株式会社パイオラックスメディカルデバイス
パイオラックスメディカルデバイス

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

株式会社パイオラックスメディカルデバイス

医療機器開発/ものづくり/カテーテル/メーカー/
業種
医療機器
化学/医薬品/医療関連・医療機関/精密機器
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

~患者さんは待っている~ 医療を通じての社会貢献に興味ややりがいを感じる方、お待ちしています!

「低侵襲(インターベンション)医療」に役立つ医療機器の企画開発から製造販売まで行っています。
低侵襲医療とは、開腹したり他の臓器を傷つけたりせずに体内にある患部を直接治療する方法です。
手術後もより健やかに生活でき、患者様にも安心してもらえる、そんな医療機器の製造販売をしている会社です。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

医療現場の声を形にしていきます

「患者さんは待っている」…PMDの活動の原点はこの言葉に集約されます。待っている患者さんに有効な医療器具を届けるために、日々の活動を積み重ねています。患者さんの治療にあたるドクターの「こんなものが欲しい」、「こうあって欲しい」という生の声に耳を傾け、医療の最前線のニーズに応えるオリジナリティの高い医療機器を開発しています。医療機器は海外からの輸入が多い中、当社は日本の医師の声をもとに自社で製品を開発できる会社です。これからもドクターや患者の皆様の「あったらいいな」という夢の道具を形にして、医療の進歩に、社会に貢献していくことが私たちのミッションです。

事業・商品の特徴

医師や病院の現場の声を大切に、最先端医療に貢献しています

当社(PMD)の親会社株式会社パイオラックス(日本の会社です)は、弾性のパイオニアとしてグローバルに活躍している創業80年余になる東証一部上場の自動車部品メーカーです。それまで培ってきた弾性技術を応用して、体内に入る繊細な医療機器を開発販売するために1999年にPMDとして独立しました。それから順調にビジネスを拡大し今では業界内でも注目される企業の一つにまで成長しています。弾性を応用したガイドワイヤーやカテーテルを主力に、人にやさしい医療機器を開発製造しています。生産拠点を日本におき“Made in Japan Quality”で医療現場の要請にいち早く対応する体制を持ち、日本国内のみならず世界に向けても販売しています。

会社データ

事業内容 医療機器の製造販売
設立 1999年4月1日
資本金 4億9000万円
従業員数 212名 (2020年 3月 1日現在)
売上高 44億円(2019年3月実績)
代表者 代表取締役社長  柴田 晴仁
事業所 ■横浜事業所(横浜市戸塚区)
■新横浜営業所
■札幌営業所
■仙台営業所
■名古屋営業所
■大阪営業所
■広島営業所
■福岡営業所
沿革 1995年10月 株式会社パイオラックス内に特品開発部を設立
1995年10月 株式会社パイオラックス内に医療機器事業部を設立
1996年 9月 心臓治療に使用するガイドワイヤーを生産・OEM供給
1996年 9月 神奈川県横浜市保土ヶ谷区狩場町にテクニカルセンターを設立
1999年 4月 医療機器分野を分社化。株式会社パイオラックスメディカルデバイスを設立
2009年 4月 ソリュウション株式会社の全株式を取得
2010年 4月 ソリュウション株式会社を吸収合併
2010年10月 内視鏡治療の処置具を販売するエンドスコピーグループ発足
2011年 4月 「平成22年度 課題解決型医療機器の開発・改良に向けた病院・企業間の連携支援事業」において、
       「長期留置時の合併症を低減するためのカテーテル材料の最適化」事業が採択
2011年10月 「平成23年度 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム」(A-STEP)において、
       課題「生体内分解性金属材料の骨固定用デバイスへの展開」が採択
2012年 8月 「平成24年度 課題解決型医療機器等開発事業」実証事業において、
       「合併症を低減する留置カテーテルの製品化」事業が採択
2013年 5月 「平成25年度 課題解決型医療機器等開発事業」実証事業において、
       「合併症を低減する留置カテーテルの製品化」事業が継続採択
2014年 7月 「平成26年度 医工連携事業化推進事業」実証事業において、
       「胆管挿管困難例を解決するための胆管と膵管を同時に使用できるダブルガイド
       ワイヤー対応パピロトーム内視鏡処置具の開発・事業化」事業が採択
2014年12月 「平成26年度 横浜市成長発展分野育成支援助成金」助成事業において、
       「選択的注入機能を有したカテーテルの開発」事業が採択
2015年5月 「平成26年度地域イノベーション協創プログラム補助金(新事業展開実現
       可能性調査事業)」助成事業において、「生分解性食道ステント」に関する事業が採

2015年  横浜事業所(横浜市戸塚区)竣工
2016年  「平成27年度日本超音波学会研究開発班設置事業」において
       「超音波内視鏡ガイド下胆道ドレナージ術専用デバイスの開発」事業が採択
2016年  「平成28年度医工地域中核企業創出・支援事業」にてIVR製品海外展開事業採択
2016年  「平成27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」において
       「医療用薄肉チューブの開発(BEYON CHEMICA)」採択
2014~2017年 YU-COI拠点(山形大学医学部)にて
      新規の素材を用いた膵胆道ステントの開発拠点採択
2014~2018年  COI(センターイノベーション)「フロンティア有機システムイノベーション拠点」
      にて生体親和性材料を中心としたヘルスケアセンサ用革新材料の開発 採択
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)