鈴中工業株式会社スズナカコウギョウ

鈴中工業株式会社

[建設業/土木建築/設計/コンサルタント/不動産/エコ関連]
業種 建設
建設コンサルタント/建築設計/住宅/不動産
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

名古屋支店工事部
山崎裕司(42歳)
【出身】中部大学  工学部土木工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 砂防ダム工事の現場監督をしています。
土木工事の現場監督です。主に、渓流などに設置される土砂災害防止のための設備である砂防ダムの工事を担当。工事に携わる作業員の安全管理、工事の進捗の管理、クライアント様への対応を行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「合格!」の声で、それまでの苦労が報われるんです。
入社以来、砂防ダムの建設に携わっています。川を切り替え、コンクリートで固めて建築する工事には、1年半ほどの時間がかかるんです。冬場は土中の水分が凍って硬くなり、掘り進めるのに手間取ることもしばしば。発破を仕掛けたり、24時間体制で掘り進めたり、苦労も結構あります。ダムが完成すると、発注元であるクライアント様立会いのもと検査が行われるんです。検査前は提出書類の準備に大忙し。書類のチェックや工事の様子を収めた何百枚もの写真の整理のため、夜遅くまで作業に取り組みます。だからこそ、検査が済んだ後の「合格です」の声を聞くと本当にホッとしますし、その瞬間に、それまでの苦労のすべてが吹き飛ぶんです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 確かな実績と力のある企業であるところに惹かれたから。
大学での専攻を活かせる土木・建築業界を目指して就職活動を進めていました。当社を選んだきっかけは、大学の先生からの紹介です。先生から「県内でも力のある企業である」とうかがいました。当社の創業は、1910年(明治43年)。創業以来、たくさんの公共工事や建築・土木工事に尽力してきた実績があります。そして、工事を発注してくださるクライアント様から寄せられる厚い信頼と、建築を通じて社会資本の創生に携われるという仕事の重みに惹かれ「ぜひここで働きたい」と思ったのです。約100年の歴史ある会社でありながら、堅苦しい雰囲気はなく、非常にアットホームな社風。社員同士も仲がよく、居心地のいい職場環境も当社の魅力です。
 
これまでのキャリア 土木工事の現場監督(現職・今年で19年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動の目的は、一生をかけて取り組む仕事を見つけること。結果に一喜一憂するのではなく、客観的な視点を持って「この仕事でいいか」「どの企業が自分に合っているのか」ということを、じっくりと吟味しましょう。実際に会社を訪問したり、大学の先生や先輩、家族、友人などからのアドバイスを参考にしたりして、自分にとってベストな会社を見つけてください。粘り強く、どっしり構えて就職活動を続けてくださいね。

鈴中工業株式会社の先輩社員

入社3年目までの軌跡

蒲郡本店工事部建築
高羽 康平

工事現場における測量作業、写真管理や安全管理など

工事部土木
伊佐治 拓也
愛知工業大学 都市環境学科 土木工学部

土木現場の施工管理をする現場監督です。

名古屋本社工事部土木
古村 慎
名城大学 理工学部環境創造学科

建築現場の管理をする現場監督です。

蒲郡本店工事部
尾崎勇太
愛知工業専門学校 建築デザイン研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる