ひたちなか海浜鉄道株式会社
ヒタチナカカイヒンテツドウ
2021
業種
鉄道
その他サービス
本社
茨城

私たちはこんな事業をしています

======= ひたちなか市をぐるりと網羅!「ひたちなか海浜鉄道湊線」の運営 =======
当社は勝田駅から阿字ヶ浦駅まで計10駅14.3kmの「ひたちなか海浜鉄道湊線」を運行している会社です。

地域の方、観光客の足となる。
これももちろん私たちの使命ですが、それだけではありません。

私たちが目指すのは【地方鉄道を活用した街づくり】。
鉄道の発展が地域の活性化に繋がると信じ、走り続けます!

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

廃線の危機を救った地域の声!観光にも活かせる『ローカル線』へ

HITACHIの企業城下町「勝田」を始点に田園と史跡の秘境「中根」を通り、観光客も多い「那珂湊」まで南下したら海沿いを北上…終点は“東洋のナポリ”「阿字ヶ浦」。「車がないと生きていけない!」と言われるひたちなか市をぐるりと網羅する通称「湊線」です。実はこの路線、10年前まで廃線の危機にさらされていました。しかし、それを救ったのは「なくなっては困る!」という地域の方の声。観光地も多いひたちなか市ですが、観光利用より多いのが生活の足としての利用。定期券販売は利益の5割を占めるほどです。このように地域に必要とされる『街のローカル線』を観光にも絡めて活用していけないか。社員一丸となって取り組んでいます!

社風・風土

震災にも負けない!地域と共に走る『復興への道』

分社化当初、利用者は年間70万人。このままではいけないと、定期券の値引きやダイヤ改正、HPでの観光コースの紹介や鉄道ファンにはたまらない車両情報の公開、写真ギャラリーの整備などに着手。2011年には黒字化目前まで回復!…そんな中起きたのが東日本大震災でした。湊線も運行停止となりましたが、多くの支援により4ヶ月後には全線復旧!このことはテレビや新聞にも取り上げられ【復興の象徴】として注目。また、2014年10月には市民の要望を応えるかたちで「高田の鉄橋駅」が開業。鉄道全体の利用者も2017年度には100万人を突破。初めて単年度黒字を達成しました。復興して元気を取り戻していく街と共に、当社も元気になっているのです。

戦略・ビジョン

『鉄道と地域の活性化』に向けて、列車は進み続けます!

地方鉄道と沿線地域の活性化は一心同体。これは当社が経験をもとに導き出した考え方です。そのため、私たちは【鉄道×街】の発想で地元企業とのコラボやキャラクターのラッピング列車など、様々な挑戦をしてきました。そのひとつの結果と言えるのが開業11周年記念イベント!“鉄道だけではなく沿線地域もいっしょに盛り上がる”ことを目標に、街とのコラボに挑戦。1日フリー乗車券の売上は1000枚を超え、商店街や、観光地は人の流れが絶えることがありませんでした。正直、予想以上の成果です!「私たちの仕事、そして鉄道が地域の元気に繋がる…。」そんなやりがいある仕事をしていきませんか?

会社データ

事業内容 ■旅客鉄道事業
設立 2008年4月1日
資本金 1億7800万円

※「ひたちなか海浜鉄道株式会社」は、茨城交通株式会社から湊線を引き継ぎ、
 ひたちなか市を茨城交通株式会社が合同出資して運営している
 第三セクター方式の会社です。
従業員数 31名
売上高 2億5317万円(2017年度実績)
代表者 代表取締役 吉田千秋

★当社HPにて、ブログ『ひたちなか海浜鉄道日誌』を掲載中!
 当社で取り組んでいるイベントのこと、地域への想いなど盛り沢山な内容となっています!
事業所 【本社】
 茨城県ひたちなか市

【路線駅】
■勝田駅 … ひたちなか海浜鉄道の起点駅!毎年多くの参加者でにぎわう
|         「勝田全国マラソン」が行われることでも有名です。

■日工前駅 … 元々は日立工機の専用駅でした。「幽霊駅」と呼ばれた時代もありましたが、
|          現在は全列車が停車する生活に欠かせない駅となっています。

■金上駅 … 「金上(金運を上げる)」という名前から、金運が上がる駅として有名です。
|        勝田駅~金上駅の切符は「縁起きっぷ」として金運UPのお守りに☆

■中根駅 … 周囲はのどかな田園風景。
|        貝塚や古墳などの史跡も多い、秘境駅です。

■高田の鉄橋駅 … 2014年10月に誕生した新駅。地域の方の声によって生まれた
|             生活になくてはならない駅なんです。

■那珂湊駅 … 江戸時代から舟運で栄えた那珂湊。現在でも新鮮な魚介を求めてやってくる
|          観光客が多く、駅でも毎月第一日曜日には朝市を開催しています。

■殿山駅 … 海沿いにある駅です。周辺には全国でも珍しい
|         潮の干満を利用した「姥の懐マリンプール」があります。

■平磯駅 … クジラの大ちゃんが浮かぶ「平磯海水浴場」近くの平磯駅は、
|         2011年にバリアフリーの新しい駅舎となりました。

■磯崎駅 … 茨城県の名産品「干し芋」。中でもひたちなか市はその中心的な産地です。
|         駅周辺はさつま芋畑が広がり、冬場は民家で干し芋を干す姿が見られます。

■阿字ヶ浦駅 … かつて「東洋のナポリ」と称された阿字ヶ浦。
             夏場は県内外からの海水浴客で賑わいます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)