森紙業株式会社
モリシギョウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

森紙業株式会社

王子グループ(旧・王子製紙グループ)/段ボール/包装紙/製造
  • 正社員
業種
紙・パルプ
印刷関連/商社(紙)/その他製造/その他専門店・小売
本社
京都、東京

私たちはこんな事業をしています

「ものづくりへの拘り(こだわり)」
「環境への貢献」
「社会からの信頼」
それらを理念に掲げ、王子グループ企業の1社として、物流やあらゆる商品の輸送、保管に欠かせない段ボールや段ボール箱の製造・加工・販売を中心事業とするパッケージメーカー。
オーダーメイドの企画提案で多様化するニーズに応えた製品を作ることはもちろん、自社のものづくりを通して地域環境に貢献、社会に製品以上の付加価値を提供しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

コストダウン、時短、収益UP…。実は“段ボール”で貢献できる

身近にある段ボール箱。その多くは“オーダーメイド”ってご存知でしたか?中に入れる商品や用途により、形状や耐久性、耐水性を変えて、陳列にも使用できるなど機能面も考慮し、お客様のご要望にお応えする製品を提供しています。お客様との長い取引を実現するためにも、常に製品の改良は必要不可欠。組立方法を簡単かつ、原紙量を減らすことでコストダウンや時短に貢献したり、商品の魅力を伝えるデザインで売上UPを後押ししたり、時には素材の変更により耐久性を高めて複数回使用できるよう提案することも。包装紙の分野も、加工内容が数百通りもあり、ニーズに合わせた提案実現が可能です。この提案力こそが、今後の事業成長の鍵です。

事業・商品の特徴

グループ総力で多面的なアプローチ&地域密着で安定成長を継続

森紙業グループとして全国に展開するネットワーク。日本の最大手製紙会社グループである王子グループ企業として活用できるノウハウや研究機関。これらを最大限に利用した多面的なアプローチが出来るのが、当社の大きな強みです。段ボールも包装紙も人々の生活に浸透しており、あらゆる業種で需要が伸びています。それは大手メーカーの大口取引から、地元農家さんのような小口取引まで様々。「包む」以外の付加価値を付けて開発・提案できるバックボーンがあるので、取引先の業界景気に左右されず、安定した事業運営を続けてきました。今後もグループ総力を結集し、多様化する社会のニーズを探り、挑戦し続け、包装の新しい世紀を拓いていきます。

仕事内容

企画した製品を目にする機会も!安全で高品質な製品へのこだわり

人々の生活に身近な製品だからこそ、安全と品質は厳しい管理をしています。それを支えるのが技術職。品質管理は、品質に問題がないか機械を使いながら確認、必要に応じて改善策を考えます。新たな材料や工程を取り入れる際は、安全に使用できるか確認もします。生産管理は、日々の生産がルール通り実施できているか管理し、受注・生産をミスなく、期限通りに進める要です。他に、地域環境への影響や安全確認も徹底しています。お客様のニーズに応える製品を生み出し続けられるのは、ものづくりへのこだわりと各部門の連携があるからです。自分の頑張りが、関わった段ボール箱や紙材が店頭に並ぶことで、目に見えて実感できることも面白さです。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

関東(東京・横浜)の事業所で、営業/技術系を募集します。
営業は、品質、コスト、環境配慮等、様々な側面からお客様の話を丁寧に聴き、ニーズに応える製品を自らが主体的に考え提案できることが醍醐味。交渉力や臨機応変な対応力が身につきます。
技術系は、生産効率を上げ、製品が安全に正しくできるかを、様々な知識から確認し改善案を実行させます。常に新しい知識や経験を得ながら、社会で役立つ製品の安定生産を支えます。

会社データ

【新型コロナウイルス感染症への対応】 ----- 新型コロナウイルス対策最新情報(2020年7月6日更新) -----
現在の感染状況に鑑み7月より開催を予定しておりました弊社の会社説明会を延期することといたしました。
みなさまにはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。
説明会にご予約いただきました方には、個別にご連絡させていただきます。
今後のスケジュールにつきましては、決まり次第こちらのページにてご案内いたします。
事業内容 ●段ボール、段ボール箱の製造・加工・販売
●ラミネート紙、クレープ紙、その他紙製品の製造・加工・販売
設立 2007年3月22日(創業1924年5月3日)
資本金 3億1,000万円
従業員数 グループ26社:2,251名
単体:334名
※2019年3月実績
売上高 連結決算対象17社:1,066億円
単体:687億円
※2019年3月実績
代表者 代表取締役社長 北村 正
事業所 ◎本社/京都市南区西九条南田町61
◎東京事務所(仮事務所)/東京都千代田区神田錦町3-15錦精社神田ビル4階
◎関西事業所(枚方工場)/大阪府枚方市招提田近2-15
◎関東事業所(横浜工場)/神奈川県横浜市戸塚区柏尾町628
◎包装紙事業部(鳥羽工場)/京都市南区上鳥羽南島田町63
◎四日市工場/三重県四日市市三ツ谷町8-5
森紙業グループ企業 グループ会社25社、国内29工場、4支店、海外1工場

・北海道森紙業(株)
・東北森紙業(株)
・仙台森紙業(株)
・常陸森紙業(株)
・群馬森紙業(株)
・長野森紙業(株)
・新潟森紙業(株)
・静岡森紙業(株)
・東海森紙業(株)
・北陸森紙業(株)
・鳥取森紙業(株)
・四国森紙業(株)
・九州森紙業(株)
・岩手森紙業(株)
・東武紙工(株) 
・足利紙業(株) 
・山梨森紙業(株)
・島根森紙業(株)
・福山森紙業(株) 
・(株)アイパックス
・トミ・ダン(株) 
・森紙販売(株)
・フジ(株)
・日本運輸(株)
・大連三井森包装有限公司
沿革 1890年1月
小間紙の製造と販売を始め、紙販売の基礎を造る。

1924年5月
森段ボール工場を創立。段ボールの製造を始める。(森紙業(株)の前身)

1936年5月
太陽紙業(株)を創設の砌、同社の京都工場となす。

1946年11月
太陽紙業(株)より同工場を再び分離し、森紙業(株)を設立。

1953年12月
大阪工場を建設。

1956年12月
傍系の伊東包装紙(株)を吸収合併して鳥羽工場となす。

1960年3月
横浜工場を建設。

1968年12月
従来の京都、大阪両工場を集約し、枚方に本社工場を建設。

1994年9月
四日市工場を建設。

1998年10月
新鳥羽工場を建設。

2005年12月
王子製紙グループ(現 王子グループ)に入る。

2007年3月
グループ事業再編を行う。

2012年1月
森紙業(株)関西事業所は日本包装容器(株)を吸収合併して高槻工場となす。
取引先 大手飲料メーカーや家電メーカー、食品メーカーなど全国に流通する商品のメーカーに供給することもあれば、商社や地域の企業、また農家など分野も多岐にわたっています。

連絡先

森紙業株式会社
〒601-8441 京都市南区西九条南田町61
採用担当/本社 総務部 岡本
TEL:075-681-2111

URL
http://www.morishigyo-gr.co.jp/
E-mail
saiyo@morishigyo-gr.co.jp
掲載開始:2020/03/01

森紙業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

森紙業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)