輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社ユシュツニュウ・コウワンカンレンジョウホウショリセンター

輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社

Nippon Automated Cargo And Port Consolidated System, Inc.
業種 公社・官庁
情報処理/航空/海運/倉庫
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

経理部経理第1課
2012年入社
【出身】社会学部 社会学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 お客様への請求業務
NACCSは日本の輸出入を支えているシステムであり、多くのお客様が使われています。 私はその利用料金を請求し、その後の問い合わせ対応や、入金処理を行っています。効率よく正確な業務が求められるため、それを意識しながら、日々業務を行っています。また、問い合わせ対応はお客様にとって会社の顔となるので丁寧な対応を心掛けています。お客様が抱えている疑問に対して答えることで、お客様の疑問が解けたときは喜びを感じます。請求業務は会社の重要な売上を担っており、その面でNACCSを支えていると思っているので日々やりがいを感じながら仕事を行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
日々の課題をクリアしていくこと
「これが一番嬉しかった」という特定の成果ではないですが、請求業務は請求して終わりではなく、その後の入金処理や債権の管理などやるべき仕事が多く正確性が求められるので、日々の課題を一つ一つクリアしていくことで達成感を感じます。また、経理の仕事について、自分が担当したことがないものについてはまだまだ分かっていないことも多いので、周りの方の助言をもらいながら知識が増えていくことがうれしく思います。
経理の業務は個人で行うイメージを持つ方もいるかもしれませんが、経理内の仕事は周囲との連携が重要であり、協力することで他のメンバーと達成感を共有できることも魅力だと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 事業内容及び雰囲気が魅力的だった。
私は、社会貢献度が高い事業をしているという観点で会社を選んで就職活動をしていました。会社を探している中で、この会社は日本の貿易を支えるNACCSを運営しており、自分の会社を選ぶ観点と合致していたため注目しました。
この会社を選んだポイントは、事業内容に加えて、説明会や面接の中で雰囲気が自分に合っているように感じた事です。他にも複数の会社の選考に参加していましたが、今の会社の雰囲気の中で自分が働くイメージを持つことができたので、雰囲気が自分に合っているというポイントが決め手になりました。
 
これまでのキャリア システム部システム運用課(2年)
→ 経理部経理第1課(2年)
→ ソリューション事業推進部利用契約事務課(1年)
→ 経理部経理第1課(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 財務・会計・経理
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は大変だと思いますが、後悔の無いように自分の納得できるまでやってください。そうすれば、就職後も頑張れると思います。また、本音で話せる友人等は大事にしてください。辛い時にとても助けになると思います。

輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社の先輩社員

海外システムとの連携の企画、立案/海外でのNACCS型システムの導入支援

経営戦略企画部 国際課
2010年入社
総合人間科学部 社会学科

NACCSを利用するお客様へからの問合せ対応、セミナーの開催等

ソリューション事業推進部お客様サポート課
2010年入社
経営情報学部

基幹システム、社内システムの運用・管理

システム企画部システム運用課
2012年入社
経済学部 現代ビジネス学科

新しく開発する予定のシステムや現在稼働しているシステムに関する調整

システム企画部システム企画第3課
2013年入社
学芸学部 国際関係学科

システム導入促進営業や導入後のお客様サポート

ソリューション事業推進部 東海事務所
2013年入社

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる