株式会社飯島精機
イイジマセイキ
2021

株式会社飯島精機

精密プレス加工/金型設計製作/製造
業種
金属製品
精密機器
本社
長野

私たちはこんな事業をしています

私たち飯島精機は、1961年に設立してから50年以上、産業機器や自動車のモーターやセンサーに欠かせない金属製の精密部品の製造を行ってきました。鉄、真鍮、銅、アルミなどさまざまな材質に対応し、金型の設計・製造からプレス加工まで行っています。また、試作品を作るための少量の部品にも対応し、お客様のご要望にきめ細やかに対応しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

あらゆる素材の塑性加工に挑戦

当社では「喜びの輪をつくろう」を企業理念として掲げ、お互いの幸福を追求し、楽しく働ける企業を目指しています。また、信頼され、地域社会とともに発展する、地域にとって「なくてはならない」存在でありたいと考えています。そのためにはお客様の成長と発展に役立ち、喜ばれるものづくりを行わなければなりません。あらゆる素材の塑性加工に挑戦する姿勢で高品質な製品をいち早くお客様のもとに届け、安心して使ってもらえるようなサービスの提供を目標とし、さらに技術力を向上させていきます。そのような日々の積み重ねにより、お客様と信頼関係がつながっていき、社会の発展に貢献したいと思います。

事業優位性

緻密な設計を得意とし、お客様の課題解決も可能な技術力が特徴

当社は金型設計から製造まで対応する精密部品メーカーです。あらゆる素材に対応し、誤差の少ない精密金型の設計や金型の製造を可能にする技術力が強み。この技術を活かすことによって、お客様が抱える問題の解決を目指しています。また、順送加工の高速化や単発金型の工程削減、加工精度の安定などといった未開発の技術にも焦点を合わせ、研究開発にもチャレンジ。そのほか、大学や開発企業には、これまで行ってきた新素材開発サポートの実績をベースに、最先端材料科学の研究や事業化のお手伝いも行っています。

仕事内容

ものづくりを支える金属加工を覚え、将来は技術者として活躍

入社後は金属部品のプレス加工や検査、測定などの業務からスタート。はじめはわからなくても先輩社員が一人ひとり丁寧に指導しますので、安心してください。専用のプレス機械を使った技術を徐々に覚え、精度の高い製品の製造を目指します。また、慣れてきたら、プレス金型を製作する仕事も覚えていただきます。プレス加工をするときに使用される金属製の「型」をつくる仕事です。製品の良しあしはこの金型の精度によって左右されるほど。CADによる図面作成やNCプログラムの作成、切削加工、放電加工、研磨盤で研削加工を行う緻密な作業です。どちらも日本のものづくりを支える大切な仕事です。

会社データ

事業内容 ●精密プレス加工
●金型設計製作
●各種試作
設立 1961年10月10日
資本金 2000万円
従業員数 34名(2018年12月時点)
売上高 4億5,000万円(2018年度)
代表者 代表取締役社長  松村 武士
事業所 長野県上伊那郡飯島町田切1-5
沿革 1961年10月 株式会社飯島精機 設立
ホームページ http://iijimaseiki.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)