
業種
農林
本社
鳥取

私たちはこんな事業をしています

【プレエントリー・説明会予約受付中!!!】
私たちは、鳥取県日南町の森林整備をメインに、植林から伐採、木材販売を行ない循環型林業の構築や環境保全に積極的に取り組んでいます。林業従事者の育成、森林資源を無駄なくかつ効率的段階的に活用する新技術の開発などを行っています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

森林の未来を守る

日本国内では林業の衰退によって適切な森林管理ができていない状況に陥っていますが、当組合は鳥取県日南町で植林や計画的な伐採などによる森林管理を行っています。適切な管理計画の作成、委託管理を行い、自然環境や下流に住む住民の安全を守りながら森林の手入れを行っています。また森林を所有している方が森林の手入れを行なった際には補助事業を行っています。その他にスギ・ヒノキの材を当組合木材団地集積場へ集め、町内のLVL工場へ安定的に供給しております。自然環境と経済活動、どちらにとってもメリットのある森林の活用方法を実現することが、当組合の根幹となる事業です。

仕事内容

多岐にわたる森林管理の工程

当組合のメインとなる森林整備は、新しい苗木を植える新植から、成長した木の伐採、次の新植を行うための地拵えまで、循環する森林環境を作っています。さらに、これらの工程の中には、周囲の雑草やかん木を刈り取ったり、間伐や管理作業を行いやすくする為の道を整備など、さまざまな作業を行っています。そのため、複数の森林を管理する私たちは、日々状況の違う森林に対して適切な作業を行わなくてはいけません。また、伐採などは木の状態を把握して行われます。成長を待つ過程でも木の成長度や状態の観察は必須なため、やらなければならない仕事は非常に多いです。

企業理念

国内の木材を有効活用する環境整備

高度成長期に植林された人工林が伐採期を迎えており、伐採した木材を加工・流通することが重要な産業の1つです。それには木材を無駄なく活用する技術により、木材を原料とした商品の開発していくことも必要です。また、伐採した後に植林し森林が減少しない環境を作っていかなければなりません。一方で林業従事者が減少し、伐採時期を迎えても伐採ができず海外の木材に頼っている事業者もいます。そこで、当組合が代わりに管理するだけでなく、次世代の林業の担い手の育成にも力を入れています。木材の安定的な供給と森林の確保、正反対の状況を同時に実現する循環型の森林づくりを行うことが当組合の大きな目標となっています。

会社データ

事業内容 ・指導、販売、森林整備の3事業部門があります。
・指導部門は森林組合活動の普及、啓発を図っています。また林業安全衛生対策を実施しています。その他にFSC認証林拡大、認証材の販路拡充を行なっています。
・販売部門は木材の安定供給を図るため、森林組合集積場で木材の荷受、選木、販売システムの体制を整え事業を行っています。
・森林整備部門は森林経営計画を基に、地上レーザー等ICT技術を活用し山林作業地の集約化を進め、各種造林補助事業を活用し新植、保育、除間伐等の事業を行なっています。その他に林業資材、機械、苗木の斡旋等行なっています。
・現在、林業成長産業化モデル事業を行政及び関連企業と連携をして取り組んでおります。ICT技術を活用した循環型林業の確立事業、林業カスケード新マテリアル開発事業等行い、地域の林業木材産業の振興発展を目指しております。
設立 1963年9月5日
資本金 6401万円
従業員数 25名
売上高 6億8466万円
代表者 代表理事組合長 平田 広志
事業所 本社:鳥取県日野郡日南町生山423番地2
沿革 1963年9月5日 設立
ホームページ http://n-forest.jp.net/index.html
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)