株式会社ウエルネス
ウエルネス
2021

株式会社ウエルネス

スポーツ教育体操サッカーチアダンス教室野外活動デイサービス
業種
スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設
教育関連/福祉・介護
本社
兵庫

私たちはこんな事業をしています

当社は幼児から小学生向けの体育・野外活動クラブ、サッカーなどの各種教室の運営や、
幼稚園、保育園向けの体育運動プログラムの指導を中心に行っています。
子ども達の成長を支え、運動機能全般の発達を促す、最適なプログラムを提供。
スポーツを通して社会性と協調性を育み、感性や好奇心を伸ばすことを目指しています。

また機能訓練特化型デイサービス事業や体操クラブの運営も行い、多角的に事業を展開しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

体を動かすことや、スポーツを通じて子ども達の成長をサポート!

兵庫県下を中心とした幼稚園や保育園約170園と契約し、体育指導を行っている私たちウエルネス。またサッカー教室やチアダンス教室、野外活動などいずれも子ども達を対象に様々なスポーツを、当社独自の指導で子ども達の成長をサポートしています。幼少期の子ども達は本能的に「動きたい!」という欲求があり、それを満たすことだけでなく、体を動かすことが楽しい!運動・体操が好き!と子ども達に思ってもらうことや、活動を通じて周りのお友達と協力したり、主体性を持つ子に育成するのが、私たちの目標。将来、地域や日本を背負っていく子ども達の成長を様々な面でサポートすることを通じ、地域に貢献していきたいと思っています。

仕事内容

スポーツ好き、子ども好きであれば特別な資格や能力は不要です。

お任せするポジションは、幼児向けの体育指導員や小学生向けのジュニアスポーツクラブやサッカークラブ、チアダンス教室指導員。またアウトドアクラブスタッフ…といった中から、適性や希望に応じて決定、ですが、いずれも特別な資格は不要です。スポーツが好きで、子どもが好きな方であれば、指導方法などは入社後に学べる環境です。とはいえ、子ども達は一人ひとり個性があり、その個性をマニュアル化することはできません。子ども達の視点を大切にしながら、気になった点は幼稚園・保育園の先生と共有。「幼稚園の体操教室が楽しかった!」と子ども達の思い出に残る、楽しい時間・空間づくりをすることが、何よりも大切な仕事です。

会社データ

事業内容 ○各種教室の運営
 (幼児/小学生体育、野外活動クラブ、サッカー、親子体操など)
○幼稚園/保育園の「体育運動プログラム」の指導委託
○体育館/施設センターのプログラム企画/指導委託
○地域団体からの依頼講師
○啓蒙/普及のため定例講習会開催

◎機能訓練特化型デイサービスの運営
◎ウエルネス体操クラブ神戸の運営
◎宿泊施設(ウエルネスこども村)の運営

<実績(2018年時点>
幼稚園・保育園の指導契約園/170ケ園
課外体育教室/3600人
サッカークラブ/1200人
チアダンス教室/450人
アウトドアクラブ /300人
ウエルネス体操クラブ神戸/200人
サービス内容 <保育としての運動プログラム>
●運動プログラム
神経系(調整力全般)を高めることを目的に、乳幼児の特性(探究心や生理的次元での運動欲求)を考慮しながら、 創意ある方法で指導しています。

●サーキット運動
サーキット運動は、調整力全般を高め、身のこなしをよくするための合理的で創造的な指導法。
現代の子どもたちの成長にかかせない調整力をはじめ運動機能全般を高め、 尚且つ、好奇心や探究心を満たし、主体性を発揮できる子に育成することを目指します。

●ふれあいゲーム
子どもどうしのコミュニケーション能力向上を目的に、このような他者とかかわる力に対応できるような運動プログラム「ふれあいゲーム」を開発し、 日々の保育のなかで提供しています。

<体育教室>
●ふれあいタイム
「力をあわせる」「力を比べる」といった経験から生まれる、相手の力や重みを感じるとともに、 「迷う」・「戸惑う」・「気持ちを伝えあう」と心が揺れ動く場面を意図的に作り出し、 子どもたちが自ら「考え、決断し、行動する力」を伸ばしていきます。

●サーキットタイム
「体を動かしたい」という、幼児期の子どもたちが持つ生理的な欲求を満たすことを目的に、 充分な運動量を確保し情緒の安定をはかるとともに、 調整力全般(平衡性・協応性・敏捷性)を高め、身体機能を向上させます。

●ポイントレッスンタイム
「マット・とびばこ・てつぼう」の技能課題を基本に、一人ひとりに合わせて段階的に取り組みます。
出来た、出来ないにとらわれ過ぎず、子どもたちと一緒に課題に向き合い、 目標達成に向けてチャレンジします。


<アウトドアクラブ>
「自然観察、ネイチャーゲーム、ハンドクラフト、川遊び、アウトクック」 などの様々な自然体験を通して、子どもたちが自ら考えたり、感じたりする機会を提供しています。
「自然との関わり」・「人との関わり」・「アウトドアの技との関わり」
この3つの関わりを基本的な柱とし、自然の中で思いっきりあそび、 ふれあうことをテーマに活動を展開。
この活動を通じ、「感性や好奇心を育み」・ 「自然、環境や生命に尊さに関する理解」を深め、人との関わり方を学ぶことにより、主体性や協調性 を高めていきます。


<サッカークラブ>
サッカーを通じて社会性と協調性を高めることを目的としています。
技能的な指導はもちろん、 サッカーを介して物事に主体的にかかわる気持ちや仲間意識を醸成。
その瞬間の結果にこだわることなく、全てがプロセスという考え方のもと、 個々にあった課題を設定し取り込む事が大きな成果を生む結果につながると考えます、「ボールと人にふれあおう」をテーマにたくさんの友だちやボールに触れながら、 たくましいサッカー選手に育てることを目指しています。


<チアダンス教室>
チアダンスは「自分の元気さで周りを元気づける」という精神を持つスポーツ。
子どもたちにこの精神の大切さを伝えるために、毎回以下の3つのキーワードを設定し、レッスン時に繰り返し伝えていきます。
・笑顔…「笑顔」でいきいきと自分を表現できる子ども。普段から「笑顔」で生活する子ども。
・元気…いつでも「元気」で、周りも元気づけられる子ども。
・思いやり…チームプレーを理解し、常に仲間を「思いやる」心を持ち、いつも周りで支えてくれる家族へ「ありがとう」と言える子ども。
設立 1985年5月1日
資本金 1600万円
従業員数 41名(2018年4月時点)
売上高 4億円(2018年3月実績)
代表者 代表取締役社長 仰 一成
事業所 【本社】  兵庫県尼崎市南武庫之荘1丁目8番7号
沿革 1961年
 水谷英三教授(甲南女子大)が幼児体育指導法を創始

1972年
 幼児体育の啓発団体、若手指導者集団として、幼児体育振興会発足

1985年
 株式会社ウエルネスを設立

1990年
 サッカークラブ、野外活動クラブを設立

2003年
 姉妹法人として、特定非営利活動法人(NPO法人)こども応援隊設立
 ※保育所第三者評価 兵庫県認定機関

2012年
 チアダンス教室開講

2014年
 ウエルネスこども村開設(兵庫県丹波市)

2017年
 きたえるーむオープン (兵庫県西宮市)(機能訓練特化型デイサービス)

2018年
 ウエルネス体操クラブ神戸オープン(兵庫県神戸市西区)
社名に込めた想い 当社の社名となっているウエルネス(Wellness)とは、
体と心のより良い状態という意味です。

当社では「I am Wellness We'll be Wellness」を理念とし、
子どもたちをはじめ多くの人々がよりよい状態になるように、ともに努力する、
というメッセージを込めて社名としました。

次代を担い、さらにその次の世代を生み育てる今の子どもたちに対し、
適切なプログラムを提供することにより、
子どもたちの健やかな成長を支え、社会全体がより良い状態になるようサポートしていくことこそが、私たちの使命だと思っています。
ホームページ https://wellness-kids.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)