株式会社サカタのタネ
サカタノタネ
2021
  • 株式公開
業種
農林
食品/商社(食料品)/その他商社/その他製造
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

サカタのタネは開発した品種を世界中の採種場で生産し、徹底した品質管理体制のもと、主な取引先である種苗店を通じて農家へ提供しています。
こうした当社の活動は国内に留まることなく、海外19ヵ国の拠点において、地域の特性を生かした幅広い事業を展開しています。その他、一般消費者向けに通信販売事業、ガーデンセンター事業なども行っております。

当社の魅力はここ!!

企業理念

タネから生まれる「価値」を、世界中の人々に届けたい。

「現在あるものよりもさらに作りやすくおいしい野菜や、美しい花を創造し、人を喜ばせ、世界の平和に貢献すること」は、創業者・坂田武雄が考える当社の大きな使命。1913年に坂田農園として創業以来、「品質」「誠実」「奉仕」をモットーとして事業に取り組んできました。それは、品質第一主義で、誠心誠意相手のためを考えて行動し、その結果として信用されるようになること。そして、仕事を通じて世の中(社会)に貢献することを意味します。美しく気品のある花も、おいしくて栄養価の高い野菜も、すべてはタネから生まれます。世界中でただ一つ、当社にしかないタネを通して、地球規模での豊かな暮らしづくりに貢献していきます。

事業・商品の特徴

国内だけでなく、海外でも信頼を集める「SAKATA」ブランド。

全国の生産者と園芸愛好家にタネや苗を販売している当社。多くの方に当社の花や野菜をご提供しています。さらに当社は、他に先駆けて海外市場にタネの輸出をおこない、現在タネを供給している国は170カ国以上。特にブロッコリーやパンジーのシェアは業界トップクラスを誇り、代表的な種苗会社に数えられるまでに成長しました。現在では、植物を研究してきた経験を活かし、花と緑豊かな環境をつくる「造園緑花」、労力を軽減して栽培できる「セルトップ苗」など、新分野も開拓中です。海外19カ国で研究、生産、営業の各拠点を連動させたグローバルネットワークを構築し、各地域に根付いた積極的な事業展開をしています。

技術力・開発力

サカタが世界に誇るのは、植物を進化させるテクノロジー。

遺伝的に純粋なタネ同士をかけ合せると、両方の優れた部分を持つタネが誕生します。この交配した雑種第1世代を“F1”品種と呼び、生産しやすく、病気に強い、より「価値のあるタネ」へと進化するのです。1930年の茅ヶ崎試験場開設以来、多くの新品種を開発してきた当社。その中でも、社会の多様なニーズに応える“F1”品種の開発は、最も重要な事業です。1986年には育種工学研究施設を設置。それまで困難だった開発期間の短縮を実現し、優れた品種をより早く提供できるようになりました。また、自然界ではなし得ない組み合わせの種間交雑種の作出も可能にしたのです。より価値ある品種を社会に。これからもサカタの挑戦は続きます。

会社データ

事業内容 ■野菜種子、花種子、牧草・芝種子、球根、花苗、花木苗、庭園樹、果苗、洋蘭、観葉植物、農園芸資材、農薬、肥料、園芸図書等の卸・小売業(輸出入を含む)

■育種、研究、委託採種技術指導
設立 1942年12月(創業1913年7月)
資本金 135億円
従業員数 693名(単独) 2,364名(連結)
売上高 (2018年5月期単独ベース)
売上高 355億7,400万円
(2018年5月期連結ベース)
売上高 624億1,200万円

代表者 代表取締役社長 坂田 宏
事業所 本社/神奈川
事業所/北海道、宮城、栃木、千葉、長野、静岡、愛知、大阪、福岡
海外/アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、イギリス、フランス、オランダ、スペイン、デンマーク、ポーランド、韓国、中国、タイ、インド、南アフリカなど
平均年齢/平均勤続年数 平均 37.6歳 / 13.9年
2018年5月末現在
英文社名 SAKATA SEED CORPORATION
上場 東証第1部
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)