鈴中工業株式会社スズナカコウギョウ

鈴中工業株式会社

[建設業/土木建築/設計/コンサルタント/不動産/エコ関連]
業種 建設
建設コンサルタント/建築設計/住宅/不動産
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

名古屋本社工事部土木
古村 慎(22歳)
【出身】名城大学  理工学部環境創造学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 土木現場の施工管理をする現場監督です。
河川や海岸、道路などの土木工事の施工管理をしています。現在は雨水管の布設工事に従事しています。具体的には道路が浸水しないよう、雨水を排水するための下水道管を道路に埋める作業です。施工管理は職人さんが仕事を行いやすいように作業の段取りをします。また、現場の安全管理や工程管理も現場監督の仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
一番大きな「モノづくり」の現場に立ち会える面白さ。
何もない場所に、大きな構造物が毎日少しずつ造られていく様子が見られるのはとても楽しいです。現場監督は、「最大規模のモノづくり」をトータルで体験できる仕事だと思います。責任の大きな仕事ですが、やりがいや構造物が完成した際に得られる感動は非常に大きいです。現在は勉強の日々ですが、できることが少しずつ増えていくことが実感できます。1日でも早く、先輩方のように1人でもしっかりと仕事をこなせる現場監督になりたいと思っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 会社の雰囲気と働く社員が魅力的です。
大学で勉強してきた土木の分野を生かせる仕事がしたいと思っており、「地図に残る仕事」という点に魅力を感じて施工管理に興味をもちました。そして地元で長い歴史を持つ当社を知りました。私は当社の社員の人柄にも惹かれました。私の意見や質問をしっかりと聞いてくださったり、選考の中で実際の現場を見学させてもらったりなど、一人一人と丁寧に向き合うような採用活動をしてくださったおかげで、安心して採用選考に臨むことができました。社員の方と面接や会話を重ねるうちに、「この人達と働きたい!」とい気持ちが大きくなりました。
 
これまでのキャリア 土木の現場監督(現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私が就職活動をしていた時、やりたいことは漠然としていて何から手を付ければいいのか戸惑いました。同じような人はたくさんいると思います。まずは周りの誰かに相談してみてください。友達・先輩・家族・先生など、とにかく自分の気持ちを話すこと。相手からアドバイスをもらえるかもしれません。もらえなかったとしても、気持ちを言葉にすることで頭の中が整理されたり、やりたいことが見えてくることがあります。粘り強く頑張ってください。

鈴中工業株式会社の先輩社員

入社3年目までの軌跡

蒲郡本店工事部建築
高羽 康平

砂防ダム工事の現場監督をしています。

名古屋支店工事部
山崎裕司
中部大学 工学部土木工学科

工事現場における測量作業、写真管理や安全管理など

工事部土木
伊佐治 拓也
愛知工業大学 都市環境学科 土木工学部

建築現場の管理をする現場監督です。

蒲郡本店工事部
尾崎勇太
愛知工業専門学校 建築デザイン研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる