株式会社東洋信号通信社
トウヨウシンゴウツウシンシャ
2021

株式会社東洋信号通信社

船舶動静情報提供サービス
業種
コンサルタント・専門コンサルタント
その他サービス/海運/情報処理
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

貿易量の99%を海上輸送で賄う我が国にとって、船舶の安全、港湾・物流の効率化には船舶情報が欠かせません。当社は官公庁や各種民間企業と業務契約を結び、様々な船舶情報をご提供しています。また、例えば地方自治体からは、無線通信を用いたポートラジオ業務など、港湾管理業務の一部もお任せいただいています。1隻の船や荷物が関係する経済活動は多方面に及びますので、私たちの事業は様々な局面で存在感を発揮し続けます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

「海運国」日本の貿易を支える海上物流のトータルサポートを担う

当社は全国23か所の主要港湾において、海上物流のトータルサポートを担うべく長年蓄積してきた船舶の動静情報を駆使した日本有数の運航支援サービスを提供しています。船舶の動静情報とは、石油タンカーやコンテナ貨物船等の名前や行き先をはじめ、船の現在位置、スケジュール、港への到着予定時間といった船舶の基本的な情報のこと。それをリアルタイムに把握し、官庁や企業のお客さまに提供しています。運航支援では「ポートラジオ」と呼ばれる海岸局の運営を受託。港へ入出港する船舶に対し安全に入出港ができるようサポートします。いずれも海運国日本の貿易を支える重要な事業であり、災害対策としても期待の高まる公共性の高い事業です。

戦略・ビジョン

港に関するあらゆる情報を一本化してビジネス拡大を目指す

全国の事業所から日々集まってくる膨大なデータは他のどこにもない希少な情報です。それらを目的別に紐づけ、分析することで付加価値を高め、クライアントが求める形での情報を提供することで当社独自のサービスを展開しています。現在、国内の主要港においては必要な情報をほぼ網羅できる仕組みを構築しており、他の港についても同様の仕組みづくりを推進中です。海上輸送をはじめ港湾運用、海上安全、港湾設計・工事等に携わる官庁や企業に幅広くご利用いただいており、近年は入出港時に操船援助を行うタグボートの配船業務や海上工事に関する情報提供業務などの受託も増加。港に関するあらゆる情報を一本化してビジネス拡大を進めます。

事業優位性

受託事業による盤石な経営基盤と80年超の歴史とノウハウ

日本に初めて港の情報を提供できる無線局「ポートラジオ」が誕生したのは1964年の東京湾でした。東京都よりポートラジオの運営業務の依頼を受けた当社は、これを皮切りに港湾管理関連事業を拡大。東京・横浜・川崎・大阪・博多などの主要港を含めて、現在33か所あるポートラジオの内27か所で運営を任されています。当社は、1919年設立の横浜の万国信号所と1913年設立の神戸船舶通知社の合併によって1932年に誕生、80年超の歴史と豊富なノウハウ・データを持つ船舶情報の老舗企業です。その事業は、港を管理する地方自治体(港湾管理者)からの受託事業であり、盤石な経営基盤となっています。

会社データ

事業内容 船舶・港湾情報サービス
設立 1932年7月1日
資本金 5000万円
従業員数 302名
売上高 29億円
代表者 代表取締役 小島 信吾
事業所 【本社】
神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭22番横浜港流通センター8階1812室

【事業所】
東京港(東京都)、千葉港・木更津港(千葉県)、川崎港・横浜港・鳥ヶ崎・横須賀港(神奈川県)、鹿島港(茨城県)、清水港・田子の浦港(静岡県)、三河港・名古屋港(愛知県)、四日市港(三重県)、大阪港(大阪府)、和歌山港(和歌山県)、神戸港(兵庫県)、水島港(岡山県)、坂出港(香川県)、広島港(広島県)、門司港・博多港(福岡県)、大分港(大分県)、松浦港(長崎県)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)