株式会社カプコン
カプコン
2021
  • 株式公開
業種
ゲーム・アミューズメント機器
ゲームソフト/レジャー・アミューズメント・パチンコ/通信/インターネット関連
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

1.家庭用ゲームソフトの企画・開発・販売
2.PCオンラインゲームの企画・開発・運営
3.モバイル端末向けゲームの企画・開発・配信
4.アミューズメント施設の運営
5.遊技機向け筐体および液晶表示基板、ソフトウェアの開発・製造・販売
6.業務用ゲーム機器の開発・製造・販売
7.出版事業および音楽CD・キャラクターグッズなどを展開するライセンス事業

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

世界有数のゲーム開発力を基盤に、コンテンツの多面展開を加速

当社は、家庭用ゲームソフトの開発を中核事業として、これまで「モンスターハンター」や「バイオハザード」など世界で通用する多数のヒットタイトルを世に送り出してきました。近年では一層の企業成長を図るため、PCオンラインやスマートフォン、ソーシャルネットワーク向けゲームの開発にも経営資源を集中するオンライン成長戦略を推進しており、早くも成功を収めています。一方、当社の保有する人気コンテンツを、キャラクター商品、映画・アニメーション、モバイルコンテンツ、アーケード機器などの幅広い事業に多面展開する「ワンコンテンツ・マルチユース戦略」により、エンターテインメント市場において今後も更なる発展を目指します。

技術力・開発力

「遊文化」をクリエイトするための最新鋭の開発体制を確立

当社の競争力の源泉は、その卓越したゲーム開発力にあります。「バイオハザード」「ストリートファイター」といった有名タイトルから、「デビルメイクライ」「逆転裁判」「モンスターハンター」「戦国BASARA」など近年人気のタイトル、また世界各地でのゲームショーにおける多数の受賞履歴等、その実例には事欠きません。さらに次世代機開発に向けて、Xbox One・PS4・PC向けの開発工程とデータベースを共通化する開発環境を自社研究部門で制作し、世界最先端の開発体制を整えました。現在の市場動向を見据え、開発人員の拡充を進め、多くのユーザー層に満足を提供できるよう、技術力の維持・向上に日々努めております。

社風・風土

社員のやる気を引き出す自由闊達な社風

当社のマネジメント層が比較的若い陣容で構成されていることもあり、若手社員が積極的に登用され第一線で活躍できる企業風土が根付いています。また今後の厳しいグローバルな競争環境の中で勝ち抜いていくために、社員には国内に留まらず、積極的に海外拠点とコミュニケーションを図ることにより、多彩な事業で力を発揮できるような環境作りに努めています。また、定期的に実施しているお誕生日会は、会長が社員との直接コミュニケーションを行う良い機会となっており、忌憚の無いフィードバックを組織の改善につなげています。

会社データ

事業内容 1.家庭用ゲームソフトの企画・開発・販売
2.PCオンラインゲームの企画・開発・運営
3.モバイル端末向けゲームの企画・開発・配信
4.アミューズメント施設の運営
5.遊技機向け筐体および液晶表示基板、ソフトウェアの開発・製造・販売
6.業務用ゲーム機器の開発・製造・販売
7.出版事業および音楽CD・キャラクターグッズなどを展開するライセンス事業
設立 1979年(昭和54年)5月30日
資本金 332億39百万円(2018年3月31日現在)
株式 東証一部上場
従業員数 連結 2,952名
単体 2,426名
(2018年3月31日現在)
売上高 売上高 945億15百万円 (2018年3月期 実績)
事業所 本社ビル/大阪市中央区内平野町三丁目1番3号
研究開発ビル/大阪市中央区内平野町三丁目2番8号
研究開発第2ビル/大阪市中央区内平野町三丁目1番10号
東京支店/東京都新宿区西新宿二丁目1番1号 新宿三井ビル
上野事業所/三重県伊賀市治田3902番地
業績 決算期(連結)  売上高     営業利益
2014年3月    1,022億          102億9,900万
2015年4月   642億7,700万 105億8,200万
2016年3月   770億2,100万 120億2,900万
2017年3月   871億7,000万  136億5,000万
2018年3月   945億1,500万 160億3,700万
                          (単位:円)
関連会社 ●(株)ケーツー
●(株)エンターライズ
●(株)カプコン管財サービス
●カプコンU.S.A., INC.
●カプコン アジアCO., LTD.
●CE・ヨーロッパLTD.
●カプコン・エンタテイメント・ドイツGmbH
●ビーライン・インタラクティブ, INC.
●ビーライン・インタラクティブ・カナダ, INC.
●カプコン・エンタテイメント・コリアCO., LTD.
●カプコン・エンタテイメント・フランス SAS
●ビーライン・インタラクティブ・ヨーロッパLTD.
●カプコン台湾CO., LTD.
代表者 代表取締役社長 COO    辻本 春弘
役員 代表取締役会長 (CEO)    辻本 憲三
取締役専務執行役員(CFO) 野村 謙吉
取締役専務執行役員      江川 陽一
取締役専務執行役員      根尾 邦男
取締役(社外)           佐藤 正夫/村中 徹/水越 豊
取締役(常勤監査等委員)     平尾 一氏/岩崎 吉彦
取締役(監査等委員)      松尾 眞
主力ラインナップ 「ロックマン」シリーズ
「ストリートファイター」シリーズ
「バイオハザード」シリーズ
「モンスターハンター」シリーズ
「ロスト プラネット」シリーズ
「戦国BASARA」シリーズ
「デッドライジング」シリーズ
「デビル メイ クライ」シリーズ 
「逆転裁判」シリーズ
「ドラゴンズドグマ」シリーズ                                
沿革 1979年 5月 電子応用ゲーム機器の開発および販売を目的として、大阪府松原市に
        アイ・アール・エム株式会社(資本金1,000万円)を設立
1981年 9月 サンビ株式会社に商号を変更し、本店を大阪府羽曳野市に移転
1983年 6月 販売部門を担当する会社として、大阪市平野区に(旧)株式会社カプコン
        (資本金1,000万円)を設立
1983年 7月 開発第1号機(メダルゲーム機)「リトルリーグ」製造、販売
1983年 10月 東京都新宿区に東京支店設置
1984年 5月 業務用テレビゲーム第1弾「バルガス」開発、販売
1985年 8月 米国における当社製品の販売を目的として、カリフォルニア州に
                 カプコンU.S.A.,INC.を設立
1990年10月 株式を社団法人日本証券業協会へ店頭銘柄として登録
1991年 3月 業務用テレビゲーム「ストリートファイターII」発売ストIIブームを巻き起こす
1993年 7月 中国および東南アジアにおける当社製品の販売を目的として、香港に
         カプコン アジアCO., LTD.を設立
1994年 5月 上野事業所(三重県上野市)竣工
1994年 7月 本社ビル竣工。本店を大阪市中央区内平野町に移転
1995年 6月 米米国における当社製品の販売拡大を目的として、カプコン U.S.A., INC.を
         持株会社としたカプコン・エンタテイメント, INC. およびカプコン・デジタル・スタジオ,
         INC.(2003年5月カプコン・スタジオ8, INC.に社名変更)を設立
1996年 3月 プレイステーション用ソフト「バイオハザード」の記録的なロングセラーで
        サバイバルホラージャンルを確立
1999年 7月 プレイステーション用ソフト「ディノクライシス」発売、大ヒットを放つ
1999年 9月 大阪証券取引所市場第一部に指定替え
2000年10月 東京証券取引所市場第一部に上場
2001年 1月 プレイステーション2用ソフト「鬼武者」を発売
        プレイステーション2用ソフトとして、初の国内100万本販売を達成
2001年 8月 プレイステーション2用ソフト「デビル メイ クライ」を発売、大ヒットに
2002年11月 英国ロンドンにCE・ヨーロッパ LTD.を設立
2005年 3月 劇場版アニメ「ロックマンエグゼ」が公開
2006年 6月 海外における携帯電話向けコンテンツの開発・配信を目的として、米国に
         カプコン・インタラクティブ, INC. を設立し、さらにカプコン・インタラクティブ, INC. が、
         カプコン・インタラクティブ・カナダ, INC.( 旧コズミック・インフィニティー, INC. )の
         全株式を取得し、100%子会社とする
2007年11月 ハリウッド映画『バイオハザード3』公開。全世界で1億4,700万米ドルの興行収入
         を突破
2008年 7月 フランスにカプコンエンタテイメントフランスSAS (CE・ヨーロッパLTD.が株式を
         100%取得) を設立
2009年 2月 宝塚歌劇団による舞台『逆転裁判―蘇る真実―』を公演。
2009年 10月 「戦国BASARA」より、伊達政宗が宮城県知事選の選挙啓発キャラクターに
         起用される
2010年 4月 カプコン初のiPad対応タイトル『バイオハザード4 iPad edition』を配信。
2010年 8月 カプコン初のソーシャルゲーム『モンハン日記 モバイルアイルー村』を
        株式会社ディー・エヌ・エー「モバゲータウン」向けに配信
2010年 10月 iPhone用ソーシャルゲーム「スマーフ・ビレッジ」を配信開始
         世界62ヵ国でダウンロード数No.1を記録
2010年 12月 PSP用ソフト「モンスターハンターポータブル 3rd」を発売
         PSP市場最速で400万本の販売を達成
2011年 4月 カプコン・インタラクティブ, INC.をビーライン・インタラクティブ, INC.に商号変更し、
         さらに携帯電話向けコンテンツの開発および配信を目的として、 株式会社
         ビーライン・インタラクティブ・ジャパンを設立
沿革(2012年~) 2012年 3月  英国にビーライン・インタラクティブ・ヨーロッパLTD.を設立。
2012年 5月  家庭用ゲームソフト『ドラゴンズドグマ』を発売
                  完全新作ブランドとしては、異例の100万本を突破
2012年 9月  タイにビーライン・インタラクティブ・タイCO.,LTD.を設立
2012年 10月  台湾にカプコン台湾CO.,LTD.を設立
2013年12月  『モンスターハンター4』を発売。再び「モンハン現象」を巻き起こし、400万本を突破
2014年 1月  Xbox One用ソフト 『デッドライジング3』を発売。カプコンの同ハード向けソフト第1弾
         にして100万本を突破
2014年 2月  『戦国BASARA』より、真田幸村、前田慶次、黒田官兵衛が近畿3府県警察
        (大阪府、京都府、兵庫県)の車上ねらい被害防止イメージキャラクターに
         採用される
2015年3月   山梨県甲府市と『戦国BASARA』のキャラクターを活用を通じて『地域活性化に関す         る包括協定』を締結
2015年4月   『モンスターハンター4G』がシリーズ初の海外100万本を出荷し、累計300万本を突          破
2015年7月  埼玉県立歴史と民俗の博物館にて『戦国BASARA』と県立博物館との史上初のコラ         ボレーションによる特別展を開催
2015年11月 初の直営キャラクターカフェ『カプコンカフェ』がオープン
2016年1月   大阪市に新たに研究開発第2ビル竣工
2016年4月   モバイル事業の組織を刷新し、株式会社ビーライン・インタラクティブ・ジャパンを株         式会社カプコン・モバイルに商号変更
         テレビアニメ『逆転裁判~その「真実」、異議あり!~」が放映開始
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)