株式会社聖文館
セイブンカン

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

業種
教育関連
商社(教育関連)/出版
本社
兵庫

私たちはこんな事業をしています

聖文館は兵庫県内を中心に総合進学塾「若松塾」の経営等を行なっている会社です。
創業以来62年もの間、地域の子ども達と共に歩み続けて、地元では抜群の知名度を誇る学習塾へと成長しました。
近年は2歳児教室の運営やインターナショナルスクールの経営など、教育関連事業においてますます勢いを増しています!

当社の魅力はここ!!

企業理念

聖文館は、胸を張ってビジョンを語れる教育機関です。

未来(子ども達)を育てる--- 聖文館が掲げるビジョンは、決して綺麗事ではありません。どんなに有名な発明家も、元は小さな子どもでした。次の未来を担うのは、間違いなく目の前の子ども達。決して大げさなビジョンではないのです。今や60年を超えた当社の歴史は、わずか六畳一間、たった4名の女子生徒で始まりました。そして、1年後には96名の生徒を預かるまでに。その後も多くの生徒を預かり、一人ひとりを大切に育ててきたからこそ、60年以上も続く会社になりえたのです。本気で教育の質に向き合いたい、お金は後から付いてくる・・・と、聖文館は胸を張って宣言します。未来を担う、子ども達。あなたの手で育てませんか?

仕事内容

ここで教えるのは楽しい。そう思える環境が整っています。

教育の世界はこれからが面白い--- 子どもの数が減っているからこそ、一人ひとりに掛けられる時間は増え、教育の方法にもアイデアや工夫が求められるようになりました。私的な教育機関ならではの小回りの良さに、理事長の「意見に寄り添い、それを引き上げたい」という気持ちがあいまって、AI学習システム・2才児教育など、近年も様々な取り組みがボトムアップで実現しています。それは裏を返せば、あなたの発言が、目の前の子どもの人生を変えるアイデアや工夫として、現実になるかもしれないということ。だからこそ、ここで教えるのは楽しい。そう感じられるのです。

戦略・ビジョン

常に、その時代の「新しさ」を取り入れています。

まずは、やってみようじゃないか--- 机上で悩んで考えても、教育の質は高まりません。「子ども達のために」という方向性さえ合致すれば、新しいことにチャレンジします。例えば50年前、当時としては未だ珍しかったカセットテープを使って、英語教育を始めた当社。時代を経た今、英語ネイティブ教師によるインターナショナルな幼稚園の運営にも乗り出しました。“英語を学ぶ”のではなく“考え方を英語で学ぶ”という理論は、最先端の英語教育。この英語教育の要素は、一般の集団教室や個別授業にも展開されています。「子どものために」なるなら、「恐れずに」やってみる。そんな想いが、次の時代の新しさに繋がっています。

会社データ

事業内容 ◆小中学生対象総合進学塾の運営
◆高校生対象予備校「東進衛星予備校」の運営
◆小学生から高校生対象 個別指導教室の運営
◆託児教室の運営
◆グローバル人材育成事業
◆図書出版および販売
設立 昭和41年2月16日【創業:昭和32年5月6日】
資本金 1,000万円
従業員数 指導職員 常勤:133名 非常勤:2名
事務職員・専門職員 常勤:41名
特別職員(バス運転手等) 常勤:6名
アルバイト:723名(夜間事務・教師助手・チューター等)
売上高 28億2,123万円(2018年2月期実績)
代表者 代表取締役社長 井沢 伸平
事業所 神戸市・明石市・加古川市・三田市・西宮市に広く展開中!
地域に密着した教育活動を展開しています。

■集団指導
 板宿本部校、板宿第二校、名谷校
 垂水校、舞子校、学園校、西神中央校
 西神南校、伊川谷校、鈴蘭台校、西鈴校
 北鈴校、北神校、六甲道校、岡本校
 東加古川校、土山校、加古川校、大久保校

■高等部東進衛星予備校
 板宿校、西神中央校、西神南校、須磨パティオ校
 学園南校、舞子校、鈴蘭台校、北鈴蘭台校
 北神岡場校、六甲道校、三宮校、阪急岡本校
 東加古川駅前校、加古川駅前校、大久保駅前校
 南ウッディタウン駅前校、パピオスあかし校

■個別指導
 板宿教室、西神中央教室、西神南教室、舞子教室
 垂水駅前教室、舞多聞ケーズデンキ教室、鈴蘭台教室
 岡場駅前教室、東加古川教室、加古川教室、大久保教室

■インターナショナルスクール
 夙川校

■若松塾の学童保育 メバエルキッズ

■若松塾の託児教室 レインボーキッズ
沿革 1957年 中学3年生4人を預かり、長田区若松町で「若松中学生教室」を開校
1966年 「若松塾」に改称
1992年 小学部にハイクラス、中学部に準拠クラスを新設、板宿校に高等部(東進衛星予備校)開設
2007年 創立50周年、若松塾生デザインによるマスコットキャラクター「若っ太くん」誕生
2011年 第3代塾長に大広正継が就任、ジュクモン!(若松塾の問題演習教室)開講
2012年 講演の要望を受け、全国の学習塾関係者を対象とした「教育フォーラム」を開催、舞子校にレインボーキッズ(若松塾の託児教室)を併設
2014年 レインボーキッズ(若松塾の託児教室)を舞多聞へ移転
2015年 「東京インターナショナルスクール 夙川アフタースクール」を開校
2016年 「東京インターナショナルスクール 夙川キンダーガーテン」を開園、「次世代型学習教室 若松塾すらら」を個別指導大久保教室に併設
2017年 創立60周年
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)