株式会社中部綜合コンサルタントチュウブソウゴウコンサルタント

株式会社中部綜合コンサルタント

総合建設コンサルタント
業種 建設コンサルタント
コンサルタント・専門コンサルタント/建築設計/水道/公社・官庁
本社 静岡

先輩社員にインタビュー

上下水道部
F.S.
【出身】前橋工科大学  工学部社会環境工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 水道管の更新設計業務。
現在は、古くなった水道管を新しい物に取り換える、水道管の更新設計業務を行っています。道路の下には水道管だけではなく、下水道管やガス管等と、様々な地下埋設物があるため、それらに影響を与えないように水道管の埋設位置を決める必要があります。設計業務は、基本的にデスクワークが中心となりますが、設計の前段階として、実際に現地に行って、地下埋設物や既設構造物を図面に反映させる必要があるため、現地調査も設計を行う上で重要な業務となります。設計業務の面白い点としては、設計だけでは無く、施工計画も考える必要があるため、設計と施工の両面から業務に携われることに面白さを感じています。特に、自分が考えた設計図面を基に工事が行われることに対してやりがいが感じられます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
浄水池の耐震補強設計業務を担当したこと。
入社1年目に浄水池の耐震補強設計業務を担当し、やり遂げることが出来たことです。担当した浄水池は磐田市の水道の大部分を賄っており、住民の生活に直結している施設でした。規模が大きく、住民の生活に影響を与える設計業務に対して不安もありましたが、先輩方に教えてもらいながら、業務を進めることが出来ました。業務をやり遂げた時は、やりきったという達成感と共に、自分の成長が感じられました。現在、私が設計を担当した浄水池の耐震補強工事が始まっており、工事が竣工を迎えたら、是非とも出来上がった施設を見たいと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地域住民の方に貢献でき、自分の考えた設計図面が工事に反映されること。
私は学生時代からものづくりに興味があり、大学では土木を中心に学んでいました。学んでいくにつれて、ものづくりをするなら間近で関わりたいという気持ちが強くなり、前職は施工管理会社に入社しました。仕事をするにつれ、なんでこの材料を使うのか、なんでこの大きさの構造物を造るのかという疑問が湧いてきて、設計に携わることができる会社への転職を決めました。転職活動をしていく中で、建設コンサルタントというものづくりの設計業務を行う会社があることを知りました。自分が直接工事を行うことはないものの、ものづくりの根本から携わることができ、自分が設計した構造物ができあがる面白さに興味を惹かれたため、地元である当社への入社を決めました。
 
これまでのキャリア 前職:施工管理会社(2年間)→当社へ転職:上下水道部(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

業界研究はしっかりやった方がいいと思います。私が就職活動をしていた時は、ゼネコンとコンサルタントの違いがなんとなくでしか分かっていない部分があったりして、会社説明会で話を聞くと、思っていたのと違うと感じることがありました。入社してから違いに気づいても、手遅れになってしまうことがありますので、業種の定義や意味、志望している会社の業務は念入りに調べたほうがいいです。自分がやりたいことと合致している会社に入れるよう、就職活動頑張って下さい。

株式会社中部綜合コンサルタントの先輩社員

土木設計技術者(上下水道)

上下水道部
N.M.
茨城大学 工学部 都市システム工学科

官公庁への営業活動や入札に関わる業務など

営業部
T.W.
愛知学院大学 経営学部 経営学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる