株式会社 極洋
キョクヨー
2021

株式会社 極洋

食料品/商社(食品・水産)/総合食品会社/メーカー
  • 株式公開
業種
食品
商社(食料品)/水産
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

極洋は水産物を中心に扱う総合食品会社です。
水産商事事業、冷凍食品事業、常温食品事業、物流サービス事業、鰹鮪事業の
5つの事業を展開しております。

当社の魅力はここ!!

企業理念

極洋の企業理念 『人間尊重』

私たち極洋は「人間尊重を経営の基本に、健康で心豊かな生活と食文化に貢献し社会とともに成長することを目指します」という企業理念のもと、生活に欠かせない「食」という分野を通し、お客さまに豊かな食卓を提供できるよう日々努めています。昭和12年に捕鯨から始まった極洋は良質な水産物を見極める「確かな目」を持っています。確かな目と豊かな経験を活かし、現在は水産商事事業・冷凍食品事業・常温食品事業・物流サービス事業・鰹鮪事業を中心とした事業を展開しています。また近年はシーフードだけでなく肉製品、デザートなど様々なニーズに合わせ、世界中のお客さまに「極洋のおいしさ」と「安心」を提供しています。

魅力的な人材

社員の「個」を伸ばす人材育成

極洋の人材育成の特徴は、個々の自己啓発を優先するスタイル。また企業理念でもある「人間尊重」をベースに、伸び伸びと企業人として育っていけるような育成システムを組んでいます。例えば研修では新入社員対象の工場研修・営業研修など、若手社員(入社1~3年目)対象のフォローアップ研修、中堅社員以上の階層別研修などを実施しています。また、グローバル人材育成の観点から、当社の業容の国際化に対応できる人材を育成するために、海外研修の制度も設けております。これらは言い換えれば自分自身で切磋琢磨しなければならないということ。積極的に行動する人には、限りないチャンスが与えられるのも極洋の特徴です。

会社データ

企業理念 =======================◆◇◆◇

人間尊重を経営の基本に、健康で心豊かな生活と食文化に

貢献し社会とともに成長することを目指します。

◇◆◇◆=======================
事業内容 ●水産商事事業 / 世界各国からの農水産物の輸出入・国内商事、三国間貿易

世界各国から良質な農水産物を買付け、輸入しています。
また買い付けてきた水産物を、国内外の工場にて様々な形に加工し、日本国内だけでなく海外へ製品として販売しており、魚食のグローバル化にも対応しています。


●冷凍食品事業 / 農水産物の冷凍加工品の製造、販売

世界の海から調達される魚介類をはじめ、畜肉類や野菜などの様々な食材を寿司ネタ、フライ、カツなどに加工し、居酒屋、量販店、コンビニエンスストア、学校給食などに販売しています。


●常温食品事業  / 農水産物の常温加工品の製造、販売

さけ・ツナ・ほたてなどの魚介缶詰や、コーンなどの野菜缶詰、「DHA]、「グルコサミン」といった健康食品も取り扱っています。


●物流サービス事業 / 食品の鮮度の管理および配送


●鰹・鮪事業 / カツオ・マグロの漁獲および養殖、加工、販売
設立 1937年
資本金 56億6,400万円
株式 東証1部上場
従業員数  664名(単体・2019年3月期)
2,264名(連結・2019年3月期)
平均年齢 39.6歳
売上高 2,561億5,100万円(連結・2019年3月期)
経常利益 44億3400万円(連結・2019年3月期)
代表者 代表取締役会長     今井 賢司
代表取締役社長    井上 誠
事業所 ●本社
東京(港区)
●支社
北海道(札幌市)、宮城(仙台市)、東京(港区)、愛知(名古屋市)、大阪(大阪市)、広島(広島市)、福岡(福岡市)
●営業所
青森(青森市)、石川(金沢市)、愛媛(松山市)、鹿児島(鹿児島市) など
●研究所
宮城(塩釜市)
●工場他
北海道(小樽市)、青森(八戸市)、宮城(塩釜市)、茨城(ひたちなか市、神栖町)、東京(江戸川区)、静岡(焼津市)、愛媛(北宇和郡、南宇和郡)、高知(宿毛市)、鹿児島(指宿市) など
●海外
オランダ(アムステルダム)、アメリカ(シアトル、ロサンゼルス、ニューヨーク)、インドネシア(スラバヤ)、中国(青島)、タイ(バンコク)、ベトナム(ホーチミン) など
会社動向 【2015年】
●連結子会社であるKYOKUYO AMERICA CORPORATIONがロサンゼルス市
  近郊に営業所を開設
●かつおまぐろその他水産物および農畜産物の加工および販売を行う
  指宿食品(株)を設立
●冷凍食品の基幹工場となる極洋食品(株)塩釜新工場が完成

【2016年】
●静岡県に冷凍ネギトロ専用加工工場として「極洋水産(株)惣右衛門工場」設立

【2017年】
●生食用を中心とする極洋製品の全米での販売拡大を目的に、
  KYOKUYO AMERICA CORPORATIONのニューヨーク営業所を開設
  日本カヌー連盟のオフィシャルパートナーとして協賛
  完全養殖本マグロ「本鮪の極 つなぐ<TUNAGU>」出荷開始

【2018年】
●生産工程の”見える化”に向けAIを活用した実証実験を実施
  企業CMのテレビ放映を開始

【2019年】
●煮魚・焼魚等の製造を目的とし、タイに新会社を設立
  水産物の養殖事業を行う株式会社クロシオ水産に資本参加
環境方針 極洋グループは、食品メーカーとして水産物資源などの有効活用と、
安全で安心な食品の提供を心がけるとともに、常に地球環境への影響に配慮した
事業活動を推進し資源循環型社会の実現に努めています。

<省エネルギー> <省資源> <リサイクル> <汚染の予防> <社会貢献>

これらのカテゴリーに分け、事業活動を推進しています。

====================================

詳細はこちらでご紹介しています↓
http://www.kyokuyo.co.jp/environment/index.html

====================================
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)