輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社ユシュツニュウ・コウワンカンレンジョウホウショリセンター

輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社

Nippon Automated Cargo And Port Consolidated System, Inc.
業種 公社・官庁
情報処理/航空/海運/倉庫
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

経営戦略企画部 国際課
2010年入社
【出身】総合人間科学部 社会学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 海外システムとの連携の企画、立案/海外でのNACCS型システムの導入支援
現在はNACCSの海外連携に関する調査や海外からNACCS型システムを学びに来た方向けの研修対応等を行っています。
昨年まではミャンマーへのNACCS型システム導入のプロジェクトを担当していました。
国際課は定型業務がなく、いつも新しいプロジェクトや業務を行っているので、新鮮に感じます。
一方、マニュアル等も存在しないため、自分で調べて行動をしたり、社内外で交渉し進めなければならない業務が多いことが、苦労している点です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
さまざまな仕事文化を体験できる
アジア11地域の通関システムを運営する会社が、年に2回アジアの各地で集まるPAA会合というものがあります。
初めて参加したのは入社1年目の日本開催の時でした。PAA会合のつながりを利用して、他のプロジェクトでも協働したり、海外出張の際にお互いの会社を訪問したりする機会もあり、担当者によっては9年を超えるつきあいで、プライベートでもSNSで連絡を取りあうようになりました。それぞれの国の違いや、会社の文化についてざっくばらんに話し合う、大変貴重な経験を得ています。
また、海外と仕事をしていると日本では経験しないようなトラブルが起こることも多々ありますが、お互いの文化をよく知った上で丁寧にコミュニケーションをとり、業務が無事に完了するときには達成感を感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 公共性の高いシステムと働きやすい環境
自分が自信をもって薦められるもの、サービスを扱う会社で働きたいと思ってこの会社を選びました。
また、長く働き続けられる環境かというのも重視していましたが、この会社は休みが取りやすく、結婚・出産後も働いている女性が多いため、決めてよかったと思っています。
 
これまでのキャリア カスタマーサービス課(1年)
→ 企画部国際課(3年)
→ システム部(2年)
→ 経営戦略企画部国際課(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 調査・マーケティング
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

仕事に何を求めるか、何をストレスに感じるかは人それぞれなので、あまり周りと比較せず、自分に合う会社を選んでほしいと思います。
変化の多さを楽しむ人、ストレスに感じる人、心血を注ぎ仕事に熱中したい人、プライベートも楽しみたい人、様々ですが、自分と同じような価値観の先輩社員がいる会社は、自分にとっても働きやすい環境だと思います。ぜひ積極的に先輩社員や採用担当に質問し、応募する会社をよく知ってください。

輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社の先輩社員

NACCSを利用するお客様へからの問合せ対応、セミナーの開催等

ソリューション事業推進部お客様サポート課
2010年入社
経営情報学部

お客様への請求業務

経理部経理第1課
2012年入社
社会学部 社会学科

基幹システム、社内システムの運用・管理

システム企画部システム運用課
2012年入社
経済学部 現代ビジネス学科

新しく開発する予定のシステムや現在稼働しているシステムに関する調整

システム企画部システム企画第3課
2013年入社
学芸学部 国際関係学科

システム導入促進営業や導入後のお客様サポート

ソリューション事業推進部 東海事務所
2013年入社

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる