明石屋株式会社アカシヤ

明石屋株式会社

「食」の専門商社/食品原料資材/営農米穀
業種 商社(食料品)
商社(総合)/商社(化学製品)
本社 島根

先輩社員にインタビュー

第二営業部 営農米穀課
桐村 史悠(25歳)
【出身】島根大学大学院  生物資源科学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 玄米の買取、農業資材の販売、精米の販売
営農米穀課に所属し、玄米の買取・農業資材の販売は安来地区、精米の販売は米子・境港地区を担当しています。
日々生産者の方々を訪問し、出荷の交渉や集荷の段取り、農薬・肥料の販売交渉、また飲食店等に自社で精米した米の販売で訪問しています。
特に秋時期は玄米の集荷作業で忙しく、日々慌ただしく過ぎ去っていきますが、自分の手で集荷した玄米が倉庫一杯に積まれている光景を見たときの達成感を得られるのは明石屋ならではだと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
1年目からエリアを任せてもらった事
安来地区の玄米買取・農業資材販売は元々数年先輩社員が担当されていましたが、私が入社し引き継ぐことになりました。
入社後すぐの引き継ぎだったため、正直不安はありましたが、丁寧に指導・営業同行していただき、秋の繁忙期にはほぼ1人で営業に回れるようになりました。
このように1年目から大きなエリアを任せていただき、日々濃い経験ができる事が、やりがいに繋がっているのだと感じます。
安来地区は既存の生産者様と関わる機会が多く、集荷まで何度もお話しさせていただくのですが、特に集荷に伺った際の「今年も集荷してくれてありがとう。助かるよ。」といった一言や、「来年も是非よろしくね。」という一言を直接言われる時が嬉しい瞬間です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 水稲生産者様の所得向上に貢献できる
年々衰退していく農業分野に対して、何か力になりたいと思い就職活動をしていました。
就職活動を進めていく中で偶然参加した明石屋の単独説明会で、「玄米の高価買取と農業資材の安値販売で生産者様の所得向上に貢献する!」という社長の熱い思いと、常に新しいことに挑戦する姿勢にとても魅力を感じ、この会社に入れば自身の持つ思いを生産者様の近くで実現できると確信したことが明石屋を選んだ理由です。
実際に明石屋に入り、年々増える集荷量と精米を捌ききる営業力を目の当たりにして、農業分野の力になるだけでなく、会社が成長していく中で自身の成長も見込めるなと肌で感じています。
 
これまでのキャリア 営農米穀課(1年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社に入り自身が何をしたいのか、将来どのようになりたいのか等をしっかり自分の言葉で伝えることが大切だと思います。
気になる企業があれば積極的に話に行き、企業側のビジョンや事業内容と自身の思いが合うようなら、さらに自分自身をアピールしてみてください。
そうしてご縁があって入社した企業なら、いつまでも熱意を持って働き続けることができると思います。

明石屋株式会社の先輩社員

食品工場への食品原料・包装資材・衛生消耗品の営業

食品原料資材課
藤原 勇貴
阪南大学 流通学部 流通学科

玄米買取・農業資材の販売・精米の販売

営農米穀課
嶋田 直人
島根大学 生物資源科学部  生物科学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる