東京医療生活協同組合
トウキョウイリョウ
2021

東京医療生活協同組合

新渡戸記念中野総合病院
業種
医療関連・医療機関
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私たち東京医療生活協同組合は東京都中野区にて、日本で最初の組合病院「新渡戸記念中野総合病院」の運営をおこなっています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

新渡戸稲造博士の精神を基に生まれた、日本で最初の組合病院です

新渡戸記念中野総合病院は、故新渡戸稲造博士・故賀川豊彦氏らの尽力により、1932年に「東京医療利用組合」として創立された、日本で最初の組合病院です。礎となっているのは「十分かつ高度な医療をすべての人々が安心して受けられる医療機関」という創立の精神。築き上げてきた独自の医療制度は、日本における市民健康保険組合の先駆けであるとともに、現在の日本の健康保険制度の基にもなっています。誕生より80有余年の月日を経た2015年には、当組合総代会において、老朽化した当院を建て替え、新病院を建設することが決定。原点に立ち返り、新渡戸稲造博士の精神を基にしたより高度な医療の実現を目指して、今新たな歴史を刻み始めています。

企業理念

誠意と思いやりの心をもって、医療のあるべき姿を追求しています

当組合の理念は、「新渡戸稲造博士の精神(誠意と思いやりの心)を基にした医療を誠実に実践し、疾病を抱えた人を真心で支援する」こと。新渡戸博士は世界的名著である「武士道」を著し、また旧制一高校長・東京女子大学初代学長・国際連盟事務次長等を歴任し、教育者として、平和を求め続ける国際人として、常に「無私」の姿勢を貫いて誠実に生きた偉人です。「相手を思いやる心」「弱者に対する慈愛の心」を抱きながら生涯を駆け抜けました。病院名に冠した初代組合長・新渡戸稲造博士の名は、私たちの誇りであり、責任でもあります。その名に恥じぬよう、全職員の知恵と力を結集して、日々技術の研鑽とサービス品質の向上に努めています。

会社データ

事業内容 新渡戸記念中野総合病院の運営
設立 1932年
資本金 4800万
従業員数 526名(2018年4月1日現在)
売上高 67億1,200万円
代表者 理事長/病院長 入江 徹也
事業所 【新渡戸記念中野総合病院】
東京都中野区中央4丁目59番16号

【中野クリニック】
東京都中野区中野2丁目21番17号 東京医療別館内

【新渡戸記念 訪問看護ステーション】
東京都中野区中野2丁目21番17号 東京医療別館3階

【新渡戸記念中野総合病院 居宅介護支援事業所】
東京都中野区中野2丁目21番17号 東京医療別館3階
沿革 1932年 「東京医療利用組合」創立 新宿に診療所を設ける
1933年 中野に移転し、「中野組合病院」を落成
1950年 生協法の制定に従い、「東京医療生活協同組合」に組織変更
1965年 「中野組合病院」全館新築落成
1966年 総合病院として承認される
1969年 「中野総合病院」に名称変更
1981年 「中野クリニック」を併設
1996年 「新渡戸記念 訪問看護ステーション」を併設
1997年 東京都災害拠点病院に指定される/臨床研修病院に指定される
2000年 「東京医療別館」を落成/「新渡戸記念中野総合病院 居宅介護支援事業所(旧中野総合病院指定居宅介護支援事業所)」を併設
2007年 中野総合病院が療養病棟を併設して、ケアミックス型病院に変更する
2012年 創立80周年
2015年 「新渡戸記念中野総合病院」に名称変更/保育室「きっずはうすMOMO」を併設
2016年 療養病棟を廃止し、全て一般病棟となる
2017年 「2号館」を落成する/新渡戸記念中野総合病院の一般病棟入院基本料が7:1となる
ホームページ http://www.nakanosogo.or.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)