社会福祉法人 よつ葉の会
ヨツバノカイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 正社員
業種
福祉・介護
食品
本社
愛知
残り採用予定数
9名(更新日:2020/08/11)

私たちはこんな事業をしています

【秋採用開始】
平成13年のよつ葉の家開所以来、知的障がいを持っている方々が個人の尊厳を保ちつつ地域社会で暮らしていけるよう、多様な事業を展開。
保育園(現こども園)、特養も開所しました。
障害者福祉・児童福祉・高齢者福祉と各々の専門性を発揮しながらも一貫した福祉体制で事業を行っています。

保護者が集まり、つくった作業所から始まった私達。幸せな暮らしを願う親の気持ちは、今も受け継がれています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

『共に生きる』 そのための様々な挑戦を続けています。

当法人では、障害者支援施設やグループホーム、作業所以外にも一般の方もご利用頂けるレストラン等を運営。パンやスイーツ作りから接客まで、知的障がいを持つ利用者様が支援員と一緒に行っています。「にっぽんど真ん中祭り」への参加は昨年で10回目。毎年行う「よつ葉まつり」は地域の方も楽しみにされている一大イベントとなりました。施設の中に閉じこもるだけではなく、広く社会と接点を持ち、人々と共に過ごす機会を増やしているのは、障がい者に対する社会全体の理解をより深めたいから。「知的障がい者のイメージが変わった」という声も頂くようになりました。こうした声を広げ『共に生きる』社会をつくる、それも私達の仕事なのです。

魅力的な人材

【入社理由】法人の理念と職場の雰囲気が決め手になりました。

私がよつ葉の会を選んだ一番の理由は、「地域の中で開けている施設」であった事。知的障がいの方も一般の人々と同じ生活が送れる環境を提供したいという施設の理念にも惹かれました。実際に説明会に参加した時も、職員の方がとても丁寧に接してくださったり、利用者の方にもきっと喜ばれていると感じ、ここで仕事をしたいと強く感じました。入職後も周りの先輩に助けられての毎日です。苦労を感じる事もありますが、「他の職員のいい所を吸収して、自分のスタイルを見つけていけばいい」と先輩からアドバイスを頂きながら成長を感じています。今後も多くの仲間がよつ葉の会に加わっていく事を楽しみにしています。(渡辺さん)

仕事内容

【仕事の楽しみ】何気ない会話で利用者様と笑いあえること

私は瀬古の家の短期入所で働いています。仕事の内容は、食事、排泄、入浴等の日常生活での介助、入退所の受け入れ、余暇支援等です。短期入所は日々利用者様の入れ替わりがあるため大変なこともありますが、色々な方と関わることができるという魅力があります。私自身人と関わることが好きなため、日々の何気ない会話をしながら利用者様と笑いあえることが仕事の楽しみに繋がっています。また、介助をする上で利用者様から「ありがとう。」や「またここに来たい。」という声が聞こえた時や、ご家族様のレスパイトとして利用されることも多いため、「ゆっくりできました。」と言われた時は、この仕事をしていてよかったなと思います。(臼井さん)

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

支援員は文字通り、様々な場面で利用者の方を支援するのが仕事。
「できないことを代わりにやってあげる」のではなく、まず利用者様の「こうしたい」という意思に耳を傾け、
それを実現するために共に考え行動するのが支援員の役割です。
支援する人・される人という関係ではなく、目指すのは共に対等な「共働のパートナー」。
その方がどんな方で何を望んでいるか、理解するのが最も重要な仕事です。

会社データ

【新型コロナウイルス感染症への対応】 私たちのような入居施設を持つ社会福祉法人は、365日24時間稼働しています。学生の皆様の就職時期も迫ってきます。そのため、来年度に向けて採用活動を継続してまります。学生の皆様は、体調や状況を確認の上で参加不参加をご判断ください。

見学説明会では人数制限、換気、マスク着用、アルコール消毒で感染防止に努めます。

利用者様や皆様の安全を第一に考え開催します。何卒、ご理解とご協力をお願いします。
事業所/事業内容 【障害者福祉事業】
●よつ葉の家…施設入所支援、生活介護、短期入所
「よつ葉レストラン」・喫茶「クローバ」で販売するパンやケーキ、クッキー、ゼリー作りのほか、地域の方と一緒に盛り上がる「よつ葉まつり」を開催する、よつ葉の会の中核施設です。
●鳥見作業所…生活介護
焼きたてのパンやクッキー、ケーキなどの製造・販売を通じた地域の方々との交流活動のほか、誰もがしあわせになれる、「しあわせ弁当」を心をこめて製造・販売しています。
●よつ葉作業所…生活介護
「よつ葉レストラン」はこちらで営業。販売・接客も利用者の方と一緒に行っています。ここで販売するパンやケーキは、もちろん自家製。
●ケアセンターよつ葉…障がい者/居宅介護、行動援護、移動支援、重度訪門介護
一般の方を対象とした、ガイドヘルパー養成講座も開講。誰もが自分の愛する街で普通に暮らせる社会づくりに貢献しています。
●よつ葉グループホーム(笹塚グループホーム、笠取グループホーム、上堀越グループホーム)…共同生活援助
【保育関連事業】
●よつ葉こども園…0歳児から就学前までの保育を行っています。
【介護保険事業】
●ケアセンター幸心…高齢者/訪問介護、介護予防訪問介護、予防専門型訪問サービス、生活支援型訪問サービス
●特別養護老人ホーム瀬古の家…ユニット型特別養護老人ホーム、短期入所生活介護
設立 平成13年11月
資本金 社会福祉法人のため、資本金はありません
売上高 16億8,817万円(2018年度実績)
従業員数 334名(令和2年4月現在)
基本理念 輝ける未来のために、一人ひとりの役割を果たそう。
基本方針 1.よつ葉の会の事業は、社会のすべての人々の幸せを願って実施する。職員は、自分の仕事に誇りを持ち、胸を張り、自信を持って上質な福祉サービスを提供する。
2.よつ葉の会は、幼児から高齢者に至るまで、人間の一生涯の生活を一貫した福祉体制の中で支えるため、児童福祉、障害者福祉、高齢者福祉等の事業を推進する。又、各々の基準を考慮し、その事業に最適な経営、事業計画に基き、運営する。尚、職員は保育、障害、介護等、専門性を主として配置するが、必要な場合には、職種を超えての異動、兼務を検討し、一体的経営を行う。
3.法人の全事業所の利用者、保護者、職員が参加できる行事を年に数回企画し、法人の関係者が相互に親しく交流できる機会を作る。職種の違いはあっても、よつ葉の会は一体であるという認識を持ち、事業所間の協力体制を強化する。
4.職員の採用に関しては、有資格者が中心となるが、その他人種、国籍、学籍に関係なく、広い分野からの人材を受け入れ、研修体制を整備して、優秀な人材の育成に努める。
5.地域社会の一員として、各事業所が近隣の町内会に入会し、町内行事、清掃活動、避難訓練等に地域住民に協力して積極的に参加する。
6.福祉避難所として指定を受けているよつ葉の家、よつ葉こども園は、その任務を遂行できる様、防犯、防災訓練や研修を実施すると共に防災備品の整備をする。
目的 よつ葉の会は、地域貢献、社会貢献を目的として事業を行う。
沿革 ●昭和59年 4月
知的障害者の保護者が、無認可施設ちくさ小規模作業所を開設し、療育、作業等を行う。
●平成 2年 3月
若水授産所へ移行するためちくさ小規模作業所閉所。
●平成 3年 4月
保護者が任意団体わかば会を発足させ、知的障害者の将来の諸問題について研修を行う。
●平成 5年 4月
わかば会を解散して、明るく家庭的な、知的障害者入所更生施設の建設を目的とする任意団体よつ葉の会を発足させ、社会福祉法人を設立する意思を固める。毎月例会を開催して、更生施設に関する学習や施設見学等を重ねる一方で、父親の会を開き施設建設のための資金の準備を開始する。
●平成11年 1月
名古屋市より施設整備用地の貸付承認される。
●平成11年11月
社会福祉法人よつ葉の会設立。
●平成13年 4月
知的障害者入所更生施設よつ葉の家開所(定員50名)。短期入所事業(ショートステイ)を併設(定員6名)。
●平成15年11月
笹塚グループホーム(笹塚ホーム1号、笹塚ホーム2号)開所。笹塚小規模作業所開所。
●平成17年 5月
居宅介護事業所(ケアセンターよつ葉)開設。
●平成17年12月
新福寺ホーム開所。
●平成18年10月
グループホーム(笹塚ホーム1号、笹塚ホーム2号、新福寺ホーム)をよつ葉ケアホームに移行。
相談支援事業(新福寺町相談支援センター)開始。
●平成19年 4月
鳥見作業所開所。
●平成21年 3月
新福寺ホーム閉所。
●平成21年 4月
よつ葉ケアホーム(上堀越ホーム1号、上堀越ホーム2号、上堀越ホーム3号)開所。よつ葉ケアホームは笹塚ホーム1号、笹塚ホーム2号と合わせて定員30名となる。よつ葉の家が新法に移行、障害者支援施設よつ葉の家(定員50名)となり、日中活動の場である生活介護よつ葉の家(定員60名)開設。
●平成22年 4月
よつ葉作業所を開所。 鳥見町相談支援センター 相談支援事業開始。
●平成24年 9月
よつ葉保育園を開所。
●平成25年 6月
よつ葉作業所移転拡大(『よつ葉レストラン』併設)笠取ケアホーム開所。障害者支援施設よつ葉の家定員40名、短期入所事業定員15名とする。
●平成26年4月
西区障害者基幹相談支援センターよつ葉開始。各ケアホーム(笹塚ケアホーム、上堀越ケアホーム、笠取ケアホーム)をグループホームに移行。
●平成27年4月
よつ葉保育園、新制度へ移行。よつ葉こども園とする。
●平成28年4月
よつ葉こども園、一時預かり事業開始。
●平成28年6月
ケアセンターよつ葉幸心開設。
●平成29年8月
特別養護老人ホーム瀬古の家開所。
●平成31年3月
よつ葉ケアマネジメント事業所(居宅介護支援事業所)開所。
●令和2年3月
鳥見町相談支援センターを閉所。(新福寺町相談支援センターと統合)
●令和2年4月
特別養護老人ホーム瀬古の家、共生型短期入所事業を開始。
よつ葉こども園、名古屋市地域子育て支援拠点事業を開始。
ケアセンターよつ葉、居宅介護職員初任者研修等事業を開始。
代表者 理事長 北村 榮章

連絡先

社会福祉法人よつ葉の会
〒451-0083 名古屋市西区新福寺町2-6-2
TEL:052-528-1080
担当:小野寺・干場
※応募・お問合せ受付時間は平日9:00~17:00です。
掲載開始:2020/03/01

社会福祉法人 よつ葉の会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人 よつ葉の会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)